TOP > フォトショップの使い方講座

Photoshopを使って簡単に"より自然な"ナチュラルHDR画像を作成できるダブルマスキング法 

HDRI画像を作る方法は沢山ありますがフォトショップで手軽で簡単に自然なハイダイナミックレンジ写真を作る方法をご紹介します。
より自然とは言ってもHDR画像自体が自然な訳ではありませんから、それをいかに自然に見せつつハイダイナミックレンジにするかという話です。ただここではあまりに自然にマスクを作ってしまうと分かりにくいですから多少キツめにマスクを作成しています。

私が今まで行っていた方法の一部をYouTubeで丁寧に解説してくれている動画もありましたので、そちらも合わせてリンクしておきます。ただ英語なので若干分かりにくいかなぁ~と。
How to Use Double Masking for Natural HDR Blending in Photoshop


なのでここで簡単に解説してみます。


かなり前にもUPした外苑イチョウ並木の写真ですが、これも同様の方法を基本に作成しています。



外苑の写真をHDRレタッチする前に以下の簡単な写真を例に基本動作をご紹介します。

この写真は宮古島の砂浜をRAWで撮影してアンダーに仕上げたものと暗部を持ち上げたものと2枚現像しています。
つまり元は1枚の写真です。

A.ハイライト部分を残すように暗めに仕上げた1枚目

B.ハイライトは飛ばしてシャドー部を明るくして現像した2枚目


C.フォトショップで2枚目の写真の上に1枚めの写真を乗っけて1つの画像にします。


D.上に乗せたレイヤー1の画像のチャンネルを開きブルーチャンネルを選択。このチャンネルをマスクとして使用するためです。
チャンネルを選択範囲として使用するには以下のようにします。
Windows:Ctrlキーを押しながらブルーチャンネルをクリック
Mac :commandキーを押しながらブルーチャンネルをクリック



E.レイヤー表示に戻りフォルダを作成します。そしてそのフォルダに対して先ほどのブルーチャンネルをマスクとして使用します。で、このフォルダ内にハイライト部分を活かしてあるレイヤー1の画像を入れると以下のように簡単にHDR画像ができあがります。

これが基本の基になります。
ここまでで分からない方は当ブログの訪問者にはいないかと思いますが・・・。もしも分からない人が多ければ解説を後で足します。ご連絡下さい。


さて、ブルーチャンネルのマスクでは完全でない場合には以下につづきます。




Photoshopのブラシやマスクの練習に最適なモノクロ写真の人工着色テクニック

モノクロ写真をフォトショップを使って人工着色したことってありますか?
実は非常に簡単で面白く、またPhotoshopを使う上で色々と勉強になるトレーニングだったりします。

人工着色ではブラシやレイヤー、描画それに選択範囲の作成など色々なテクニックを使うことになります。ですのでそれらを実際に使うことによって手軽にPhotoshopの基本が学べる遊びだと思います。

白黒写真から実際の色はどうだったんだろう~と想像する楽しさがありますからね。
そして選択範囲やブラシの使い方も結構適当でもそれなりに見えてくれます。

下の人工着色写真も実はメチャクチャ適当にブラシで着色してます^^;



上のアインシュタインの写真ではアインシュタインが来ているセーターを比較的カジュアルっぽい緑にしてみました^^;
実際には何色だったのでしょうね~。実は結構オシャレな方だったりして・・・。



下の写真は髪の毛を少し染めてみました。人工着書なのですから想像で色を載せていけば良いわけです。何も白髪をそのままにしておく必要はありません笑

意外と似合っている気がします。



有名なベロを出した写真は、舌の部分を血色良い感じに着色。背景は着色しなくても顔とベロの部分を着色するだけでもカラー写真風に様変わりしますね。



では、上の3枚の写真の人工着色がどれほど適当に(いい加減に)塗っていたかというと・・・。実際に見てみましょう。




こんな時は?「要求された操作を完了できません。レイヤーがロックされています。」

フォトショップを使い始めたばかりの時には色々と悩むことがあると思います。

その一つがこれ。
何もしていないのに画像を移動させようとすると以下の様な文字が・・・。

「要求された操作を完了できません。レイヤーがロックされています。」




これは文字通りレイヤーにロックがかけられている状態ですが、ロックなんてした覚えがなくても出ますよね?

比較的多い質問が
・画像を開いて写真を移動ツールで移動させようとしたらロックがかかっていてて動かせない。

これはレイヤーが「背景レイヤー」になっていることが原因です。

背景レイヤーの場合は自動的にロックがかかっているので、背景レイヤーから通常の「レイヤー」に変更する必要があります。


この背景レイヤーのロック解除の方法は2つあって、




【ブラシ配布】フォトショップで簡単に点線を引く方法! 「ブラシを定義」が肝

今回はフォトショップでは苦手な作業と思われている「点線」を引く簡単な方法を書いてみようと思います。
ブラシの定義を使って簡単に点線が書けることを知るとブラシの定義の応用が効くようになるので、一度簡単な点線を作る作業から慣れてみるのもオススメです。

点線は使わないけど、ブラシの定義は使ってみたい!と思っている方も是非チャレンジしてみてください。


「ブラシを定義」はとても簡単

Photoshopを開いたら
「ファイル」→「新規」を選択します。


ショットカットを使う場合は「Ctrl+N」

新規作成画面になったら
プリセットのプルダウンを開いて
「カスタム」を選びます。

カスタムプリセットの画面が出てきますので
幅/高さの単位を「pixel」にします。

次に幅と高さの数値を入力しますが
横線の場合には横長のラインになりますので
幅を多めに高さを少なめに入力します。

ここでは
幅「5」
高さ「1」

上記のように入力しました。
もしも、もっと長細いラインを作りたい場合は幅を10とかにすればOKです。

その場合でも高さは1のままでOK。

新規ドキュメントが作成されました。

とても小さいのでこのままでは使いにくいので拡大しましょう。


続きは以下からどうぞ。




たまにはPhotoshopを使ったレタッチ(画像処理)工程を公開してみます!

たまには画像処理について書いてみようと思います。最近全然レタッチのこと書いてなかったですし。
フツーの写真でもトリミングやレタッチするとある程度見れるようにはなりますよ~という実例。

もともと素晴しい写真の場合にはトリミングも不要ですしレタッチも不要です。
これは私の写真が不出来な為にレタッチして誤魔化したという恥さらしな記事でもあります^_^;

では早速。


レタッチ後の写真


レタッチ前の写真


レタッチ前の写真は何ともびみょ~な写真ですが、レタッチ後の写真はある程度はOK?

まあ、OKじゃなくてもOKということにしておいて下さい(笑)先が続きませんから。
この写真の変化を解説してみよと思います。どんな感じでPhotoshopで画像処理したのか。

恥の上塗りかも知れませんが勇気を持って公開してみようと思います。
個人的には別に特別なことはしていないつもりですが、どなたかの為になればと思います。




Photoshopを使った手軽な簡単HDR合成の方法 適当なマスキングでOK!




写真は千葉県鴨川市にある棚田
大山千枚田です。

3枚の写真を合成した俗に言うHDRI写真。


HDRIはハイダイナミックレンジ合成の略称です。最近はカメラ内で自動でHDRI画像を生成してくれるコンパクトデジカメも多くなりました。ニコンのフラッグシップ機であるD4にもHDRI機能が付いていたりします。

HDRIを簡単に説明すると複数の露出で撮影した写真の適正露出部分を組み合わせたもの。


つまりワンショットだとハイライト部分が白トビしてしまう場合などに便利なんです。
上の写真は棚田部分に露出を合わせると空の部分が白く飛んでしまします。
反対に空の部分に露出を合わせると、棚田部分がアンダーになりすぎてしまいます。


ではその真ん中の露出にあわせれば良いじゃん!と思うかもしれませんが、そうするとカメラのダイナミックレンジ幅を超えてしまうために、空のハイライト部分と棚田のアンダー部分の両方を包含することは出来ません。


そのために露出の違う複数枚の写真を撮影したものを合成するというテクニックが出てきます。
上の写真は露出値の違う3枚の写真を合成したもの。


HDRI合成というと専用のソフトが必要なんじゃない?なんて思う方もいるかも知れませんが、3枚程度の合成であればフォトショップで手作業で行った方が自分の好きなように合成できますし古いバージョンのフォトショップでも問題なく作れます。

とても簡単ですから一度チャレンジしてみてくださいね。
方法は色々あると思いますが、私が簡単だなぁ~と思った方法を書いておきます。


カメラの標準機能で付いていることも多いのでワザワザ解説する必要も無いような気がしますが・・・(~_~;)


方法は以下。




フォトショップの加工で普通の写真も「ゆるカワ」写真になるか実験

先日アップした「ゆるカワ写真に挑戦してみよう」という記事での反響が多数あったので、実験してみます。
「ゆるカワ」写真の定義がそもそも無いので難しいところですが・・・^^;

ゆるくてカワイイ写真に見えるのか?という広義的な感じでチャレンジしてみようと思います。

使ったソフトはもちろんPhotoshop。
コマンドとしては下のキャプチャー画面の通りです。
とても簡易的なレタッチですのであくまで一例としてお読み頂ければと思います。

一応文字で書き起こしておくと以下の6種類の色調補正を使用

・トーンカーブ
・特定色域の選択
・レンズフィルタ
・色相彩度
・レベル補正
・明るさコントラスト

この補正を使って修正した写真が以下。

補正前

補正後


どうでしょう?
ゆるカワとして認められるレベルでしょうか^^;
どんな写真も!という訳にはいかなそうですが、何となくゆるくてカワイイ写真になるような・・・。

もしも認めてくださる方がいらっしゃれば、どのような処理をしたのか具体的な方法を以下からどうぞ。




レイヤーの描画モード・比較(明)/カラー比較(明)で遊んでみる。

前回に引き続き、レイヤーの描画モードについて書こうと思います。
前回は乗算でしたが、今回は「比較(明)」にしました。

下の画像は2枚の写真を「比較(明)」を使って合成したものです。
これも手間をかけずに1分以内に完成してしまいます。



使った2枚の写真は以下のもの。これを上の写真のように、昔に印刷された紙が歴史を経て古くなったように合成させるとしたら比較(明)が一番簡単な方法になります。

こちらが背景画像。



そしてこちらが、上に乗せたレイヤー画像です。



前回の写真は背景が「白」でした。そして今回は背景が「黒」の写真を使います。
背景が白の画像の場合は乗算を使いました。
では、同じように乗算を使うとどうなるでしょうか?

結果は、




レイヤーの描画モード・乗算で遊んでみる。

今回はレイヤーの描画モードについて簡単に触れてみようと思います。

フォトショップを使うにあたってレイヤーの描画モードは知っていて損はありません。というか知らないと損です(笑)

少しずつ疲れないように解説して行こうと思いますので、ご存知ない方はどうぞお付き合いください。
今回は「乗算」について。

画像処理(レタッチ)をするにしても「乗算」や「スクリーン」は基礎中の基礎とも言える基本部分です。
さて、乗算のモードを使うと2枚の写真をアッ!っという間に下のように合成することが可能です。時間にして1分もかかりません。



では、分かりやすい画像を使って簡単に乗算モードで遊んでみます。
上の画像の作り方です。

まずは、




簡単に水滴を作ってみよう!

凄い久々の「フォトショップの使い方講座」です。

結構ブログ用に書くのが面倒で作ってなかったのですが、たまたま時間が出来たので簡単にだれでも水滴が作れるようにレイヤースタイルを作成しました。最後にダウンロード出来るようにしておきましたので、気になる方は使ってみてくださいね。

さて、今回は水滴の作成というタイトルにしましたが、先日UPした花の写真に水滴をつけてみました。

下の写真に付いている水滴が今回作成したものです。



こんな感じの水滴であればレイヤースタイルを使えば瞬時に出来てしまいます。
レイヤースタイルの作り方は下の方で詳しく解説しますが、初心者の方でも作れるようにレイヤースタイルをダウンロード出来るようにしておきましたので、読み込んでしまえば超簡単。

まず、下の動画を見て頂ければどれほど簡単に作成できるか良く分かると思います。




凄く簡単なのが分かると思います。

まず新規レイヤーを作成し、ツールボックスの中から楕円形選択ツールを使って、円を作ったらグラデーションツールで円の中をグラデーションにします。

そして、水滴用のレイヤースタイルをクリックしたらほぼ完成!場合によっては光などを描き入れたら良いかと思います。


初心者の方は下にあるダウンロードからレイヤースタイルを落として読み込んで使っていただければと思うのですが、この水滴のレイヤースタイルはどうやって作るの?という方の為に解説を・・・。




| ホームへ | 次ページ