Photoshopでチャンネルを使用してマスクを作って画像補正(レタッチ)することのメリット

写真のレタッチで大幅な改変?というか合成や切り抜きではない画像の色補正や明るさ補正をする場合ってマスクをどうやって作成していますか?

ベジェ曲線を上手く引ける方はペンツールを使ってマスクを作る方もいるでしょうし、自動選択範囲ツールなどを使って作る方もいますよね。
なんと行っても一番は「なげなわツール」だという方もいらっしゃるかと思います。

いずれにせよ、画像の調整を行う際にはどれだけ綺麗なマスクを作ることができるか。これがキモだと思います。
なげなわツールやペンツールなどを使ってマスクを作るのは多少の手間が必要です。それに選択範囲とそれ以外の境界線が処理によっては目立ってしまうこともあります。選択後にボカシを入れることでグラデーションにすることは可能ですが、そのグラデーションが反対に悪さをしてしまうケースもあります。

比較的なめらかに短時間でマスクが作れるものとしては「色域指定」があります。これは非常に便利で短時間にある程度使えるマスクを作ることが可能です。
ただ作成したマスクをみるとグラデーション部分が結構キツイんですよね。そのまま使用すると境界線が目立つ場合が多いです。仕方ないのでボカシを入れて使用するわけですが、これはこれで完全ではありません。

ということで、グラデーションが綺麗であり短時間で作れるマスクはチャンネルなんじゃないかと個人的には思うんですね。

チャンネルってウィンドウのチャンネルにあるレッドチャンネル、グリーンチャンネル、ブルーチャンネルのアレです。クイックマスクが収納されるチャンネルといった方がピンと来る方も多いかな。
チャンネルをCtrl(Command)を押しながら左クリックするとチャンネルの輝度を選択できます。それをマスクとして使用します。

ただ単に輝度を選択して使うだけだと用途が限られてしまうのですが、使い方によっては高彩度部分だけのマスクを作ったり、有彩色部分のマスクや無彩色部分のマスク、ハイライトとアンダー部分をマスクして中間調のみを違和感なく選択するマスクなんてのも作れます。もちろん赤系統や緑系統、青系統の部分を境界線が目立たないように選択するマスクも作れます。

画像処理を短時間で終わらせるために試行錯誤にてチャンネルマスクを作って使用しているのですが、多くの写真はアクションに収納したこれらのマスクで、ほぼ事足ります。

マスク切るのが面倒だなという方は、ぜひチャンネルマスクにチャレンジしてみて下さい。
時間があるときに、このブログでもその一部をご紹介できればなぁと思っています。



AIを使った写真のノイズ除去技術が凄すぎて意味わからない

画像処理ソフトを使ったノイズ除去とかレタッチで何とか良くするとか、そういったレベルとは異次元のノイズ除去技術っぽいです。

「全層畳み込みネットワーク(Fully Convolution Network)」を使って写真のノイズ除去をする技術を米国のイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校とIntel Labsの研究者らが発表したことをpetapixelで知りました。
9日には記事になっていましたのでご存知の方もいらっしゃるかも。

技術的な部分に関しては全く分からないので、詳しい内容を読みたい方はこちらのPDF(英文)を読んでみて下さい。
私に分かるのはスゲーAI技術が発表されたってぐらい^^;

私がなんとなく理解した中で言えるとすれば、5094枚の短時間露光画像と、それに対となる5094枚の長時間露光画像を使って学習させたらしいです。

この画像を使って機械学習させた結果が驚くようなノイズ除去技術になっています。
これが実際にどの程度汎用可能なのかは分かりませんが、条件さえそろえば凄いことになってます。

下の画像左側がFuji X-T2で撮影した元画像。右側が処理された画像です。



こちらも同様にFuji X-T2で撮影した元画像をAdobe Camera RAWで現像したものが左。処理画像が右側です。




実際にどういう画像を使って学習されたかというと、





AIを使用した無料の画像拡大ソフトが本当に凄い!想像以上の写真に!

10月21日に公開され世界中で話題になっている画像拡大ソフト(Webアプリケーション)Let's Enhanceをご紹介します。

Let's Enhanceはニューラルネットワークを使用して画像拡大をするWebソフトです。


通常のソフトで行われている画像拡大と手法が異なり、最初にポートレートや風景、食品など画像種類やタイプを認識。その上でネットワークを使用し画像タイプごとに自然な画像拡大を実現。

使い方はサイトへアクセスしてPC内にある画像をドラッグ&ドロップするだけ。本当に簡単です。ダウンロードするにはFacebookアカウントなどを使用してログインする必要はあります。



Let's Enhanceに画像をアップロードすると即座に処理が開始され約2分程で画像処理が完了します。ただ世界的に取り上げらたこともあり混み合っている時には10分程度処理に時間がかかることもあります。

詳細は以下で。





DxO版「Nik Collection 2018 Edition」は2018年中頃にリリース!価格は?

画像処理のプラグインソフトとして多くのフォトグラファーから支持を受けている「Nik Collection」ですが、GoogleからDxOへと権利が移り来年の2018年中頃にパワーアップしてリリースされるのだそうです。

「Nik Collection」といえばレタッチソフトのプラグインソフトとして500ドルほどで販売されていた有料ソフトでしたがGoogleに買収され2016年からは無料公開されていました。



無料ということもあって多くのフォトグラファーがこのプラグインソフトを使っています。
ただグーグルが「Nik Collection」バージョンアップを止めてしまい現行バージョンが最終版となっていました。

そこへDxOが手を上げ「Nik Collection」に新たな命を吹き込んでくれるようです。
現在は無料で公開されていますが「Nik Collection 2018 Edition」が無料で公開されるのか有料になるかのアナウンスはありません。

ネット上では年80ドル程度で公開されるという話が出ていますが真偽の程は分かりません。
現在無料のものを一気に500ドルなどに引き上げることは難しいでしょうから、有料の場合は100ドル以下での公開というのは真実味はありますね。


現在公開されている無料バージョンはグーグルの以下のページからも現在DL可能です。
https://www.google.com/intl/ja/nikcollection/
今後はDxOのページのみに変更されるかもしれませんね。DxOのDLアドレスは以下のプレスリリースページにてメールアドレス登録するとアドレスが送られて来るようです。


DxOのNik Collectionプレスリリースページはこちら↓
メールアドレスを登録しておくと公開時には連絡がくるかと思います。

Homepage - Nik Collection by DxO



iPhone8/Plus/Xのカメラ性能を比較。大きな変化はXのみ!?

新型iPhoneのカメラスペックだけ見ると大きな変化が無いように感じますが、イメージセンサーは従来よりも大きく新しいものに進化いるとのこと。
画像処理エンジンも新しくなっているようで暗い場所でのAFが早くなり低ノイズ化も実現したとか。


ハードの面ではiPhoneXのみが変化があったようですね。
レンズが多少明るくなったのと望遠側のレンズにも手ぶれ補正が付きました。もともと手ぶれ補正って焦点距離が伸びたほうが必要なわけで望遠側に付いていないほうが疑問ですよね。

ソフトの面ではポートレイトライティングというのがiPhone 8PlusとiPhone Xに付きました。
今までのiPhoneだと顔認識はするもののピント合わせだけの機能でしたが、今回のポートレイトライティングが付いたことで顔認識機能が他のスマートフォンに追いついた感じを受けます。

ライティングは5種類。

  • 自然光
  • スタジオ照明
  • 輪郭強調照明
  • ステージ照明
  • ステージ照明(モノクロ)

それぞれの違いはiPhoneのサイトで確認してもらえればと思いますがベータ版ということで実際にはもう少し進化してくるんだと思います。
確かにそれぞれのポートレイトライティングを見ているともう少し何かが欲しい感じ。ベータ版が取れたバージョンが楽しみです。


iPhoneXは自撮りカメラにもポートレイトライティング機能が付いていたり望遠側に手ぶれ補正が付いていたり、レンズも少し明るかったりとカメラとしては最も性能は良さそうですが、顔認証システムの使い勝手が多少心配。

というのも発表会でのデモンストレーションでiPhone XのFace ID(顔認証)を副社長のクレイグ・フェデリギ氏が試した時にFace IDの認証に失敗しています。この失態を受けて「実はAppleが宣伝するほど、Face IDは完成されていないのではないか」という憶測が・・・。

顔認証と指紋認証の2つが付いていれば良いですが、顔認証だけですからね。セキュリティを高めすぎたことによる結果なのか・・・。
スマートに使えなければイライラすること必至ですからね。

個人的には今回買い換えのタイミングなので、どの端末にするか迷う所。


購入前の事前調べとしてスペック比較を作ったので載せておきます。

【プロセッサー】

  • iPhone7/7Plus・・・A10(64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ)
  • iPhone8/8Plus/X・・・A11(64ビットアーキテクチャ搭載A11 Bionicチップ ニューラルエンジン)

【コプロセッサー】

  • iPhone7/7Plus・・・M10
  • iPhone8/8Plus/X・・・M11

【iSightカメラ(背面カメラ)】

  • iPhone7/8・・・F1.8、6枚構成
  • iPhone7Plus/8Plus・・・広角:F1.8、望遠:F2.8 広角側のみ手ぶれ補正機能
  • iPhoneX・・・広角:F1.8、望遠:F2.4 広角と望遠レンズの両方に手ぶれ補正機能

【光学ズーム】

  • iPhone7/8・・・無し
  • iPhone7Plus/8Plus/X・・・2倍

【ポートレートライティング】

  • iPhone7/7Plus/8・・・無し
  • iPhone8Plus/X・・・ベータ版が実装 Xに関してはフロントカメラにも実装

【ディスプレイサイズ】

  • iPhone7/8・・・4.7インチ
  • iPhone7Plus/8Plus・・・5.5インチ
  • iPhoneX・・・5.8インチ

【Bluetooth】

  • iPhone7/7Plus・・・4.2
  • iPhone8/8Plus/X・・・5.0

【True Toneディスプレイ】

  • iPhone7/7Plus・・・☓
  • iPhone8/8Plus/X・・・◯

【認証方式】

  • iPhone7/7Plus/8/8Plus・・・指紋認証センサー
  • iPhoneX・・・顔認証センサー

携帯各社新型iPhone発表と同時に新プランなどを発表しました。
LINKを貼っておきます。


au、「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」、携帯電話機能が組み込まれた「Apple Watch Series 3」を9月22日より発売

"ソフトバンク"、最新のiPhoneが最大半額※になる「半額サポート for iPhone」を9月22日より提供開始 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

ドコモからのお知らせ : 「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」に適用されるキャンペーン等 | お知らせ | NTTドコモ



iPhone/iPod touch | 2017.09.15 [EDIT]

無料!誰でも簡単にポスターや雑誌などのデザインが作成できる「Canva」が日本語化

クラウド型グラフィックデザイン作成サービス「Canva」の日本語版が登場したとのこと。

公式プレスリリース

Internet Watchの記事を読むと8000種類以上のテンプレート、アイコンや写真など5万点以上の画像素材が用意されているのだとか。

ポスターや雑誌などのデザインカードを使ったり名刺を作ったりブログデザイン、Facebookのバナーなど色々なテンプレートがあるそうです。

早速使ってみましたが、たしかにテンプレートは多いですね~。テンプレートだけなら最近はスマホ内の画像を使って自動的にテンプレートに沿って自動的に配置してくれるアプリも結構ありますから使い勝手だけを言えばスマホのアプリのほうが簡単。

ただテンプレートの数やフォント数、そしてカスタマイズ性能から言ったら確実に「Canva」の方が良いですね。

デザインのイメージが欲しい時のネタ帳的にも使えるかも。

Facebookアカウントがあればログインは一瞬で可能ですので試しに使ってみても良いかと思いますよ~。

あと、気になったのはカメラマンに必要なスキル的な記事とか。Photographerとは言っても最近はレタッチも出来ないと仕事が・・・。確かにレタッチは昔で言えば焼きの技術にも通じるものがありますしね。

今更ながらの内容ですがご紹介。

無料で使えるクラウド型グラフィックデザイン作成サービス「Canva」が日本語化 オシャレなプレゼンスライドやSNSヘッダー画像、名刺など、ブラウザー上で簡単作成

クラウド型グラフィックデザイン作成サービス「Canva」の日本語版が登場した。プレゼンテーション用のスライド、SNS用のヘッダー画像、名刺、ポストカード、ポスター、賞状、商品ラベル、本などのデザインをウェブブラウザーまたはiOSアプリ上から簡単に行える。





New to Canva? Sign up!

カメラマンになるには 仕事内容と求められるスキル - Ameba News [アメーバニュース]

ニコン、デジタル一眼レフ「D7500」を6月9日に発売 D500譲りの画質性能を持つDXフォーマット新モデル

カメラが有効な入力手段に、「Google Lens」が拓くモバイルの可能性 (1) Google Lensで何ができるか

カメラのキタムラ、ネガフィルムをデータ化する「スマホ転送サービス」

Galaxy Note8、デュアルカメラに「3倍光学ズーム」機能を実装か - GGSOKU - ガジェット速報

The Korea Hearaldは16日(現地時間)、「Galaxy Note8」には、最大3倍の光学ズーム機能が搭載される見込みと報じています。 デュアルカメラ搭載機のコンセプト画像 業界観測筋によると、Galaxy Note8には、1200万画素の広角カメラと1300万画素の望遠カメラで構成されるデュアルカメラが搭載され、最大3倍の光学ズーム機能が実装される見通しとのことです。



SNS映えする写真の要素、色は?ポイントは「食」/テーマによって異なる人気色【スナップレイス調査】



人工知能を使った次世代画像補完技術はレベルが違いすぎる!これ凄いです。

人工知能というか正確に言えば更に発展したディープラーニングを使った画像補完技術が予想を上回るレベルになっています。
画像レタッチ?いやレタッチでも画像補正でもなく無から有を作り出す補完技術技術です。
畳み込みニューラルネットワークという技術を使っているようで、知り合いのプログラマーに畳み込みニューラルネットワークとはなんぞや?と聞いてみたのですが、聞いてもよく分かりませんでした^^;

とにかくディープラーニングの世界では囲碁や将棋だけでなく画像に関しての技術も凄いことになっています。

早稲田大学の飯塚里志助教の研究チームが開発した画像補完技術「Globally and Locally Consistent Image Completion」をご紹介します。


以下のキャプチャー画像を御覧ください。
元画像の中心部分を削除してデータ入力。画像は削除された部分を見事に補完して出力されています。
もちろん予測の補完データですので元画像と同じになる訳ではないのですが、違和感を感じさせない出力データになっています。




以下の数年前の補完技術と比べると一目瞭然です。
下の画像の左上が一部分を削除した入力画像。
2009年、2012年、2014年、2016年時点での画像補完ソフトでは違和感のある出力画像になっていることがわかります。
対して右下の新技術による出力画像は今までの技術とはまったくレベルが違うことが良くわかります。


一見簡単そうに見える木の欠如部分でも現状の技術はレベル差を感じます。
橋の欠如部分の補完に関しては圧倒的なレベル差です。



飯塚里志さんがTwitter上で動画をアップしてくれていますので、そちらを見ると更に凄さが分かります。




動画を見ると分かりますが、この技術を使うと人の顔まで予測反映させることが可能。
飯塚さんが非常に面白い実験をしてくれています。以下のTwitterです。





写真関係全般 | 2017.05.17 [EDIT]

10月1日から施行!モデルの写真をレタッチしたら絶対に明記しなくちゃいけない法律

何度か紹介した話ですが、ついに今年の10月1日から法律が施行されるとのフランスの官報がUPされましたので改めてご紹介してみます。

海外通信メディア等でも流れているので既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、フランスで出版やネット上での公開またはポスターやカタログなどで使用する写真において、その写真をレタッチ(画像修正)を行った場合はその旨明記しなければならない法律が10月1日から施行されます。

以前ブログで紹介した時には法律の内容だけでいつから施工されるのか明確では無かったのですが今月5日のフランスの官報にて10月1日からとの話が出ています。


2017年10月1日以降はモデルに施されたレタッチは書籍・雑誌等に明記しなくてはならないわけです。違反したら罰金取るよ!という罰則規定がついたものになります。強制力がありますね。


Photoshopなどのレタッチソフトが普及し一般化する中で、多くの写真はレタッチされたものです。しかしそれによって若者の健康被害等に繋がる可能性があるとして、この法律が作られたようです。

日本でもうわさ話程度で一部で話題になっていたのですが実際にそんなものが本当に法案になっているのか調べる必要があると思ったので詳細について調べてみました。

フランスの国民議会では若者の健康に関する話題が活発なようで今回の法律もその一環。

フランス語は出来ないのですが、国民議会の法律検索から今回話題になっているレタッチ明記の法律を見つけました。これがその文章です。
フランス語の翻訳は専門の方にお願いしました。



Code de la santé publique - Article L2133-2

上のキャプチャー画像はフランスの議会ページの法文の一部です。

以前、この法律案が提出された際にAFPでも記事を配信していたのですが、内容に関してはその時の記事概要が残っていたので抜粋してご紹介します。

法律を提出したのは国会議員50人。いわゆる議員立法というやつですね。

広告やファッション写真などに使われているデジタル加工した人物写真には " Photographie retouchée "と明記することを義務付ける法案です。つまりこの写真はレタッチしてありますと明記するということ。

これに違反した場合は3万7500ユーロ(約500万円)の罰金が課されます。


法律の翻訳は以下になります。

Article L2133-2
Créé par LOI n°2016-41 du 26 janvier 2016 - art. 19
Les photographies à usage commercial de mannequins, définis à l'article L. 7123-2 du code du travail, dont l'apparence corporelle a été modifiée par un logiciel de traitement d'image afin d'affiner ou d'épaissir la silhouette du mannequin doivent être accompagnées de la mention : " Photographie retouchée ".
モデル(労働法7123-2条の定義に従う)を商業利用する写真家は、実際より痩せて見えるように画像修正ソフトでモデルの外見をレタッチした場合、「レタッチ写真」と明記しなければならない。

Les modalités d'application et de contrôle permettant la mise en œuvre du premier alinéa du présent article sont déterminées par décret en Conseil d'Etat, pris après consultation de l'autorité de régulation professionnelle de la publicité et de l'Institut national de prévention et d'éducation pour la santé.
前項の施行に関する細則は、関連機関(広告規制機関、保健衛生教育機関)の助言に基づき国務院が発する政令において定める。

Le présent article entre en vigueur à la date de publication du décret mentionné au deuxième alinéa, et au plus tard le 1er janvier 2017.
本規定は、2017年1月1日、あるいは前条に定める政令(施行細則)が2017年1月1日より早く定められた場合はその制定日に発効する。

Le non-respect du présent article est puni de 37 500 € d'amende, le montant de cette amende pouvant être porté à 30 % des dépenses consacrées à la publicité.
本規定に違反した場合、広告費用の30%を上限とし、最高37,500ユーロの罰金が科される。




基本的には2017年10月1日から施行されるということですので現時点では " Photographie retouchée "と明記されたグラビア雑誌などは無いのでは?と思います。

そもそも、この法律が提出された理由はレタッチした写真は、実際にはあり得ないスタイルだったりする場合が多いのにそれが現実のものであるかのように錯覚させてしまうことが良くないというもの。「法案の目的は、ゆがめられた真実を正し、国民の健康を向上させるとともに消費者を保護することにある」というだそうです。

拒食症などがフランスで問題視されていることなどが背景にあるのだと思います。
最近の調査ではフランスで最高4万人が拒食症を患っていると推定されていて、うち10人に9人は女性や少女だといいます。(うち90%は12~20歳)

今回話題にしたレタッチ明記の法案と同時に痩せすぎモデルの雇用を禁止する法律も制定されています。この法律はフランス国内で働くモデルは政府が定めたBMIや健康状態をクリアしたことを証明した健康証明書を提示しなければならないことになっています。この基準に満たさないモデルを起用した会社は6カ月の禁固刑及び7万5000ユーロ(約990万円)の罰金が科せられる可能性があるとのことでレタッチ明記を違反したときよりも罰金が高いですね。それだけフランスでは拒食症が深刻なのでしょう。


レタッチといえば最近では日本でも芸能人である藤原紀香さんのレタッチ失敗写真が話題になりました。



アナログ感覚のカメラが続々登場! ネガフィルムやインスタントフィルムなどの人気が再来

アナログ的なカメラが人気ですね~。
1つはFUJIFILMが出した新型チェキ。ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」です。ハイブリッドとの名前通りインスタントフィルムで写真をカメラからプリントすることも可能だしデジタル保存も可能。まさにハイブリッド仕様です。
チェキの強みである「その場」でのプリントをデジタルデータを加工することによって自分好みにレタッチすることが可能とのこと。


デジタルだけどインスタントフィルムということでアナログ。


そしてアナログと言えばロモフラフィーから新しく発表された Simple Use Film Camera (レンズ付フィルム)も斬新というか何というか。


その昔流行った写ルンですの再来?
フィルム愛好者に人気と言われている Lomography Color Negative ISO 400(カラーネガフィルム)が装填してあるレンズ付きカメラです。


この Lomography Color Negative ISO 400(カラーネガ)が昔ながらのレトロ感が出るということで一部で大人気だそうです。ロモグラフィーがフィルムから作っているわけでなく、一部の噂ではKodak KodaColor VR 400 Plusと同じだとか。それをベースにしているとか言われています。


いずれにせよ、デジタルカメラがかなり進んで解像度競争などが一段落した今では、今度は原点回帰というか、低解像度で低画質のカメラに人気が集まるというのは面白いですね。


私は昔からピンホールカメラが好きで今でもたま~に撮影したりしますが、デジタルでは感じられない感動を得られます。


なのでロモのカメラやチェキ、そして擬似的なアナログ写真を作り出すInstagramのフィルターに多くの人が興味を持つ気持ちは良くわかります。
デジタルカメラしか使ったことがない世代の方には是非フィルムカメラやインスタントフィルムを一度経験してみたらいかがでしょうか?


"チェキ"史上初!多彩な画像の編集・加工機能を搭載 ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10(インスタックス スクエア エスキューテン)」新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

Lomography - 【新登場!】 ロモグラフィーの Simple Use Film Camera (レンズ付フィルム)

国内外の火山を撮影 写真家・宮武健仁さんにインタビュー

フェイスブック、カメラ機能拡充、「拡張現実」手軽に、スナップチャットに対抗





Nikon D7500が発表!価格は159,300円で8,000円分のクーポン付。気になるD7200との違いは? 

 D7500が発表されましたね。
2017年6月発売予定とのこと。
価格はニコンダイレクトで159,300円(税込)で8,000円分のクーポンプレゼント付きです。
新発売キャンペーンで折りたたみ傘とSDカード(16GB)も数量限定でプレゼントとのこと。

プレスリリースで発表している特徴は
・D500と同等の高画質を楽しめる高性能画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載
・最高約8コマ/秒で50コマ(14ビット記録のロスレス圧縮RAW)までの高速連続撮影
・鮮鋭感の高い映像表現を実現する4K UHD(3840×2160)動画撮影機能
・「180KピクセルRGBセンサー」による高精度なAFとAE
・優れた操作性と、薄型・軽量ボディーによる高い機動性
D7200と比べるとモニターがタッチパネル採用のチルト式3.2型画像モニターに変わっているのが一番見た目的には大きいですね。
中身としては画像処理エンジンがEXPEED 5へ進化。

D7200よりも総画素数は減っていますが画像エンジンも良くなっていますしCMOSセンサーも新しくなっていますから画素数は気にしなくてもいいでしょうね。
連射機能も8コマ/秒へと多くなっています。
動画は4K動画が可能となり動画撮影時には電子手ブレ補正がついているようです。
動画撮影時にも適用できるアクティブD-ライティングは地味に素晴らしい機能かも。

詳しくは以下のリンクでご確認を。
Nikon | ニュース | 報道資料:デジタル一眼レフカメラ「ニコン D7500」を発売

D7500-概要 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

D7500発売記念 プレゼントキャンペーン | ニコンイメージング

「D7500」と「D7200」の違い - フォトスク

プロダクトMovie

4K動画

| ホームへ | 次ページ