連続発光テストで驚きの結果が!爆速チャージスピードのNikonスピードライトSB-5000

Nikonの最新型スピードライトSB-5000の最大の特徴と言って良いクーリングシステムについて個人的なテストが終わりましたのでレポートしてみようと思います。

先日、「Nikonスピードライト SB-5000を使用したレビュー 他のストロボと比較したメリット・デメリット」というエントリーもUPしましたので、まだお読みでない方はあわせてどうぞ。

NikonスピードライトSB-900の発売以来ニコンユーザーにとってはストロボの過熱防止機能に悩まされてきました。SB-900は外部電源を使用し連続発光を伴う撮影を行うとストロボ内部温度が一気に上昇しリミッターが作動。リミッターが作動することにより冷却されるまで発光が出来ないという事態に陥りました。

これは旧機種のSB-800では起きなかった事例だけにユーザーから戸惑いの声があがり、その声を受けて改良版のSB-910をすぐに発売。SB-910はSB-900のような事態に陥ることは減りましたが、連続発光させると段々とチャージスピードが遅くなるという新たな課題が発生しました。

レビューの結論を最初に書いてしまいますが、今回新発売されたSB-5000はクーリングシステムを搭載することにより、この問題も解決された素晴らしいスピードライトに仕上がっています。

実際にどの程度のチャージタイムが短縮されているのかをSB-910と比較しグラフ化致しました。
グラフを見て頂ければ一目瞭然の結果が。非常に素晴らしい結果になっています。


グラフの説明の前にテスト環境について書いておきます。

  • SB-5000、SB-910ともに新品アルカリ乾電池を使用
  • スピードライトはフル発光(1/1光量)で連続発光をさせました
  • 連続発光させるにあたりNISSINのストロボ用外部バッテリーである「パワーパック PS 8」を使用

ストロボ本体をフル発光させチャージランプが点灯した時点で再度フル発光。この作業を続けチャージランプが点灯するまでのチャージタイムを計測しています。

※SB-5000もSB-910もNikonの純正品以外の外部電源を使用しての故障に関しては保証外となります。今回のテストはスピードライトに非常に過度な負荷をかける作業です。同様のテストをされた場合、スピードライトが壊れたりヘッド部分のパネルが損傷することがあっても責任は取れませんので自己責任でお願い致します。


※グラフはクリックすると拡大表示できます。
SB-5000 VS SB-910 比較1

グラフの縦軸がチャージタイム(秒数)
グラフの横軸が発行回数。発行回数下部の数字はチャージタイムです。
青線・・・SB-5000
赤線・・・SB-910

チャージタイムに関しては簡易計測ですので目安程度と考えて頂ければと思います。
基本的にはSB-5000とSB-910の充電完了までのタイム差に関して参考に頂ければ幸いです。

ストロボ内部が過熱する前の時点で既にチャージタイムはSB-5000の方がSB-910よりも速いです。
連続発光を続け17回目からSB-910のチャージスピードに変化が出てきます。充電完了まで約0.1秒の低下。

25回目の発光でSB-910は更に0.5秒の低下が見られました。27回目には更に0.7秒低下。最初のチャージスピードと比べると1秒以上低下しています。
SB-910のチャージタイムが低下する理由は内部の温度上昇を抑えるためだと思います。外部電源を使用しているので電池がヘタってチャージスピードが低下するのとは根本的に理由が違います。


SB-5000は31回の連続発光までは一切低下は見られず最初のチャージスピードを維持。
非常に素晴らしい改良がされているようです。やはりクーリングシステムがかなりの効果をもたらしていると想像できます。中にファンが入っているのか詳しいことは分かりませんが凄い結果です。


SB-910は49回目の発光では更にスピードが低下してるものの、SB-5000は最初のチャージスピードからほとんど変わらないタイムを維持しています。

過熱防止機能はSB-910とSB-5000の両方共に電源がシャットダウンするリミッターは作動していませんが、どちらが過熱対策が優秀なスピードライトかと言えば断然SB-5000だということが分かります。


ただSB-5000も全てが万能な訳ではありません。
60回以降の発光に関して面白い結果が出ました。以下に続きます。





Nikonスピードライト SB-5000を使用したレビュー 他のストロボと比較したメリット・デメリット      

ニコンから最新型のフラッグシップ機のD5が発売されたと同時期にスピードライトも新機種が発売になりました。

SB-5000です。D5のレビューは比較的見かけるのですがSB-5000に関してはあまり無いようですので簡単にですが使ってみた感想を書いてみようと思います。

大きさの比較として以下の機種を並べています。

・SB-5000・・・クーリングシステム機能が付いた最新型
・SB-910・・・SB-900の改良版 SB-5000が出るまではフラッグシップ機用ストロボの最新型だった
・SB-800・・・安定感があり過酷な状況にも耐える素晴らしい名ストロボ。すでに生産中止
・SB-700・・・中級機にピッタリのスマートなストロボ
・SB-500・・・エントリー機にベストチョイスな小型ストロボ。LEDの定常光も装備している

スピードライト比較

上の写真はSB-5000とその他の機種を並べて撮影したものです。

こうしてみるとSB-910だけが若干大きいのが分かりますね。SB-910が発売される前にSB-900という機種もありましたが外観は全く同じですので今回はSB-910で比べています。

SB-5000の大きさはSB-800にもっとも近いと思います。全く同じというわけではありませんが・・・。

SB-900や910は初めて使った時にはデカい!という違和感が強かったのですが、SB-5000に関してはSB-910のような違和感は感じませんでしたから明らかに小型化されています。ただヘッド部に関してはご覧頂けば分かりますがSB-800よりも若干大きくなっています。

反対側のサイドから電池ボックスを見ると小型化ために電池が縦4つではなくSB-700のように2×2で入るようになっているのが分かります。

縦一列の方が使いやすいという方もいるかと思いますが、小型化の恩恵の為には慣れるしかありません。

電池ボックス

画面

背面の液晶パネルはSB-900/910の流れを踏襲しています。

背面パネルの画像に関しては見やすさを重視し配置しましたので実際の大きさの比較とは違いますのでご了承ください。

SB-5000の電源部分ですが、1コマ進めると今まではONだったものが1コマ目はリモートモードに変わっています。通常のONにするには2コマ進める必要があります。これは個人的には使いにくいなぁ~と。

リモートで使うことよりも通常モードで使用する時の方が多いのですから今迄通りの配置の方が良かったです。

また、ストロボのモード切替に関して独立したボタンはありません。丸いダイヤルボタン(ロータリーマルチセレクター)の右を押すことでモードが切り替わります。

これは慣れだと思うのですが最初のうちは結構間違って違うボタンを押してしまいます。

SB-5000の新機能としては
・電波方式での電波制御ワイヤレス増灯撮影
・新開発のクーリングシステムが搭載
この2つがあげられると思います。

電波方式での電波制御ワイヤレス増灯撮影はSB-5000本体に無線機能が付いているわけではなく、ワイヤレスリモートコントローラWR-R10が必要になります。スピードライト内部に組み込んで欲しかったなぁ。これは・・・。電波になると国際的な法律のハードルが高いのでしょうか???

電波制御で別のアクセサリが必要ならば、既に発売され日本の技適の認証も受けているCactus(カクタス) ワイヤレスフラッシュトランシーバーV6などを使う手もあります。こちらのカクタスであればWR-R10の3電波到達距離30mよりも遥か遠くまで届きます。私の試した実験では300m届きました。

カクタスのようなサードパーティ製であればSB-5000以外のストロボでも使えますから、使い勝手を考えなければカクタスのようなサードパーティ製の無線機器を使うという手もありかもしれません。

電波方式を使ったカクタス以外のサードパーティ製にはどんなものがあるかは以前のエントリーをご確認下さい。

話はSB-5000に戻りますが電波での増灯撮影外に大きな変化があります。

それはクーリングシステムというヘッド部の過熱防止の為にSB-5000から新たに付いた機能です。
このクーリングシステムにより連続発光できる回数も大幅に向上したとのこと。

SB-900という悪名高い?スピードライトはこの過熱防止対策が中途半端だったためにクレームが多く、改良を加えたSB-910を改良版として発売した経緯がありますからニコンとしては過熱防止に対する研究がしっかり行われて今回の搭載になったのだと思います。

SB-900は過熱防止の為のリミッター機能が付いていて、ある一定の温度に達するとストロボの電源がOFFになる仕様なんです。

ただそのリミッターが邪魔をして仕事の実用面では困ることが多いので、使い始めた当初から加熱防止機能はOFFにしていました。




ストロボの照射角度の違いによるガイドナンバー数値の変化。 CanonとNikonのガイドナンバー表記の違いに迫る

 VS  

昨日に引き続き今回もストロボの話を復活させます。
今日はガイドナンバーの解説から一歩進んで照射角度の話にしてみようと思います。


その話をするのに、一番分かりやすい例がCanonとNikonのガイドナンバー表記の違いだと思います。

え?なにそれ?と思う方もいると思います。
確かにニコンとキヤノンの両方のストロボを持っていないと気が付きませんよね~^^;


実はニコンとキヤノンは同じ強さのストロボだとしてもガイドナンバーの表記数値がが違うんです。

例えば下の例

・Nikon SB-900のガイドナンバーは34
・Canon 580EX2のガイドナンバーは58

この数値だけ見てCanonのストロボのほうが強いんだ!な~んて簡単に思っちゃダメダメ(笑)

この数値だけ見るとストロボ光が強いのは58のCanon 580EX2ってことになりますよね。
でも、そういう簡単な話では実は無いんです。


実はこの数値には一種のトリックがあって、同じ土俵で戦える数字では無いんです。
そのトリックが今回解説するストロボの照射角度です。


ガイドナンバー(GN)は照射角度によって変化する


---------------------------------------------------------------------------
ガイドナンバーについては先日の記事を参考にしてくださいね。
・ストロボのGN(ガイドナンバー)って何!?

---------------------------------------------------------------------------


ストロボの光はレンズの焦点距離(24mmとか200mm)の違いによる画角(写る範囲の広さ)に合わせて照射角度が変化するようになっています。
懐中電灯でも先の方をクルクル回すと広い範囲を照らせたり、スポット光に変化したりするものがありますよね。

あれと要するに同じことがストロボでも行われています。


下の写真を見てください。
左下はストロボの照射角度を最大に開いた状態で発光させた瞬間を撮影したものです。
右下は広角レンズを使ってカメラの先に置いた缶を撮影したものです。(左のストロボの照射角度と同じです)


以下の比較写真はカメラ・レンズの設定は全て同じです。
ストロボの強さも同じ。
変化しているのは照射角度だけです。




このストロボの照射角度を徐々にズームしていくとどうなるでしょうか?
続きの画像を御覧ください。





ストロボのGN(ガイドナンバー)って何!? 

最近メチャクチャ忙しくて更新している暇が無くて・・・。
この機会にブログ内に埋もれているエントリーを少しずつ掘り起こして紹介してみようと思います。

何も投稿しないよりは自分の中でのモチベーション的にも色々と保てるのでご了承下さい。

私の中でも忘れていたエントリーは沢山あるのですが、今週はスピードライト関係を掘り起こして若干の加筆をしつつ紹介しようと思います。

最初はGNについて。



写真撮影に慣れてくると、挑戦したいのがストロボを使った撮影だと思います。フィルム時代はストロボがどのように影響するのかわからず使うのは素人では難しかったのがストロボ。

しかしながらデジタルカメラになってから効果がわかりやすくなりハードルが一気に下がりました。
ただそれでもストロボって瞬間の光だから使うのが難しくて挫折している人も多いですよね。

でも、ストロボの基本を押さえておけば難しいことはありません。
数回に渡ってストロボの基本的な考え方をご紹介します。



まず最初はとても簡単な解説から。
ストロボの光の強さに関することにしましょう。


ストロボの光の強さはGN(ガイドナンバー)で表される


聞き慣れない言葉ですが、ストロボの光の強さはガイドナンバーという言葉で表されます。
例えば、NikonのSB-900というストロボのガイドナンバーは36と表記されています。

このガイドナンバーはストロボの照射角度によっても変化してくるのですが、そのあたりの解説は別の項へ譲るとします。
ここでは、ストロボの光はガイドナンバーという言葉で表現されるとだけ覚えて下さいね。


で、そのガイドナンバーですが、以下の式で求めることが可能です。


式:ガイドナンバー(GN)=ストロボの到達距離(m)×絞り値(F値)
この時のISO感度は100とします。


すご~く簡単に解説すると、
1、ガイドナンバー30というストロボがあると仮定する。
2、絞り値が「F1」というレンズがあると仮定する。

上記の仮定で言えば、ガイドナンバー30というストロボの光は30m先まで到達することになります。




で、絞り値が1のレンズなんてお持ちでは無いでしょうから現実的なレベルに話を置き換えると、ISO感度が100のときに、ガイドナンバーが12のフラッシュを使うと、絞り値をF4にしたときは、3mの距離まで適正露出で撮影できます。

何となくガイドナンバーという物を理解できたでしょうか?
でも、こういった数字的なことを覚えるよりも下の写真を使って視覚的に覚えてみてください。


強い光は遠くまで照らす

左下の写真はガイドナンバー40でストロボを発光させた瞬間の状態です。
右下の写真は絞り値20にセットしたカメラでストロボから約2m離れた缶を撮影したものです。


カンの良い読み手の方はお気づきかも知れませんが、上の状況をガイドナンバーを求める式に当てはめると
40=2×20
という式になります。ちょうどストロボの光が到達する距離に缶があることになります。


ではガイドナンバーを少しずつ落としていくとどうなるでしょうか。
続きは以下です。





スピードライト・ストロボ関係

 スピードライト・ストロボ関係
スピードライトの個体差はどのぐらい?
クリップオンストロボでのバウンス撮影ノウハウ
SB-900の温度計(過熱防止機能)について
色温度を変化させるためのフィルター
撮影現場でSB-900の加熱防止機能が稼働
SB-900がやはり加熱
SB-900の異常プリ発光現象動画
SB-900の接点を掃除すると・・・
フラッシュヘッドの前面パネルが焼けて気泡が発生
SB-900の前面パネルが溶けた件
屋外でモノブロックが使える!ホンダの新型発電機
プロカメラマンの必需品 NISSINの充電式ストロボ用外部電源

プロカメラマンの必需品 NISSINの充電式ストロボ用外部電源「パワーパックPS-300」

記者会見取材などに行くと使っているカメラマンが多いです。現在もっともプロカメラマンに信頼されていると思われるストロボのパワーパックがこの「パワーパックPS-300」
コネクタ部分がメタルになっているパワーパックプロ300 Nや400 Nなどもあります。

なお、メタルになっている300Nはメーカーの部品が無くなり次第生産中止とのことです。まだ先だとは思いますが、今後はPS300がメインになっていくようです。


これはコネクタ部分がプラスチック加工された新型の「パワーパックPS-300」
コネクタ部分がプラスチックでの一体成型になっているので雨にメタルコネクタよりも強いと思います。メタルの場合はコードを取り替えることが出来る仕様になっているのですがその分、隙間があるので接点に水がプラスチックよりも入りやすいかも知れません。

さて、この品をご存知無い方に一言で説明すると、ストロボのチャージがメチャクチャ早くなる充電式の外部電源です。
ニコンのSB-800とかだったらフル発光しても1秒以内でチャージします。


http://www.nissin-japan.com/jp/powerpackpro.html

使用できる主なストロボ:
580EX II、580EX、Di866、SB-900、SB-800、SK-6、AF540FGZ、AF500FTZ、PE-36Sなどなど。   

世界最速クラスのチャージ性能
●強力な昇圧能力を持つトランスを2個使用する独自のツイントランス回路を搭載。GN36(ISO100, 35mm)クラスのストロボを、
フル発光で約0.5~0.7秒で高速チャージ。

☆繰り返し使えるニッケル水素クラスター電池を使用。
●GN36(ISO100, 35mm)クラスのストロボに使用する場合、1回のフル充電で約300回のフル発光(PS-300,300N)が可能です。電池の充放電が約200回行える。

☆充電が手間いらずのニッケル水素クラスター電池

☆安定したチャージスピード
●使用開始後から徐々に電圧が下がる「積層電池」に対し、ニッケル水素電池は使用中は、ほぼ変わらない高電圧をキープする特性がありますので、安定したチャージスピードが得られる。

☆デュアルソケットにより2台のストロボを同時に昇圧可能。


この凄まじいパワーをもったパワーパックの実力を簡易テストしてみました。

私が一番知りたかったのは、説明書きにある、「1回のフル充電で約300回のフル発光」という部分。ニコンのスピードライトSB-800でフル発光を300回した時のチャージスピードはどの程度なのか。

通常使っていると良く分からない部分です。わざわざ回数を数えるわけでもないし・・・。
で、テストしてみたら驚くべき結果が。





あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございますm(__)m
本年もどうぞ「デジタル@備忘録」をよろしくお願いいたします。

昨年末は大掃除を本気で行いました。
ずっと使ってみたかったスチームクリーナーと高圧洗浄機を購入!


高圧洗浄機AJP-75
ドラゴンジェット 加圧噴射式スチームクリーナー
アマドーレ

高圧洗浄機とスチームクリーナーはケルヒャーが有名ですが「高い」のと「デカイ」のが難点。
なので安くてコンパクトなタイプを購入。

そして、一番活躍してくれたのが外壁などの「雨だれ」を強力に落としてくれる「アマドーレ」という商品。これはメチャクチャ凄いです。
他の洗剤が無力に見えるほど外壁の汚れが落ちます。怖いぐらい・・・。

これらの使用レポは時間があるときにでも書こうかと。
今回購入した3商品はどれも満足しているので買い物としては正解でした♪


さて、念頭から掃除の話ってのも変なので(笑)
面白そうなグッズの紹介をひとつ。

リングストロボを既存のクリップオンストロボで出来ちゃう!という優れもの。
とにかく安い!

一番安いのは、





いつも「拍手」ありがとうございます。

このブログを解説してから各エントリー下部に設置している拍手ボタンを押して頂いた回数が3500回を超えました。
いつも温かく見守って下さりありがとうございます。
今までのエントリーで拍手数の多かったものやアクセスが多いものなど、その一部ですが抜粋をしてみました。
見落としていたものや興味がありそうなものがありましたらどうぞ時間のあるときにでもリンク先へお進み頂ければ幸いです。


超速報!ゲリラ豪雨情報!1分更新。「XバンドMPレーダ雨量観測」
こんな天気の日は「東京アメッシュ」と「東京電力・雷情報」

フォトショップの使い方講座(基礎) 切り抜きツールの解説 プリセットを作る
フォトショップの使い方講座(初級) 投げ縄や自動選択ツールを使った基本的な切り抜き
フォトショップの使い方講座(初級) 空を青くする方法

フォトショップの使い方講座(中級) 演算を使った切抜きの方法
フォトショップの使い方講座 トーンジャンプの修復について
劇的に写真のノイズを除去する方法。コンポジット合成によるノイズ除去。フォトショップで可能

実践的なホワイトバランスの取り方
演色評価数・Ra100が必ずしも良いとは限らない!?

ニコン D5000で撮影をしてみた感想  「塗り絵」が面白い
【故障】SB-900の異常プリ発光現象動画。 ニコンへ修理に出したいと思います
激安ステディカム「Hague Mini Motion-Cam」にNikon D5000を装着して動画撮影

iPhoneからFC2ブログへ投稿/更新するのに「BlogWriter Lite」アプリを使ってみました
ブログの写真から個人情報が筒抜け? Exifデータを消すのも忘れずに
ブログのリンク切れを修正しました。フリーで使えるリンク切れチェックソフトやサイトなどを使用した感想
肖像権・プライバシー権についてストリートビューの問題を通してまとめておきました

スゲー!!!!! 世界一の超高級車   「マイバッハ ランドレー / MAYBACH Landaulet 」
警察が導入するデジタルカメラはパナソニックに。 海上保安庁は既にデジカメを導入
Adobeはユーザー無視の拝金主義か?



日記 | 2010.08.27 [EDIT]

SB-900の前面パネルが溶けた件

以前書いたエントリーのSB-900ですが、本日、ニコンへ修理に出しました。

修理されて戻って来たわけではないので、原因はまだ解明されていませんが、NPSの方が言うには、ヘッドのズーム位置が定位置よりも前にせり出している。とのこと。

確かに、正常なSB-900のズームをワイド側にした時に比べると、数ミリ程度だと思いますが、前にせり出している様に見えました。

故障した後に、ズーム位置が前に出て固まったのか、故障する前からワイド側のズーム端を越えて、前にせり出していたのかは不明。


通常、連続発光することによって、発光管が壊れることはあっても、前面パネルが溶ける事例は聞いたことが無いと言う。

SB-800で溶ける?ことはあったようですが、今回のような気泡が出来るのではなく黒く変色するのだとか。


う~~ん。

今回の故障はナゾですね~。

故障から帰ってきたら、また詳細をUPしたいと思います。



カメラ関係 | 2009.12.18 [EDIT]

ニコンのスピードライトSB-900のフラッシュヘッドの前面パネルが焼けて気泡が発生

【注意】
・以下の故障は私がニコンの説明書に書かれている
注意事項を無視したことによって発生したものであり、ニコンの注意事項を守っていれば発生しない現象です。

よって、ニコンの製品を説明書通りに使わないと、以下のような現象が発生する可能性があるかも。と言う注意でございます。

SB-900の基本性能は素晴らしいものがあり、圧倒的なユーザー支持を得ているものと思いますが、連続発光を多用される方は以下のことに気を付けた方が良いかと思います。

追記:修理出しました。詳しくはこちら


うわ~~~。綺麗な気泡だなぁ!!!!



って、これ何の気泡だかお分かりでしょうか?
タイトルに書いてしまったのでモロバレ(笑)

SB-900のフラッシュヘッド部分の前面パネルです。

でも、こうしてマクロ撮影すると綺麗ですね~~って言ってる場合じゃないか(~_~;)


スピードライトSB-900の加熱 過熱防止機能をOFFにして使用し続けた結果がこの気泡の発生です。

この気泡が出来ても発光はするのですが、ズーム機能は使えなくなりました。





以前から、SB-900は加熱防止機能が付いていて、そのリミッターが邪魔をして仕事の実用面では困ることが多いので、使い始めた当初から加熱防止機能はOFFにして使ってきました。

ニコンの説明書には、加熱 過熱防止機能をOFFにしても、温度警告アイコンが出たら
・発光を止め、発光部を自然冷却してください。

と書かれています。





そして、連続発光時のご注意というページでは次のようにあります。

----------------------------------------------------------------
SB-900の加熱過熱と劣化を防ぐため、連続発光は下の「連続発光の制限回数」でいったん止め、10分以上、発光部を自然冷却してください。」

・マニュアル発光(光量:M1/1、M1/2)・・・15回以下
・マニュアル発光(光量:M1/4~M1/128)・・・40回以下

----------------------------------------------------------------


上記の注意を破ると・・・





カメラ関係 | 2009.12.16 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ