TOP > パソコン全般

ここまで進んだGoogleドキュメントの自動音声入力!もうテープ起こしは無料アプリでOK!?





新規のGoogleドキュメントを開き以下の通り行うだけで自動テープ起こしが可能です。
ステップ 1: マイクをオンにする
ステップ 2: 音声入力を使用する

詳しい設定などは最後にご紹介しますので、まずはGoogleの自動文字入力の凄さを見て下さい。
日本語と英語の両方でテストを行いましたが、とりあえず得意であろう英語の自動音声入力の精度をチェックしてみようと思います。

テストデータとして使用したのはアメリカ大統領の就任演説!
先日ドナルド・トランプが行った演説がYouTubeにアップされていました。
このトランプ大統領~就任演説【全文】を試しに自動音声入力させてみます。
全部で約17分。全文の文字起こしにかかった時間はリアルタイムに同時入力してくれるので、もちろん17分です。


上のYouTube動画をGoogleドキュメンを使って自動入力した音声入力全文です。(リンク)
全てをブログにUPするとさすがに長いので全文は上のリンクから御覧ください。
17分もあるので途中でフリーズするかと思いきや17分間ず~~っと自動音声入力がONになっていたのには驚きました。

一部分をブログにUPします。冒頭部分と最後のクライマックス部分です。

冒頭部分
Chief justice Roberts President Carter President Clinton President Bush President Obama fellow Americans and people of the world thank you we the citizens of America are now joined a great National effort to rebuild our country and restarts promise for all of our people together we will determine the course of America and the world for many many years to come we will face challenges we will confront hardships but we will get the job done every four years We Gather on these steps to carry out the orderly and peaceful transfer of power and we are grateful to President Obama and First Lady Michelle Obama for their gracious a throughout this transition they have been magnificent thank you today's ceremony Whoever has very special meaning because today we are not merely transferring power from one Administration to another or from one party to another but we are transferring power from Washington D C and giving it back to you the people

-------中略--------

最後のクライマックス部分
your voice your hopes and your dreams will Define our American Destiny and your courage and goodness and love will forever guide us along the way together we will make America strong again we will make America wealthy again we will make America proud again we will make America safe again and yes together we will make America great again thank you God bless you and God bless America thank you God bless America


ロイターが全文文字起こししてこちらのページで公開しているので比べて頂いても、YouTubeで聞きながら確認して頂いていても良いのですが、この認識機能凄すぎる!!!
ここまで正確に文字起こしするとは思いませんでした。そして17分という長時間でも問題なく動いていることにも感動。


さて、次に本命の日本語を試してみます。
日本語テストですが、日本語は英語よりは難しく基本的に英語よりは認識率は下がるので滑舌の良いアナウンサーの声をテストデータとして使いました。





パソコン全般 | 2017.01.26 [EDIT]

「プリントヘッドの種類が違います」とプリンターに表示された時の対処方法と修理実例(mg/mpシリーズ) メンテナンスモードに入ることが肝か!?

年賀状印刷等で最もプリンターが大活躍する今の時期、今まであまり使っていなかったプリンターに電源を入れて使おうとしたら突然エラー表示!!!
こんなパターンに困って訪れた方々も多いかと思います。

このページではキヤノンのプリンターで「プリントヘッドの種類が違います」というエラーメッセージが出た場合の対処方法をお伝えしようと思います。
(恐らくプリンターのモニタ画面にはU052やサポート番号1403などの番号が表示されているかと思います)


以下の方法は私が実際に試したものですが全てのパターンにおいて有効でない可能性もありますが、私の場合は一度は解決されましたので参考にして頂ければ幸いです。





パソコン全般 | 2016.12.09 [EDIT]

無料のOCR「Google Drive」が定評のある980円の文字認識アプリに勝利!


日々進化しているGoogle DriveのOCRが有料アプリOCRに勝利

GoogleドキュメントのOCRが以前よりも精度が上がっていたので再度ご紹介します。
精度の上がり方は想像していたよりも上で、以前スマフォのアプリとして最高精度だとしてご紹介した980円の有料アプリ「e.Typist」よりも高かったです。



スマフォで手軽にOCR化したい方は以下のエントリーをご参考にどうぞ!
有料/無料のスマートフォン用OCRアプリ比較


恐るべしGoogle。
以前ご紹介した時とOCRの方法が若干変化しているので改めて説明します。

まず今回テストで使用したのは青空文庫からお借りした随筆銭形平次の一部分。
テキストをWordに貼り付け印刷したものをiPhone6で撮影しGoogleドキュメントにて文字認識させました。

比較として使用した「e.Typist」での文字認識のソースデータも同じものを使用しています。



ふりがなは見事にスルー。惑わされること無く認識した!

使い方の前にとりあえずGoogleドキュメントのOCR精度を御覧ください。
通常のテキスト羅列と違うのはふりがながある点。このふりがなが以前のGoogleドキュメントのOCRは苦手でしたが見事に誤認識を回避しています。

※赤文字はご認識部分
-----------------------GoogleドキュメントOCR-----------------------------

隨筆形平次 

捕物小説は楽し 野村胡堂 +目次

捕物小説というものを、私は四百二三十篇は書いているだろう。その上、近ごろは毎月五六篇は書いているから、幸いに私の健康が続く限り、まだまだこの多量生産は止みそうもない。
私が「銭形平次捕物控」という捕物小説を書いたのは、昭和六年ごろで、「オール読物」の創刊と同時であった。最初は勾論六回と十二回でよす積もりであったが、調子に乗って十何年か書き続け(その間半歳だけ休んだが)戦争末期のオールの廃刊まで に、実に百五十五回と書き続けた。
その後オールの復活とともにまた書き続けているし「新報知」その他の新聞雑誌に書 いたのを加えると、銭形だけで、 さっと三百
三読源くらいにはなってリろう。
ほかに「池田大助捕物日記」が約八十篇、韓信丹次、平柄銀次、隼の吉三などの 捕物帳がそれぞれ五六篇ずつ、 総計四百
ニ手士の捕物小説を書いているだろうと思 う。 我ながらいささかれ返っているが、 先日大次郎氏に逢ってその話が出ると、大氏は「人間業じゃないね」と酢っばい顔をしていた。化物扱いされるようになれば、作 者もまことに本懐の至りだ。
将棋の木村名人は、十数年間、
を並べていた友人の一人だが、 あの人は第 級の探偵小説ファンで、「あんな計をどうして考えるのだ」と幾度も私に訳いた。 「詰将棋の題を考えるようなものさ」といつでも私の答はきまっていた。ある科学者が、 同じ問いを私に出したとき、私はこう答えた。「数学の問題を考えるようなものですよ。
エックスイコールゼロ
X = 0から逆に考えていくのだ」と。

私の先生は、生前一度もお目 に掛かったことのない岡本堂先生であったといって 宜い。私の「銭形平次捕物控」は、 「半七捕物リ S刺載されて書いたもので、 私は筆 が行き詰まると、今でも「半七捕物帳」を出して何処ともなく読んでいる。「半七捕物帳」 は探偵小説としては淡いものだが、江戸時代の情緒を描いていったあの背景は素晴らしく、芸術品としても、かなり高いものだと信じている。

-----------------------GoogleドキュメントOCR-----------------------------


精度100%では無いものの有料アプリと比較しても精度は高い!

誤認識を回避とは言っても完璧では無いですね。
でもこの精度凄いんです。だって私が試した数種類のOCRアプリの中で最も優秀だった980円の有料アプリよりも精度が高かったんです。

有料アプリの結果は以下。





パソコン全般 | 2016.10.15 [EDIT]

Chromeで出てくる2016年年次訪問者調査が怪しすぎる!これ絶対サギだろ。原因と対策は?

Googleのクロームをいつもどおり使っていたら見慣れないサイトが・・・。
2016年年次訪問者調査なるサイトです。

Chromeユーザーの皆様というタイトルで、あなたはラッキーな訪問者だとポップアップが上がりました。
ん~~~?こんなの見たこと無いなぁ~と思いながらもお世話になっているGoogleのお願いならばとOKを押して・・・。
と進もうと思ったんですが明らかに怪しい・・・。フィッシング詐欺っぽい。

ですが虎穴に入らずんば虎児を得ずという言葉もあるし興味本位でOKを押してみました。


すると・・・。





パソコン全般 | 2016.09.06 [EDIT]

フリーでデジカメのRAWデータも復旧可能なデータ復元ソフト「Data Recovery Wizard」 Mac版 Win版

デジタルカメラのメモリーカードをうっかりフォーマットしてしまった時などに便利なフリーソフトをご紹介してみようと思います。

SanDiskの少しお高いメモリーカードを購入した方などはカードを購入した時にSanDisk公式のデータ復旧ソフトRescuePROの1年間有効なアクティベーションコードが付いてきます。
メモリーカードを誤ってフォーマットしてしまった時などはそのアクティベーションコードを使ってデータ復旧するのが一番の早道かと思います。なんせSanDiskのお墨付きのソフトですから。

ただ全ての人がこのRescuePROを持っているわけではないですし、1度使ってしまうと1年間の期限がありますからず~~っと安心というわけでもありません。

という訳でフリーで使える復旧ソフトは一応持っておいたほうが安心です。フリーの復元ソフトは色々あってネットで検索すると出てくる出てくる。一体どれが一番使いやすくて優秀なのか・・・。すいません。私もRescuePROをメインで使っているので比較したことがありません。

ただ今回ご紹介したいのは有償ソフトのフリー版「Data Recovery Wizard Free 9.5」
これはフリーはフリーでも非常に定評のあるソフトでMacでもWinでもフリーで使える素晴らしいソフトです。

Data Recovery Wizard Free 9.5 (Win用)
Data Recovery Wizard for Mac Free 9.5(Mac用)


EaseUSはパソコンだけでなくiPhoneやiPadのデータを復元できるMobiSaver(モビセイバー)というソフトを出していることでも知られています。
ケータイWATCHのスタパ齋藤さんの「スタパブログ」でも紹介されているのでご存知の方も多いかも。
このMobiSaver(モビセイバー)もフリー版が用意されているので何かの時にお世話になるかもしれません。まあなりたくはありませんが・・・。
ちょっと便利な「EaseUS MobiSaver Free」 スタパ齋藤の「スタパブログ」

EaseUSのデータ復元関係ソフト一覧↓ 多様なソフトが並んでいます。



さて、話が長くなりそうなので本題に入りますが、「Data Recovery Wizard」は有償版とフリー版がありますが、フリー版でもしっかりデータ復旧が可能です。他の有名な復旧ソフトはフリー版の場合はスキャンだけなんてものもありますが・・・。

以下が有償ソフトとの違い。データ復旧できるデータ量に違いが出てきます。
とりあえず一度使ってみて使えると判断したら有償版購入というスマートな流れが出来そうです。



このソフトはVectorプロレジ大賞のバックアップ・復元 部門賞を受賞しているソフトで完全フリーのソフトとは違う安心感と期待感があります。私も実際に使用し使えるソフトだと思ったので少し長くなりますがご紹介していこうと思います。





パソコン全般 | 2015.10.29 [EDIT]

Googleフォトは "データが圧縮され劣化して使えない" は本当か? 実際に比較した結果が凄かった。

Googleフォト使ってますか?
もう既に発表から数日経過していますからアプリをダウンロードしてiPhoneなどのスマートフォン上の写真を全てGoogleフォトへアップロード済みなんて人もいるかと思います。

容量無制限の無料フォトストレージとして発表されたGoogleフォトですが、使い勝手の良さや無料サービスの強みを活かして多いに市場を賑わせていますね。

恐らくこのブログを見ている方々はGoogleフォトの基本的なことに関しては既にご存知かと思いますので、少し違った角度から新サービスのGoogleフォトを見てみようと思います。

Googleフォトって写真は16メガピクセルまでの写真であれば元のサイズのままアップロード出来るってことになっていますが、それはpixelの話で画像サイズの話です。
もしかしたらご存知無い方もいるかもしれませんが、16メガピクセル以下の写真でも全てのjpeg画像は圧縮されアップロードされています。小さな長辺1000pixelのような画像でもです。

そこで一部の方々の間で話題になっているのが、「なんだよ~~規定以下のサイズでも圧縮されるんじゃ使えね~~」という話。

では、本当に使えないほどの圧縮が画像に適用されているのか、その実態が気になったので見ることにしてみます。


最初の比較画像はこちら



PhotoshopCCで2枚開いて上下に並べています。
上の写真がソース画像。
下の写真がGoogleフォトへアップロードし圧縮されたもの。

サイズの違いは以下のとおりです。


2464×1640の小さめの画像ですが圧縮がかかっています。
元の写真のデータ量が1835KBでGoogleフォトへアップロードしたものは552KB。
約1/3のデータ量になっています。

では拡大していき細部の違いを見ていこうと思います。





パソコン全般 | 2015.06.04 [EDIT]

ViewNX2の新バージョンViewNX-iが出る!動作が軽ければ嬉しいですね

現在ニコンのサムネイルビューソフトは御存知の通りViewNX2。てっきり今後はCapture NX-Dに統合されてしまうのかと思っていましたが、ViewNX3となるViewNX-iなる新バージョンがニコンから発表されました。

Capture NX-Dはビュアー機能も付いているけれども基本は現像ソフトなのでビュアーとしては動きや使い勝手がしっくりこない点がありました。
Capture NX-Dにビュアーも現像も統合されてしまってビュアー専用ソフトが今後は無くなると残念だなぁ~と思っていました。
私にとっては朗報! でも色々機能が付加されて動きがサクサクしてなければ本末転倒というところ。




ニコンとしてはViewNX-iをハブとして現像も動画編集も写真SNSもクラウド化も全て行って欲しいという意図がよく分かるリリースです。

RAWでの撮影が多い人にとってはメリットがありますね。

やはりRAW現像に関してはサードパーティ製のソフトよりもメーカー純正のソフトで現像するほうが良いことが多いです。
RAW現像に関しては私もLightroomなどは使わずにメーカーソフトを使っていますが、基本的に仕事の9割はJpg撮影の私にとっては現像ソフトとの連携やSNSとの連携などは余計な機能だったりします。

機能は純粋なビュアーであることが望ましいのですがメーカーにとっては私のようなケースの方がレア???

色々と盛り込み過ぎて重くなりがちなソフトで無いことを願っています。



リリースページ 
静止画および動画の活用が簡単にできる画像活用ソフトウェア「ViewNX-i」の無償ダウンロードを3月17日から開始

名称 「ViewNX-i」

公開日 2015年3月17日

ダウンロードページURL http://nikonimglib.com/nvnxi/



パソコン全般 | 2015.03.03 [EDIT]

Yahoo!地図がゲリラ豪雨にも大雪にも台風にも対応できる最強の天気アプリとして成長していた! iOS/Android 

Yahoo!の回し者でも、もちろん広告依頼があったわけでも無いんですが・・・。Yahoo!地図が本当に便利になったのでご紹介しておきます。リアルタイム天気情報を知りたい人は騙されたと思ってYahoo!地図アプリは入れておいてOKな感じかと。


ご存知の方も多いかと思いますがヤフー地図のサイトもアプリも天気情報に関して非常にパワーアップ致しました。
つい先日は都内でも若干雪が積もりましたが、それに合わせたかのようにYahoo!地図では雪の降雪量と積雪量を確認できるように。

これはパソコンを使っての地図サイト閲覧だけでなくiOS/Androidの両地図アプリでも使える機能です。
降雪量(実測値)に加えて1時間ごとに10時間先の降雪量予報も表示できるという優れもの。情報は気象協会から得ているとのこと。
降雪量や積雪量が確認できる地図アプリって・・・。凄い。



そもそも、その前に気象庁が提供し始めて非常に話題になっていた「高解像度降水ナウキャスト」にもいち早く対応したのがYahoo!地図でした。

今までゲリラ豪雨や集中豪雨など雨の状況を知りたい時には都内であれば東京の下水道局が提供をしている東京アメッシュなどを活用していました。
また、全国の主要都市を網羅するものとしては国土交通省が提供していたXバンドMPレーダーなども非常に便利で活用していていましたが、やはり最近になって気象庁が公開した「高解像度降水ナウキャスト」は全国を網羅していることもさることながら、とにかく正確さが他のサービスと比べても抜きん出ています。
他のサービスには無い予測値に関しても非常に的確でサービス提供当初から他のサービスから乗り換えて私は使っていました。

ただ、アプリとしては気象庁も公開していなかったので使い勝手の良いアプリがあればなぁ~と思っていたのですが、それにいち早く対応してくれたのがYahoo!。それも地図アプリに組み込む形での公開で多少驚きましたが理にかなっているなぁと。

「高解像度降水ナウキャスト」をご存知無い方は是非一度本家のサイトをご覧ください。非常に素晴らしい情報に驚くと思いますが、それを更に使いやすく見やすく更に無料で公開してくれたのがYahoo!地図。そしてYahoo!地図アプリです。


と、「高解像度降水ナウキャスト」のことばかり書きましたが、つい先日さらに追加で公開されたのが日本気象協会からの情報をもとに作成した雪情報。降雪量と積雪量が分かるようになっています。
さらに今年の夏には台風情報に関しても追加機能として取り入れるとのこと。もはや地図アプリというよりも天気アプリじゃないのコレ???


リアルタイムの気象情報に関してはどの天気アプリよりもYahoo!地図アプリが完全に勝利といっても過言じゃないでしょうね。コレ以上のリアルタイム情報が確認できるアプリって今のところは無いと思います。

ハッキリ言って驚いたのと、地図アプリというよりも天気アプじゃないの???ということで私のiPhoneでは天気アプリフォルダ内にヤフーの地図アプリは登録されています・・・^^;

まだ使ったことがない方でリアルタイム天気情報は重要だと考えている方は是非使ってみてください。
非常に便利かと思います。


各種リンクは以下に貼り付けておきます。





パソコン全般 | 2015.02.01 [EDIT]

新しく登場した写真管理ストレージサービス「Mylio」を少し使ってみました



1~2ヶ月前から段々と話題になってきている新しいストレージサービス「Mylio」がどんなものなのかインストールして若干使ってみました。

この「Mylio」はMac、iOS、WindowsのOSに対応してるオンラインストレージサービスで無料でも3つのデバイスで同期することが可能です。
フリーの使用だと枚数制限が1000枚になります。それ以上使いたいならば年間50ドルで50000枚。100ドルで100000枚同期することが出来ます。250ドル払えば50万枚までOK。

RAWデータも読み込めるのですが、データサイズではなくて枚数でカウントする所がフォトサービスらしいですね。
全てのRAWに対応しているわけでは無いようですが・・・。ほとんどのカメラはサポートされているようです。
詳細はこちら

紹介動画がありますのでソフトの概要は以下の動画でどうぞ。



さて、実際にインストールしましたが、その流れはこんな感じ。





パソコン全般 | 2015.01.15 [EDIT]

被写界深度を視覚的に分かりやすくシュミレーションしてくれるWeb Appが面白い

被写界深度を他人に説明するときなど便利そうなWebアプリケーションがあったのでご紹介。
パンフォーカスで撮影するためにワザとフィルムサイズの小さいハーフカメラのオリンパス・ペンを使っていた時などは自分で計算して被写界深度を出して遊んでいましたが、今やWebで被写界深度は簡単に算出できます。

スマートフォンのアプリでも被写界深度を計算するアプリは色々とあるんですがWebでこんなに便利そうな被写界深度計算が出来るのは初めて見ました。



実際にこちらのサイトへ言ってスライダーを動かして頂ければ一目瞭然だとは思うんですが、レンズの焦点距離や絞り、対象物までの距離などを設定すると被写界深度をイメージで表してくれます。

その際にAPSサイズ等での場合の数値も表示してくれています。最初は見方が良くわからなかったのですが慣れればレンズの算出数字の所は理解出来ました。APS等に変換したF値に関しては疑問な点も^^;
35mmで使用することが前提ならば色々と楽しめそうですね。被写体との距離が近ければ広角でも後ろがボケた写真が撮れることがコレならビギナーの人も理解しやすいかもしれませんね。

被写界深度について学びたい時、教えたい時に便利そうなサイトでした。

【Visualization of DOF】
http://sandbox.lt/dof.html



パソコン全般 | 2014.09.30 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ