TOP > 未分類/写真・カメラ関係含む

白黒写真をカラー化できる無料ツール「ColouriseSG」や「SILKYPIX JPEG Photography 9」が期間限定割引中など

最近時間がなくて書けていないのですが、今日は気になる記事リンクだけでも投稿しておきます。
毎日気になる記事はあるのですが載せ忘れてしまいとりあえず本日気になった記事は以下。

  • 白黒写真をワンクリックでカラー化できる無料ツール「ColouriseSG」がすごい件
  • 【決定版】空飛ぶサンドイッチを撮影する方法
  • Pixel 3の「コンピュテーショナルフォトグラフィー」をGoogleが解説
  • 初めての画像編集におすすめのソフトが期間限定3千円以下の超破格値に!
  • ソニー独自の裏面照射型画素構造のグローバルシャッター機能を搭載し、 高い撮像性能と小型化の両立を実現した積層型CMOSイメージセンサー技術を開発
  • PROFOTO THREATENS TO SUE GODOX FOR PATENT INFRINGEMENT CLAIMING THEY STOLE THE A1 DESIGN

白黒写真をカラー化するサービスは色々出てきますが、今日のリンクもそのひとつ。少し使ってみたところ今までのサービスと比べて特段良くなっている雰囲気はありませんが差異を比べてみるのも良いかも知れませんね。

空飛ぶサンドイッチの撮影方法ですが、基本的には過去にも撮影方法がネットでも公開されていましたが今回は使用したヒモが太すぎるような・・・。ちょっと突っ込みたくなってしまいましたが、修正後はきれいにヒモが消えていました。フォトショップってほんと便利。

あと、以前話題にしたコンピュテーショナルフォトグラフィーですが、丁寧にコンピュテーショナルフォトグラフィーについて書いてくれている記事がありましたので気になる方はどうぞ。

そして海外ネタですがGODOXが PROFOTOのクリップオンストロボそっくりの製品を出したことも話題になっていましたので、そちらも。

白黒写真をワンクリックでカラー化できる無料ツール「ColouriseSG」がすごい件 - PhotoshopVIP

【決定版】空飛ぶサンドイッチを撮影する方法

Pixel 3の「コンピュテーショナルフォトグラフィー」をGoogleが解説 - Engadget Japanese

初めての画像編集におすすめのソフトが期間限定3千円以下の超破格値に! | CAPA CAMERA WEB

独自の裏面照射型画素構造グローバルシャッター機能搭載の積層型CMOSイメージセンサー技術を開発

Profoto threatens to sue Godox for patent infringement claiming they stole the A1 design


世界最高レベルの天気予報を利用して雨や雲の様子を10日先の状態までチェック

最近話題になっている天気予報サイトやアプリをご存知でしょうか?
Windy.comというサイトの天気予報です。iPhoneやアンドロイド端末でも使用できるアプリがapp Store/Google Playの両方で公開されています。
雲の状態まで確認できますので天体観測や撮影の場所選定にも最適!

WS000063.jpg 
このアプリが話題になっている原因は予報予測精度が世界一ともいわれるECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)とGFS(アメリカ海洋大気庁)の2つの予報が10日先まで見られて、なおかつグラフィックが非常に洗練され使いやすいんです。

ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)とGFS(アメリカ海洋大気庁)の予報は一緒には表示できませんからクリックしてどちらかの予報を選択することが必要です。デフォルトではECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)が表示されるようになっています。

日本の天気予報ならば気象庁の予報が世界一何じゃないの?と思うのですが、気象庁が平成29年に行った数値予報モデル開発懇談会の資料を読むと「全球モデル予測精度の国際比較」では圧倒的に予測精度はECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)がトップ!

図の出典:気象庁 資料リンク
WS000061.jpg

WS000062.jpg  

「台風進路予報誤差国際比較」においても日本は世界比較で精度が悪いことが判明しています。ここでもECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)がトップレベルの予報を出していることが分かります。
もちろん気象庁も局地的な短時間予報などで非常に優れた結果を出してくれてはいますが中長期的な予報を考えるとチェックする天気予報にECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)を使用できる「Windy.com」を入れておくのも良いかと思います。

ただし気象庁は平成30年の6月から新しいスーパーコンピューターの運用を始めました。以前のスパコンと比べると10倍の性能があるのだとか。
ですので上の資料ほどの差が現時点であるのかどうかは不明です。今後徐々に縮まって行くことを願っていますが現状認識としては、気象庁の開発要員数は主要な数値予報センターと比較すると少なく、予測精度を向上させるには開発体制を充実させることが目下の課題のようです。


「Windy.com」では雲の様子もチェックできますから天体観測や撮影などの計画にも非常に役に立つかもしれません。

雲予測も細かく分けて表示することが可能です。
・上層雲
・中層雲
・下層雲
この3つのレイヤーを表示することが可能で別々に表示することも一緒に表示することも可能です。
その他、風速や積雪深、気温、湿度、霧、波、などなど、驚くほど多くの情報がクリック1つで選択でき10日先の予報を瞬時に確認することが可能です。

もちろん時間が先になるほど予報の精度は落ちていきますが、それでも天気が気になるときには選択肢の1つとして見たくなってしまいます。

アプリのコメントでも非常に予報が当たるとのコメントが多く最近は「Windy.com」を使用する方が増えてきているようです。
下に「Windy.com」を埋め込みましたので、気になる方は色々とレイヤーを変更したり時間軸を動かしたりして使い勝手をチェックしてみて下さい。きっと気にいると思いますよ。






クッソ重いけど写真の手ブレとピンぼけを救える超優秀なシャープネスソフト「Sharpen AI」

カメラマンにとって重要な一枚が若干のピンぼけ!あるいは手ブレ!なんてことがあったら何とか救済できないものかと悩むもの。

フォトショップCCにも「ぶれの軽減」や「スマートシャープ」など有効な救済手段がありますが完璧ではありません。
そんな時に最後の手段として使えそうなソフトが新発売されました。画像のシャープネス化に特化した「Topaz Sharpen AI」です。
30日間無料で製品版を試用出来ます。透かしなども入りません。MAC版/Win版の両方が用意されています。
https://topazlabs.com/sharpen-ai/

とりあえず30日間は無料で全機能を使えますから試用することをオススメしますが発売を記念してセールが行われています。$79.99が期間限定で$59.99になっています。
WS000055.jpg

今流行りの機械学習を使って手ブレや若干のピンぼけなどの画像をシャープにしてくれます。この手のソフトは時折新しいものが出てきますが、この「Topaz Sharpen AI」はその中でも相当に優秀だと思います。

アプリの操作画面はこんな感じです↓
WS000058.jpg 

特にブレの解析に強いようで手ブレや被写体ぶれの画像にはフォトショップのシャープネスよりもかなり結果が良いように思います。
1/25秒で撮影した関係で手ブレと被写体ブレが混ざっているような眠い写真に処理をしてみました。 WS000060.jpg 

少し大きめの画像を貼り付けておきます。クリックで少し大きくなります。
↓シャープネス前
ソース 
↓こちらがシャープネス後。
シャープネス後 
どうでしょう。
シャープがかかって欲しくない場所までシャープがかかって変になってしまっている場所もありますが、レイヤーマスクで欲しいところだけ上手いこと使ってあげれば非常に使えるソフトかと思います。
他にも複数枚試してみたのですが肖像権や著作権の関係から当たり障りのない葉っぱの写真でご勘弁を。
ソフトのサイトへ行くと下のようなサンプル写真が載っています。
フォトショップと比較した画像ですが非常に優秀なのがわかりますよね。
WS000057.jpg 

サポートされているファイルの種類は3つ。
.png
.tiff
.jpeg
現時点ではRAWファイルはサポートされていませんので一度TIFFかJPEGに書き出してから使用する必要があります。

シャープネスの処理モードは3つ
・Sharpen
・Stabilize
・Focus

それぞれを簡単に説明すると




止まらない「しゃっくり」の止め方!子供にも効いた一発で止める方法です

私も息子もたまに「しゃっくりが」出ます。まあ出たことが無い人ってのもいないと思いますが・・・。
  で、息子のしゃっくりが止まらずに寝付けないことがあったんですね。それをきっかけに色々と調べつつ試したんですが、一番効果があったものをご紹介しようと思います。

しゃっくりは横隔膜の痙攣が原因だそうですが、横隔膜が痙攣する原因はあまりはっきりしないことが多いようです。

普通のしゃっくりは病気が原因となっていることは少なく自然と止まるようですが、そうは言っても少しでも早く止めたいもの。あまりに長引くようであれば横隔膜周囲の炎症なども考えられるとのことですが、小児科の先生によれば子供の場合は胃腸炎で増えることもあるそうです。

大人の繰り返すしゃっくりの場合は脳血管疾患や腎不全、または先ほど書いたように横隔膜周囲の炎症などを含めた横隔膜疾患等で発生することはあるようです。
それ以外にも薬の副作用で出るしゃっくりもあるそうです。読んだ話では抗がん剤やステロイドなどが原因の副作用もあったそうです。
とにかく原因はさまざまで簡単に原因を突き止めるのは難しいそうなので、あまりに長引く場合は素人判断せずに病院へ行ったほうがよさそうです。

そうはいっても、今現在出ているしゃっくりを止めたい!!!
それが本人や親の目的ですよね。
そもそも、しゃっくりは自律神経の副交感神経優位の状態で副交感神経が緊張状態にあるときに発生するとのこと。なので交感神経優位の状態に持っていけば軽減もしくは消失するはずです。
で、その代表的なものが「驚かす」という方法。驚かすことによって交感神経優位の状態を作り出ししゃっくりを止めるというもの。
ただ、これって上手くいかないことの方が多いですよね。

で、私がさまざま試して一番効果があったのがコレ!

201902231754277ed.jpeg 両方の人差し指で両耳を30秒~1分ほど塞ぐ!(少し強めに押したほうが効果があるような気がします)

たったコレだけで治るのか?と思われるかも知れませんが、私の場合も息子の場合もほぼ100%治ります。
1回で治らない場合は2~3回やれば確実です。
だまされたと思って試してみてください。




超広角4.9mm!! 画角270°のモンスター級魚眼レンズ C-4 Optics 4.9mm など

C-4 Optics 4.9mm f/3.5 Hyperfisheye Prototypeと名付けられたモンスター級の魚眼レンズが現れました。その画角はなんと270度!
レンズの後方まで撮してしまう驚きのレンズ。ニコンから220度の画角を持つNikonの6mm f/2.8なんてレンズもありましたが、それを超えるレベル。

WS000050.jpg 

2015年の4月1日にテキストで発表された際には4月1日という日の影響もあってエイプリールネタだと思われていたようです。

しかしこのモンスターレンズ制作のタイムラプス動画も公開され実写画像も出たことで一転!海外でも驚きの声が上がっています。

実際には手軽に持ち歩いて撮影できるような代物ではありませんが、こういった限界に挑戦的なレンズって面白いですよね。

リンク先には実写画像と展開させたパノラマ写真が掲載されています。周辺部の描写とかどうなっているのか良く分かりませんが、そういったのは抜きにしてオモシロレンズであることは確実です。

他に気になったのが2月24日に東京都が天皇陛下御在位三十年を記念して多くの施設を無料公開するようです。
通常であれば700円する葛西臨海水族園や600円する多摩動物公園など。
詳しくは以下のリンクから情報をお取り下さい。

 平成31年2月24日(日曜日)に無料公開される施設一覧 だけ掲載しておきます。

文化施設
東京都庭園美術館(通常:200円)
東京都江戸東京博物館(通常:600円)
江戸東京たてもの園(通常:400円)
※東京都庭園美術館内の展覧会は有料。

庭園・動物園など
賜庭園(通常:300円)
旧芝離宮恩賜庭園(通常:150円)
小石川後楽園(通常:300円)
六義園(通常:300円)
旧岩崎邸庭園(通常:400円)
向島百花園(通常:150円)
清澄庭園(通常:150円)
旧古河庭園(通常:150円)
殿ヶ谷戸庭園(通常:150円)
恩賜上野動物園(通常:600円)
葛西臨海水族園(通常:700円)
多摩動物公園(通常:600円)
井の頭自然文化園(通常:400円)
神代植物公園(通常:500円)
夢の島熱帯植物館(通常:250円)
東京港野鳥公園(通常:300円)

このカスタムメイドの「超魚眼レンズ」は自分の後ろを写すことができる | TechCrunch Japan

Assembling the C-4 Optics 4.9mm f3.5 Hyperfisheye Prototype

この世に存在しない人の顔写真をAIが生成!試すなら今しか無いゾ!:世永玲生の電網マイノリティ - Engadget Japanese

ニコン製品愛用者向け機材の点検・メンテナンスサービスをリニューアル | ニコンイメージング

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「シーピープラス 2019」

天皇陛下御在位三十年記念慶祝事業を実施

2/24は都内の人気施設が多数無料開放! 天皇陛下在位30年記念

Twitter、新デザインを試せるベータ版の参加申し込み受付を開始/会話の文脈を系統立てて把握しづらいという問題を改善へ



女優の写真を修正する美人女性レタッチャーが禁断の裏技を大暴露

テレビ東京で放送されている「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」知られざる業界の裏側大暴露SPで現役レタッチャーの元日田先(もとひだ さき)氏が写真のレタッチ技を公開しています。
フリーのレタッチャーである元日田氏がセクシー系映像作品のパッケージなどのレタッチの裏側を公開してくれています。

WS000049.jpg 

現在TVerで期間限定無料公開されています。
https://tver.jp/episode/54793430
期間は2/22の00:59まで。気になる方は早めに視聴することをオススメします。気がついたときには配信が終わっていたりしますからね。


気になるレタッチ料金は別のサイトで元日田さんが言及していますが写真1枚全身フルレタッチで8000円からが相場だそうです。
細かい修正が重なってくると料金は上がるわけで手が込んだ作業になると1万円は超えてくるのだとか。ちなみにセクシー系映像作品のパッケージの写真は1万円程度とのこと。

女性のレタッチャーって少ない気がしますが、女性が女性の写真をレタッチするときの注意点なども話されていますから結構面白かったです。

世に出ているセクシーDVDのパッケージは「無加工で出ている写真はないと思う」とし「何かしら加工する場所とか無いほうが良いものは絶対存在する」と語られていました。
ただ、パネマジのような写真の修正は好まれず、自然に見えるように違和感のないナチュラルな修正を心がけているそうです。
確かに中身の動画を見てみたら全然違う人だったら困りますからね。
逆を言えば別人に仕上げることも可能なわけで・・・。

フォトグラファーであれば自分の写真をレタッチした後で納品することは当然ですからね。そう考えると、全くのノーレタッチ写真ってのは、この世界に限らずかなり少ないでしょうね。程度の問題でしょうか。


写真投稿SNSの500pxやEyeEmで大量に個人情報が流出!さらにダークウェブで販売中

イギリスのITニュース誌「The Register」によると16のサービスで情報流出が確認され、ダークウェブで2月11日から販売されていると報じています。その中には500pxやEyeEmなども含まれているとのこと。

500pxで1487万304アカウント
EyeEmで2236万765アカウント
など
最も流出量が多かったのはDubsmashで1億6154万9210アカウントの情報が流出したとのこと。

情報流出だけでも驚きなのにダークウェブにおいて流出した個人情報が販売されているというのだから更に驚きます。具体的な価格まで報じられており
500pxの1487万件の情報データは$780で。
EyeEmの2236万件のデータは$1,040で販売されているのだとか。
情報流出に関しては事実のようで500pxは2019年2月8日に情報流出したことを確認したようです。

一昨日にセキュリティ問題のFAQに公式コメントを載せています。
それによると流出した情報は

・500pxに入力した、ユーザー氏名
・500pxユーザー名
・500pxのログインに関連づけられているEメールアドレス
・不可逆暗号アルゴリズムを用いてハッシュ化された、ユーザーパスワードのハッシュ
・提供していた場合、ユーザーの生年月日
・提供していた場合、ユーザーの市、県、国名
・提供していた場合、ユーザーの性別

2018年7月5日以前に500pxユーザーであった場合、影響を受けているようですので、私の情報も確実に流出したようです。500pxで使用しているパスワードと同様のパスワードを使っていたサービスのパスワードは全て変更したほうが良さそう・・・。

面倒ですよね~。ただ以前にPayPalでクレジットカードが不正利用されたことがあるのでパスワードを変更しないことの怖さはわかっています。
どこかでIDとパスワードが流出した場合は、そのIDとパスワードを使ってあらゆるサービスでログインできるか試されてしまいます。実際に使用できると分かれば当然悪用されてしまうわけで個人でできる防衛策としては、より強力なパスワードを使うしかありません。

日本では宅ふぁいる便の情報流出が問題になりましたが、今回の流出劇も数が多く個人的にも使用していたサービスだけに衝撃が大きいです。
こうしてパスワードが流出することは珍しいことでは無くなりました。サービスごとにパスワードを変更することを当然のこととして考えを改めなくてはいけませんね。
詳しくは以下のリンク先をご確認下さい。
620 million accounts stolen from 16 hacked websites now for sale on dark web, seller boasts

500px Hacked: Personal Data Exposed for All 14.8 Million Users

セキュリティ問題2019年2月号:よくある質問 - 日本語

富士フイルムのフォトストレージ「マイフォトボックス」がサービス停止 ダウンロード可能期限は2019年8月末

Flickrの無料版サービスの内容が大幅改変が大きな話題となり、無料版で保存できる写真と動画の上限が1000点となりました。

一昨日までに1000店を越えるデータをアップロードしている方はダウンロードしておく必要がありましたが、正常にダウンロードできない問題があったためダウンロードの可能期限を3月12日に延期しました。
大量にアップロードしている人は大変だろうなぁと思っていたところへ別のニュースが入ってきました。

WS000048.jpg

それが富士フイルムのフォトストレージ「マイフォトボックス」がサービス停止をするというニュース。
こちらはFlickrと違ってサービスそのものの停止のため無料ユーザーも有料版ユーザーも影響が出てきます。

写真・画像ファイルの共有・保存サービス マイフォトボックス | 富士フイルム

------------------------------
「マイフォトボックス」は2019年8月末をもちまして、サービスを終了させていただくこととなりました。br>
サービス終了に伴い、2019年3月より有料会員の課金停止し、画像アップロード機能を停止させていただきます。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承をお願いいたします。br>
お客様の保存画像については、2019年8月末まで保管させていただきますので、お客様ご自身でダウンロードをお願いいたします。
------------------------------

無料では1.5GBの容量が使えるようになっていました。
有料会員になると100GBのデータを保存することが可能だったようです。

100GBすべてを使い切るほどアップロードしていた人はほとんど存在しないとは思いますが、それでも数十GBのデータをダウンロードするのは大変。

まさかすべてのローカルデータを削除してしまった人は少ないとは思いますが、富士フイルムの「マイフォトボックス」にしか残っていないデータがあったとしたらサービス期限内にダウンロードする必要がありますよね。

こういったニュースを聞くと、フォトサービスはバックアップとして使用するというよりも、出先でデータを確認する程度の気持ちでサービスを使っていないとサービス停止の時には痛いなぁと。

流出の危険性もありますから、やはりローカルでしっかりした保存をするのが最善なんですかね。地震などのことを考えるとそれも微妙ですが・・・。

いずれにせよ、各フォトストレージサービスに関しては利用規約を読んでから選んだほうが良いですね。
例えばアマゾンフォトサービスの利用規約を読むと以下のように書かれている部分があります。

---------------------------------
5.1 変更アマゾンは、いつでも、お客様に何らの通知なくして、本サービスもしくはその一部を、変更、停止または中止することができます。アマゾンが本サービスを中止した場合には、アマゾンは、お客様にお支払いいただいた料金を本サービスプランの残りの満日数に基づいて日割りで払い戻します。
------------------------------------

この辺りの話はGoogleフォトやOneDriveなどの利用規約を調べて書いた以前のエントリーがあるので気になる方は以下のリンクからどうぞ。

利用規約を読んでからアマゾンのプライムフォトを使うことを強くオススメします。|写真関係全般 デジタル@備忘録



ミラーレス人気が一眼レフを超えたのは日本だけ?世界のデジタルカメラ市場の今を読む

カメラ映像機器工業会(CIPA)が1日に2018年のデジタルカメラの出荷実績を発表しました。

以前もCIPA発表のデータを使ってグラフを作成しましたが2018年の12月分も出たことですし今回もグラフを作成してみました。

テレビ新聞等でもCIPA発表のデジタルカメラの出荷実績を記事にして報道していましたが数字だけ見てもイマイチわかりにくいので自分用にグラフにしているのですがグラフにすることで見えてくるものもあります。

国内でのデジカメの出荷台数はレンズ一体型もレンズ交換式も昨年よりも減少しています。キヤノンの社長が今後も出荷台数は減り続けるとの予想を語っていましたがグラフを見ても今後伸びていきそうな予感はしないですね。

WS000035.jpg 総出荷額もグラフにしてみましたが、こちらも両方共に減少しています。レンズ交換式は微減に留まっていますが、これはミラーレスが若干伸びてきたことで下げ止まっているような感じかと。

WS000036.jpg

世界全体でのデジタルカメラ総出荷台数を「一眼レフカメラ」と「ミラーレス一眼」とに分けて比べたグラフが以下になります。

これを見ると一眼レフカメラの出荷台数は2012年から下がり続けています。来年は更に下がるのでしょうが、ミラーレス一眼カメラに関しては昨年よりも微増しています。

WS000037.jpg

巷ではミラーレス一眼カメラがメチャクチャ伸びているような印象を受けますが世界全体の出荷台数でみると一眼レフデジカメが下がり続けミラーレス一眼が微増している状況です。

ではなぜミラーレス一眼カメラが非常に伸びているような印象を受けるかといえば日本国内でのミラーレス一眼の出荷台数が他の国と比べると伸び率が高いからです。

ただ出荷台数ではなく総出荷額で比べてみるとミラーレス一眼の出荷額が2016年から一気に伸びてきて2018年では一眼レフカメラに追いつく寸前まで来ていることがわかります。

WS000038.jpg

このグラフを見ると2019年は出荷台数では一眼レフを抜けなくても出荷額ではミラーレス一眼が一眼レフを抜く結果となりそうですね。

報道では国内ではミラーレスが前年比8.6%増の59万台となり、初めて一眼レフ(46万台)を上回ったと書かれていますが、2017年10月から2018年12月までの日本向けデジタルカメラ出荷台数を月別で表したものが以下のグラフになります。

WS000040.jpg

このグラフを見ると国内では2018年2月からミラーレス一眼カメラが一眼レフカメラを抜いていることが分かります。それ以降は一眼レフの方が売れた月はありません。国内では昨年の2月以降はミラーレス一眼が一眼レフを抑えています。

ミラーレスはキヤノンやニコンがフルサイズの新機種を出して更に一眼レフとの出荷台数の差を広げているようです。

だた世界的に見た場合はまだ一眼レフの方が出荷台数が上回っていますが、ここへ来て欧州で変化が出てきました。

以下のグラフは欧州向けデジタルカメラ出荷台数の推移になります。

WS000041.jpg

欧州で2018年12月に初めてミラーレス一眼が一眼レフを抜きました。ただ原因はグラフを見ても分かるように12月の一眼レフカメラの出荷台数が大幅に減ったことにあるようでミラーレス一眼が大幅に伸びたわけではありません。

次はアメリカでの出荷台数の推移になります。

WS000042.jpg

アメリカではミラーレスが一眼レフを抜く様子はありませんが、2019年は大きな変化が起きるかも知れませんね。

WS000043.jpg

WS000044.jpg

最後に日本、欧州、米州それぞれのミラーレスと一眼レフカメラの出荷台数の比較が比較的見えやすい棒グラフを載せておきます。

WS000045.jpg

WS000046.jpg

WS000047.jpg

これを見ると明らかにアメリカやヨーロッパよりも日本の方がミラーレスの比率が多いですね。ヨーロッパが今後は伸びてくるのか。

来年のこの時期にどんなグラフが出来上がるのか楽しみです。

ちなにもCIPAの発表した19年の出荷見通しは世界出荷で1690万台と12.9%の減少を見込んでいます。国内出荷は10.7%減の250万台と予想しています。



フリー画像を勝手に100枚もストックフォトサイトで販売!?

フリー画像素材サイト「ぱくたそ」の画像が悪意あるユーザーによりそのままアップロードされストックフォトサービスの「Shutterstock」で販売されているとの話が話題になっていました。

プロの写真家が他人の写真を使って写真集まで出した事件もありましたから、こういった事例は驚きはしないんですが、意外だったのが「ぱたくそ」の管理者が「Shutterstock」に対し削除要求をしても1ヶ月経過しても削除されず販売され続けているそうです。

不正にアップロードされ販売されている写真は100枚を超えるそうです。「Shutterstock」に対してのアクションもさることながら違法な行為を行ったユーザーを特定して最終的には裁判まで行くのでしょうか。

ちなみに今月発売中のダイヤモンド・ザイ3月号ではストックフォトサービスを副業にし月収80万円を叩き出している「まちゃーさん」という方を取材しPIXTAを使った副業などを記事にしています。その紹介記事もWEBにあったので下に貼っておきます。

こういう記事を読むと写真が簡単に売れて副業になるのかと思ってチャレンジする方が増えるんだと思いますが実際はかなり大変だと思います。 しかし勘違いして安易に儲けられると考えてしまって、今回のように他人の写真を使って登録したりする人がいるのかも知れません。そんなに甘いものでは無いと思いますよ~~。

写真の無断使用に関して詳しい夜景写真家の岩崎さんだったら、今回の問題に対してどういう対応されるのかな~と思いながら記事を読んでいました。

気になる方は以下のリンクからソース記事へどうぞ。

他に気になったのはニコンとJALが企画した「D3500 18-55 VR レンズキット」とJAL旅行券40,000円分のプレゼント企画。

Twitterを使ったプレゼント企画です。最近はTwitterを使ったプレゼント企画が増えてきましたね。普通に広告を打つよりもコスパが良いのかも知れません。
ただ当選人数は3名ということで少し少なめかも。

応募方法は
1. 「pic&go」四国編のページよりお好きな写真を1枚選ぶ
2. 表示された、「あなたへのおすすめ旅プランページ」のTwitterシェアボタンから、指定のハッシュタグをつけてシェア
3. JAL公式アカウント@JAL_Official_jpをフォロー
詳しくは下のリンク一覧からどうぞ。

いくつか気になるものを貼っておきました。

Twitterシェアで旅行券とカメラが当たる!キャンペーン|pic&go

フリー画像素材を米企業が「有料販売」 100枚以上が被害、訴えたサイト運営者「利用者が誤って購入してしまうのは嫌」【追記あり】

「PIXTA(ピクスタ)」で写真を販売する"副業"で、月収80万円も! 趣味で撮影した写真を売って稼ぎ、脱サラまでした達人が、副業で成功するコツを伝授!

あらゆるカメラで「ボカシ」が可能になる画期的テクノロジー

フルサイズミラーレス年末商戦はソニーが圧勝 - BCN+R

Flickr Will Delete Photos Tomorrow If You're Over the New Limit



| ホームへ | 次ページ