知ってました? JPEG画像でもLightroomを使うとここまでレタッチ出来るってこと!

デジタルカメラの画質をRAWにして撮影している方って結構多いんだと思います。

RAWデータって凄いですよね。
現像する前のデータですから画像をレタッチする時には劣化が少なくて調整しやすくて飛んでいると思っていたハイライト部分も実は残っていたりして・・・。

でもね~。

全部が全部RAWで撮影するのはデータ量の問題から敬遠しがち。
結局のところ私はほぼJPEGで撮影していたりします。

雑誌や知り合いなどからRAWデータの良さを聞いて、特に意識せずに修正するときに便利だから楽だからという点から特に考えもせずにRAWで撮影している人っていますか?

撮影するときには画質は絶対にRAWだよ!!!
な~んて方もいたりして。

そんな方にほんの少しだけ疑問を投げかけてみます。

本当にRAWデータでなくちゃダメ?RAWで撮影しなくても良いんじゃない????って^^;
魔法のツール「Lightroom」があればJPEG画像でも驚くほどの画像処理が可能です。


データサイズが大きくなって現像しなくちゃいけないRAWで撮影しなくてもJPEGの画像も結構楽しめますよってことを今回はお伝えしてみようと思います。



今回のエントリーを書くにあたって使った写真は上野動物園で撮影したシロクマくん。
水の中にいる動物ということでホワイトバランスやコントラストの調整がカメラ任せでは難しい被写体。

ガラス越しに撮影していることもあってコントラストは低くホワイトバランスもカメラが迷っているのか適切では無さそうです。

Nikon D700で撮影した下のJPEG写真をLightroomを使って補正していこうと思います。




以下に順を追って工程を載せていきます。




進化したのはローパスレスだけじゃない! 新型Nikon D7100 VS D7000の機能比較一覧・早見表



噂通り本日、Nikon D7100が発表となりました(^^♪
今回も自分のためにも比較一覧表を作成いたしました。

D7100の特徴の一例は
・51点のフォーカスポイントを採用(クロップ機能が追加)
・ローパスレスフィルター
・画像処理エンジンに最新の「EXPEED 3」搭載

・動画の録画最長時間が10分伸びて29分59秒・フレームレートも大きく変わりました。


新しい51点のフォーカスポイントは中央部の15点はクロスセンサーとして機能し、クロップした場合には撮影画面内のすべての範囲をフォーカスポイントがカバーするなど、操作性においても非常に素晴らしい出来になっているようです。

最近ではD7000の背面液晶が少し小さく感じて来ましたが、新型のD7100では一回り大きい背面液晶で、日中の撮影での視認性がさらに大きく向上したとのこと。

色々と気になるD7100ですが、ではD7000と何が違うの?という方のために比較一覧早見表を作りました。
購入の際の検討作業の時の一助になれば幸いです。

カメラ本体

D7000

D7100

発売日

2010年10月29日

2013年3月予定

最安価格

最安価格(税込):¥69,242
カカクコム調べ 2013/02/21現在

店頭予想価格14万円前後

有効画素数

1620万画素

2410万画素

撮像素子

23.6×15.6mmサイズCMOSセンサー
ニコンDXフォーマット

最新型
光学ローパスフィルターレス仕様
23.5×15.6mmサイズCMOSセンサー
ニコンDXフォーマット

記録画素数

4928×3264ピクセル(サイズL)
3696×2448ピクセル(サイズM)
2464×1632ピクセル(サイズS)

6000×4000ピクセル(サイズL)
4496×3000ピクセル(サイズM)
2992×2000ピクセル(サイズS)

画質モード

RAW 14ビット(圧縮)
JPEG-Baseline準拠
圧縮率(約):FINE/NORMAL/BASIC
RAWとJPEGの同時記録可能

RAW 12ビット/14ビット(圧縮)
JPEG-Baseline準拠
圧縮率(約):FINE/NORMAL/BASIC
RAWとJPEGの同時記録可能

記録媒体

SDメモリーカード
SDHCメモリーカード
SDXCメモリーカード

SDメモリーカード
SDHCメモリーカード
SDXCメモリーカード

連続撮影速度

最高約6コマ/秒

1/8000~30秒
(1/3ステップ、1/2ステップに変更可能)
Bulb、Time(別売のリモコン ML-L3使用)X250

最高約6コマ/秒(7コマ※)
1/8000~30秒
(1/3ステップ、1/2ステップに変更可能)
Bulb、Time、X250

※撮像範囲を[1.3×(18×12)]にした時7コマ/秒でシャッターが切れる。

ISO感度

ISO 100~6400(1/3、1/2ステップ)
ISO 6400に対し約0.3、0.5、0.7、1、2段(ISO 25600相当)の増感、感度自動制御が可能

ISO 100~6400(1/3、1/2ステップ)
ISO 6400に対し約0.3、0.5、0.7、1、2段(ISO 25600相当)の増感、感度自動制御が可能

測光方式

2016分割RGBセンサーによるTTL開放測光方式

2016分割RGBセンサーによるTTL開放測光方式

AF方式

TTL位相差検出方式:フォーカスポイント39点(うち、クロスタイプセンサー9点)


マルチCAM 4800DXオートフォーカスセンサーモジュールで検出、AF微調節可能、AF補助光(約0.5~3m)付

TTL位相差検出方式:フォーカスポイント51点(うち、クロスタイプセンサー15点、f/5.6超~f/8は中央1点)

アドバンストマルチCAM 3500DXオートフォーカスセンサーモジュールで検出、AF微調節可能、AF補助光(約0.5~3m)付


D7100はクロップ機能が付いており、1.3×クロップ画面だと下の画像のようにフォーカスエリアが全画面をカバーする。

画像処理エンジン

「EXPEED 2」

「EXPEED 3」

フラッシュ
調光方式

2016分割RGBセンサーによる以下のTTL調光制御

2016分割RGBセンサーによるTTL調光制御

動画機能
・記録画素数/フレームレート

[ビデオ出力]が[NTSC]の場合:
1920×1080(24p(23.976fps))
1280×720(30p(29.97fps))
1280×720(24p(23.976fps))
640×424(30p(29.97fps))

[ビデオ出力]が[PAL]の場合
1920×1080(24p(23.976fps))
1280×720(25p(25fps))
1280×720(24p(23.976fps))
640×424(25p(25fps))

・1920×1080
(60i(59.94fields/s)/50i(50fields/s)
(撮像範囲が[1.3×(18×12)]の場合のみ設定可能。センサー出力は、60iが約60コマ/秒、50iが約50コマ/秒。)

・1920×1080:30p/25p/24p
・1280×720:60p/50p


60p:59.94fps
50p:50fps
30p:29.97fps
25p:25fps
24p:23.976fps

最長記録時間

約20分

29分59秒

液晶モニター

3型低温ポリシリコンTFT液晶
約92万ドット(VGA)
バリアングル方式、視野角170°、視野率100%
明るさ調整可能

3.2型TFT液晶モニター
約122.9万ドット

(640×480×4=1,228,800)(VGA)
視野角約170°、視野率約100%、明るさ調整可能

電源

Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15

マルチパワーバッテリーパック MB-D11別売りをつけることが可能。

Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15

マルチパワーバッテリーパック MB-D15別売りをつけることが可能。

寸法(W×H×D)

約132×105×77 mm

約135.5×106.5×76mm

質量

約780 g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)

約690 g(本体のみ)

約765g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)

約675g(本体のみ)



【関連記事】

Nikon D7100 vs Nikon D5200 
D5200が激安なのに大健闘!


こちらも比較表を載せております。
D5200の優秀さに驚きです。(スペック上の話ですが)



ニコンイメージング「D7100」
http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d7100/index.htm


Nikon D5200の動画がD800よりも優れているというレビューがありました。

本当かなぁ~、と首を傾げてしまうような内容のレビューをアップしている海外のサイトがありました。
D5200とD800では値段の差が本当の意味で桁違いなんですけど^^;

日本のネット上でも話題になっていたのでソース元のサイトを覗いてみました。

気になるレビューをアップしたのはEOSHD.com

Is the cheap Nikon D5200 a better option than D800 for video? No moire & aliasing and good detail
The Nikon D5200 is equipped with a new Toshiba sensor and appears to outperform both the new full frame Nikon D600, Canon 6D and even the Nikon D800 when it comes to video.
It looks like newcomer Toshiba didn’t get the memo “All DSLRs must suffer from moire and aliasing in video mode”.


英語が苦手な私としてはGoogleの自動翻訳と英辞郎が頼みの綱なのですが、色々と駆使して読むとモアレが出にくい点とエイリアシングノイズが少なくディテールが優れていると書かれていました。

モアレが出にくいというのは分かりますが、エイリアシングノイズ???

動画を専門にしている方はご存知かもしれませんが、私のように静止画専門のカメラマンには聞きなれない言葉です^^;
こういう時は専門家ブログを頼るべし!ということで参考ブログを一部引用。

raitank blog
http://www.raitank.jp/

【以下引用】
● 5D MarkII の問題点1:エイリアシング(繰り返し雑音)

5D MarkII のフルサイズセンサーが受光する 5616x3744ピクセル=トータル 2,110万画素の絵は、HD 動画として記録される際には、1920x1080ピクセル=トータル 200万(2,073,600)画素に縮小しなくてはなりません。これを毎秒24コマ(あるいは30コマ)という高速なスピードで行う際の画像処理エンジンの負荷を減らすため、5D MarkII では「ライン・スキップ(線飛ばし)」、つまり単純な “間引き処理” で対処しています。絵の内容にかかわらず、ただひたすら走査線方向に1本記録して2本飛ばし、次の1本を記録してまた2本飛ばし… という方法で画像を縮小し、記録しているのです。

そしてこの処理速度優先の縮小により、建物の壁面などの規則正しいパターンをゆっくりとパンやティルトすると、フレームごとに輪郭線が間引かれて記録されなかったり、間引かれずに記録されたりするせいで、チラチラと目障りな偽解像が発生するのです。

http://www.raitank.jp/archives/4602


ほうほう。
非常に分かりやすい説明ですね。実際にどういったノイズなのか動画があれば良いのですが、とりあえずはノイズが出る原因やエイリアシングというものに付いて簡単に理解出来ました。

で、このエイリアシングとモアレがD600よりもD5200の方が少ないということらしいです。

ただ、この点以外にもD5200の優れている点として以下のようにも書かれていました。




ビルのガラスに反射する風景



同じ建物でも
朝と昼と夕方では違って見えるもの。

この建物はガラス部分が多いため
夕方には光が鏡面反射して夕日や空や周りの景色まで写り込んでいました。


実際に見えているよりも
画像処理で少し暗めにしていますが
光の演出によってこの建物だけが浮かび上がっていました。


同じ場所にず~~っと構えるなんて
最近は忙しくてメッキリしなくなりましたが
どんな場所でも時期や時間や天気によって雰囲気がガラッと変わるもの。

毎日どんな景色に出会えるか楽しみにしながら外出しています。


photo/写真 | 2013.01.29 [EDIT]

Adobe公式サイトでPhotoshop cs2が無料ダウンロード出来ると世界中で話題に!

追記

今回の無料ダウンロード騒動は、Adobeがアクティベーションエラー対策で公開したダウンロードならびにシリアルナンバー公開ページが、曲解されてフリーダウンロードとして広まってしまった事例のようです。
基本的にAdobeはCS2の対象ソフトを所有している人に対するサービスとして公開しているもので、それ以外の方に対するサービスでは無いとここで明記させて頂きます。


--------------------------------------------

Adobeの画像処理ソフトで有名なPhotoshop cs2が公式に無料でダウンロード出来るようになったとアメリカなどで話題になっていました。

Adobeが無料公開に踏み切ったのは、アクティベーションサーバの維持管理をやめたからだそうですが、それにしても太っ腹(・・;)

しかし、現在はあまりのアクセス集中の為かシステムメンテナンス中。システムが復活すればダウンロードは可能だと思います。

追記
システムメンテナンスから回復しダウンロード可能になっています!


http://www.adobe.com/cfusion/entitlement/index.cfm?loc=ja&e=cs2_downloads



Adobe's giving us all a late Christmas present. You can grab yourself a free, legitimate copy of Photoshop and the rest of the Creative Suite 2, right now, direct from Adobe. No catch.

Well, unless you think having an Adobe account is a catch. Anyway, apparently Adobe's tired of keeping the activation servers running to support legitimate installs of the 10-year-old CS2, so it's decided to just give it away. Sounds great to me.

Handy if all you need is a quick image editor, Photoshop CS2 will still do all the basic things, just not the new fancy smart ‘content aware‘ stuff. Free's free, so get over to Adobe.com and get downloading.
Photoshop全般 | 2013.01.08 [EDIT]

【気になるLink】 商品写真は撮影ではなくCG(バーチャル)な世界へ

Photography by Mike Mander | Fujifilm X-E1 - Night Shots
Fujifilm X-E1 - Night Shots November 2012 These are some initial night shots I've taken with my new ...
FUJIFILM X-E1の夜景撮影写真が大量にアップされています。しかし画像処理しているのでソース画像を見たい方には参考にならないかも。でも一足先に確認したい方はどうぞ。

商品写真はバーチャルの世界へ (1/2) - インターネットコム
想像してほしい。あなたはお気に入りのインテリアショップのカタログを眺めている。ふかふかのカーペットから色鮮やかなカーテンまで、夢は広がるばかりだ。さて、そこであなたはお気づきだろか?そのカタログに掲載 ...
車のCMなどはCG制作が中心になってきていますが、その他の業界でもCG化への流れは加速しているんですね~。

【レポート】「写真とは記録ではなく記憶」、バッファローの「おもいでばこ」があたえてくれるスマート・デジタルフォト・ライフの世界 | 家電 | マイナビニュース
バッファローは15日、写真を家族で楽しむデジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」の発表会を行った。同製品は2011年11月に発売した「おもいでばこ PD-100」の後継機。今回は「PD-100S」と「 ...
これからは、パソコンでの管理よりも一般的にはこうした機器のほうが需要がありそう。新しい市場ですね。

写真が楽しく無料で学べる「カメラの学校」が「Eye-Fi」「ミイル(miil)」と共同イベント!『美味しい写真の学校』を豚組しゃぶ庵で開催
“お料理の写真を上手に撮れるようになりたい!”という方のために、「Eye-Fi」と「ミイル(miil)」共催による、『美味しい写真の学校』と題したお料理写真講座を開催します。 会場は、ソーシャルメディ ...
「カメラの学校」の存在を忘れていましたが色々とイベントも開催しているようです。初心者さんは「カメラの学校」ホームページもオススメです。

App Town エンターテインメント:iPhoneに話しかけて精神状態を判定――音声診断アプリ「Voice Aura」 - ITmedia Mobile
Voice Auraは、iPhoneに向かって5秒間発声すると取得した音声データを周波数に変換。周波数帯域ごとに円形表示する12色のカラー波形にはそれぞれ特徴があり、強く表れたカラーや、弱く表れたカラ ...
年末の忘年会アプリとして活躍するかも♪


【気になるLink】 ニコンのD600やD3200・D5200はソニー製の撮像素子センサーだったことが判明?

ニコンのD600に使わているセンサーがソニー製だということを突き止めた~~~!なんてことが話題になっています。

Nikon D600にSonyの「IMX128 24 Mp Image Sensor」が使われていることを突き止めたとのこと。
で、ソニーのセンサーはD600だけでなくD3200、D5200でも使われているのでは?という話でした。

詳しくは以下にリンクを貼ったNikon Rumorsの「Chipworks: Nikon D600 sensor made by Sony」という記事に詳しく書かれているのでお読み頂ければと思います。

上記リンクの記事ではD800のことは書かれていませんが、以前にもD800はソニーのセンサーとのことで盛り上がっていました。

カメラのセンサーがソニー製であってもニコン独自の開発だとしても、私の場合は株主では無いのであまり関係ないのですが・・・。

どこが作っていても、撮影する私としてはカメラの素晴らしさは変わらないので、問題無しです(笑)
センサーはソニーのものを使っていても、それを処理する画像処理エンジンが大事らしいですからね。

また最終的にはメカ的な部分が大半を占めるわけですから、センサーだけではカメラの真価は評価出来ません。

いずれにせよ、総合的な結果が良ければOKです。あくまで私の考え方ですが・・・^^;




Chipworks: Nikon D600 sensor made by Sony | Nikon Rumors
Chipworks confirmed that the IMX128L sensor inside the Nikon D600 camera is made by Sony (IMX markin ...
D600のセンサーがソニー製とのこと。おそらくD4やD3200・D5200もソニー製のセンサーを使っているのでは?とのことです。



Googleストリートビュー撮影で走り回っている自動車・自転車・手押し車の実物を目の前で見に日本科学未来館へ行ってきました - GIGAZINE
Googleが地図サービスを手がけてからの8年間の歴史が「日本科学未来館」で展示されています。ストリートビューを実際に撮影している車、自転車、手押し車などが展示されていて、間近でストリートビューを支え ...
Googleが主催者となって期間限定ですがGoogleのストリートビューに関わったクルマなどが「日本科学未来館」で展示されています。ストリートビューを実際に撮影している車、自転車、手押し車などが展示されていて、間近でストリートビューを支えている技術をまじまじと目にすることができるそうです。知らなかった!



被写体の"肌"をキレイにする技術を公開 - ペンタブレット×Photoshop動画 | クリエイティブ | マイナビニュース
ワコムは、クリエイター向けポータルサイト「reCreate」上にて、同社のペンタブレット「Intuos5」とアドビ システムズの写真編集ソフトウェア「Photoshop CS6」を使った写真加工のレク ...
ここ最近、色々と公開していますね(^^♪



App Town ソーシャルネットワーキング:録音した音声とテキストをTwitterに投稿――iPhone向け「ボイスdeツイート」 - ITmedia Mobile
アドバンスト・メディアが11月7日、iPhone向けアプリ「ボイスdeツイート」の提供を開始した。利用料金は無料。  同アプリでは、iPhoneに話しかけて作成したテキストと、録音した音声データをツ ...
確かに音声をTwitterに投稿するアプリって無かったかも。斬新ですが普及しなそうな気がするのは私だけ???



今日から始めるデジカメ撮影術:第158回 紅葉と彩りとピントの関係 (1/3) - ITmedia デジカメプラス
 秋といえば紅葉というのがもう定番中の定番。だけれども、見ごろはぐっと冷え込んで秋が深まったとき(というか初冬)にやってくるところが憎い。  では秋らしいなと感じたときに、きれいな紅葉を撮るにはどう ...
長期連載・今日から始めるデジカメ撮影術は今回で第158回!凄いですね~~~。


ニコンD5200が発表 D5100とスペック表で比較してみました!



D5200がニコンから発表されましたね(^^)
色々と特色があるようでしたので、気になる部分をスペック表でD5100と比べてみました。

大きく変化したのは以下の部分。

・カラーバリエーション対応でブラックの他にレッドとブロンズが発売
・画素数が大幅増加2410万画素に
・連続撮影数は秒5コマに向上
・測光方式が2016分割RGBセンサーによるTTL開放測光方式に変化し、おそらく調光性能が向上
・フォーカスポイントが39点に増加
・画像処理エンジン「EXPEED 3」搭載


まあ実際に使ってみないとわからない部分が多いですが、秒コマが増えたことと画像処理エンジンが「EXPEED 3」になったのは良いですね~。
動画機能も良くなっているようですし。

スペック表では出ていなかったのですがAFセンサーには「D7000」と同じマルチCAM4800DXオートフォーカスセンサーモジュールなるものが採用されているらしいので、AF速度はかなり早くなっているかも知れません。

カカクコムでの価格をD5100と比べると
D5100が4万円程度
D5200が8万円程度

倍近い価格差が。デジタルになってからは本当に下落が激しいですね~。


私がプライベートで使っているのはD5000でかなりの型落ちとなったので、新しいのを買おうかと検討中なのですが・・・。

カメラ本体

D5100

D5200

発売日

2011年4月21日

2012年12月予定

最安価格

最安価格(税込):¥39,999
カカクコム調べ 2012/11/6現在

最安価格(税込):¥80,800
カカクコム調べ 2012/11/6現在

カラーバリエーション

ブラック

ブラック/レッド/ブロンズの三色

有効画素数

1620万画素

2410万画素

撮像素子

23.6×15.6mmサイズCMOSセンサー
ニコンDXフォーマット

23.5×15.6mmサイズCMOSセンサー
ニコンDXフォーマット

記録画素数

4928×3264ピクセル(サイズL)
3696×2448ピクセル(サイズM)
2464×1632ピクセル(サイズS)

6000×4000ピクセル(サイズL)
4496×3000ピクセル(サイズM)
2992×2000ピクセル(サイズS)

画質モード

RAW 14ビット(圧縮)
JPEG-Baseline準拠
圧縮率(約):FINE/NORMAL/BASIC
RAWとJPEGの同時記録可能

RAW 14ビット(圧縮)
JPEG-Baseline準拠
圧縮率(約):FINE/NORMAL/BASIC
RAWとJPEGの同時記録可能

記録媒体

SDメモリーカード
SDHCメモリーカード
SDXCメモリーカード

SDメモリーカード
SDHCメモリーカード
SDXCメモリーカード

連続撮影速度

最高約4コマ/秒

(フォーカスモードがマニュアルフォーカス、撮影モードがS(シャッター優先オート)またはM(マニュアル)、1/250秒以上の高速シャッタースピード、その他が初期設定時)

最高約5コマ/秒

(フォーカスモードがマニュアルフォーカス、撮影モードがS(シャッター優先オート)またはM(マニュアル)、1/250秒以上の高速シャッタースピード、その他が初期設定時)

ISO感度

ISO 100~6400(1/3ステップ)
ISO 6400に対し約0.3、0.7、1、2段(ISO 25600相当)の増感、感度自動制御が可能

ISO 100~6400(1/3ステップ)
ISO 6400に対し約0.3、0.7、1、2段(ISO 25600相当)の増感、感度自動制御が可能

測光方式

420分割RGBセンサーによるTTL開放測光方式

2016分割RGBセンサーによるTTL開放測光方式

AF方式

TTL位相差検出方式:
フォーカスポイント11点
(うち、クロスタイプセンサー1点)

TTL位相差検出方式:
フォーカスポイント39点
(うち、クロスタイプセンサー9点)

画像処理エンジン

「EXPEED 2」

「EXPEED 3」

フラッシュ
調光方式

420分割RGBセンサーによるTTL調光制御

2016分割RGBセンサーによるTTL調光制御

動画機能

記録画素数/フレームレート:
1920×1080:30p/25p/24p
1280×720:30p/25p/24p
640×424:30p/25p

30pは[ビデオ出力]が[NTSC]の場合に選択可能
25pは[ビデオ出力]が[PAL]の場合に選択可能

最長記録時間:約20分

ファイル形式/圧縮方式:MOV/H.264/MPEG-4 AVC

録音:内蔵モノラルマイク、外部マイク使用可能(ステレオ録音)、マイク感度設定可能

記録画素数/フレームレート:
1920×1080(60i(59.94fields/s)/50i(50fields/s))
(センサー出力は、60iは約60コマ/秒(fps)、50iが約50コマ/秒(fps)です。)


1920×1080:30p/25p/24p
1280×720:60p/50p
640×424:30p/25p

60p:59.94fps
50p:50fps
30p:29.97fps
25p:25fps
24p:23.976fps

30p/60i/60pは[ビデオ出力]が[NTSC]の場合に選択可能
25p/50i/50pは[ビデオ出力]が[PAL]の場合に選択可能
標準/高画質選択可能

最長記録時間:約29分59秒

ファイル形式/圧縮方式:MOV/H.264/MPEG-4 AVC

録音:内蔵ステレオマイク、外部マイク使用可能(ステレオ録音)、マイク感度設定可能

液晶モニター

3型低温ポリシリコンTFT液晶
約92万ドット(VGA)
バリアングル方式、視野角170°、視野率100%
明るさ調整可能

3型TFT液晶モニター
約92万ドット(VGA)
バリアングル方式、視野角170°、視野率約100%
明るさ調整可能

電源

Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL14
ACアダプターEH-5a/5b(パワーコネクターEP-5Aと組み合わせて使用)(別売)

Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL14
ACアダプターEH-5b(パワーコネクターEP-5Aと組み合わせて使用)(別売)

寸法(W×H×D)

約128×97×79mm

約129.0×98.0×78.0mm

質量

約510g(本体のみ)/約560g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)

約505g(本体のみ)/約555g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)




銀塩写真の素晴らしさを再認識できる写真展「ゼラチンシルバーセッション」- Save The Film -

銀塩写真でしか表現できない写真の楽しさや面白さを広く知ってもらうプロジェクト「ゼラチンシルバーセッション」の6回目となる写真展が行われています。 テーマは「ベストプリント」

細江英公氏、本城直季氏、水越 武氏、森山大道氏などそうそうたるメンバー51名が参加されているそうです。

2012年10月01日(月) ─ 12年10月17日(水)
11時〜20時 ※最終日は19時まで
会期中無休

会場
AXIS Gallery 
106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4F

詳しくは以下のリンクからどうぞ。

Gelatin Silver Session 2012 - Save The Film - | ゼラチンシルバーセッション
今回で6回目となるのテーマは「ベストプリント」。 今年から人数も大幅に増え、国内外で注目を集めている写真家51名が「ベストプリント」をどのように捉え表現するか、ご期待ください。 また今年2月に亡くなら ...
13日の14時からトークセッションが行われます。


アドビ - 製品のアップデート
Lightroom 4.2アップデート 2012年10月2日 このアップデートは、機能の向上、Photoshop Lightrrom 4 の旧リリースで確認された問題の修正、サポートするカメラの機種の ...
LightroomとDNG Converterの最新版アップデートが公開されました。


【レポート】レタッチすると画像が壊れてしまうコンデジ画像をうまく修正する方法 | クリエイティブ | マイナビニュース
ワコムは、クリエイター向けセミナー「Wacom Creative Seminar Vol.11 for Photo Retouching」をベルサール新宿グランドで開催した。今回は、フォトグラファー兼 ...
先日公開された画像処理セミナーの第二部。中上級者向けセッションの内容です。


イーストマン・コダック社が、経営再建に向けた進捗を発表
 2012年9月28日、米国ニューヨーク州、ロチェスター発:イーストマン・コダック社(以下、コダック)は、本日、再建計画案を提出する排他的権利を2013年2月28日まで延長する申し立てを破産裁判所に行 ...
9月末にアメリカで発表されたものが日本語で公開されました。


「モナリザ」のモデル特定作業始まる(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース
500年ぶりの発見となるのでしょうか。レオナルド・ダヴィンチの名画「モナリザ」のモデルを特定する作業がイタリアで始まりました。  イタリア・フィレンツェの修道院で2日、16世紀に描かれたレオナルド・ ...
気になるような秘密として残しておいて欲しいような。


超デフレ状態! 恐ろしく低価格になった画像処理(レタッチ)サービスたち 

4~5年前、10ドル以下で写真のレタッチを行なってくれるサービスが海外で開始され市場を驚かせました。
それまでは1000円以下でプロの画像処理サービスを行なってくれるサービスは皆無だったのだと思います。

2009年初頭には百式さんでも『Tucia』 という8ドルで切抜きなどを行なってくれるアメリカの画像処理サービスを驚きの価格として紹介していました。
当時、画像処理が8ドルという価格は驚きの価格だったわけです。


それが今や・・・。
「切抜き」や「レタッチサービス」などで検索すると激安サービスが驚くほど出てきます。
最近ネット市場を賑わせたのが「美女フォト」と呼ばれるレタッチサービス。

「切抜きPhoto」というサービスを展開している株式会社DCアーカイブズが人物写真専門「美女フォト」というサービスを立ちあげました。
時代に受ける名称も相まって一気に広がったようです。(大量にプレスリリース配信をしたのも一因ですが・・・)



ちなみに株式会社DCアーカイブズの関連会社は素材辞典などで有名な株式会社データクラフトです。
破格になってきた画像処理サービス分野は基礎体力がある会社でないとこれからは持ちこたえられないかも知れませんね。


たまたま、Tuciaが現在どうなっているのか調べていたら、日本のサービスのほうが圧倒的に安くなっていて驚きました。
中国系の企業が50円程度で切抜きサービスを始めたと思ったら日本も追従して50円にしているわけですから・・・。これでは基礎体力のある企業でないと太刀打ちできませんね。

明るさの調整などは、iPhoneなどの無料アプリで簡単に出来る今の時代、簡単なレタッチでは仕事が成り立たなくなってきているのかも知れません。大量に受注がある会社は別ですが、今後は参入しても無理かもしれませんね。


一応、画像処理サービスを行なっているサイトを紹介しておきます。
大量に処理する必要がある場合などは楽かもしれませんね。


人物の写真修正・画像加工サービス「美女フォト」
美女フォトは、人物のレタッチに特化した人物専門写真修正サービスです。 多くのフォトブランドの画像処理や広告ビジュアル制作に携わってきた、プロの技術と経験をお手軽な価格でご提供いたします。 様々なシーン ...
一気に広まった人物レタッチサービス。戦略が上手い。

画像切り抜きパス制作サービス「切り抜きPHOTO」
広告、パンフレット、ウェブサイトなどの制作で写真を使用するときに発生するのが面倒な画像の切り抜き作業。時間ばかりがかかってしまってなかなか制作が進まない!そんな時は「切り抜きPHOTO」におまかせくだ ...
美女フォトの姉妹サイト。切抜きは初回無料でお試し出来る。

写真修正・画像加工サービス「デジタルフォトレタッチ」
印刷物やWebなどのあらゆるシーンで活用される写真。 プロのレタッチ技術を駆使し、様々な効果を付加することによって、写真の魅力を最大限に引き出し、クライアントが求めるハイクオリティなビジュアルを創り出 ...
こちらは株式会社DCアーカイブズの上位サービス。ハイレベルなレタッチサービスを請け負う。

写真修正・画像加工・合成専門店 | Remage[リメージ]
Remageの写真修正・加工サービスは、個人のお客様から、出版社、WEB制作業などの法人のお客様まで幅広くご利用いただいております。 ご依頼内容も、旅行のスナップ写真や結婚式の記念写真の補正、WEBサ ...
切抜きは50円~

画像切り抜き、加工、処理、作成|1点45円~
画像切り抜きは、画像複雑度、画像サイズ、作業要望によって異なります。 先ずは、下の「無料お見積りフォーム」をご利用の上、お気軽にご相談ください。 納期をお急ぎの場合は、メールまたは電話にてお問い合わせ ...
切抜きが驚きの45円。

早い安い高品質!写真修正・画像修正の定番サイト Motto[モット]
写真修正・画像加工サービスMotto(モット)は、 ネットで買い物をする感覚で写真の修整や加工の注文ができるサービスです。 クレジットカード決済・webマネー決済にも対応しておりますので、 余計な手数 ...
明るさ調整などは100円~

写真のトラブルおまかせください フォトレタッチサービス|デジカメプリント、写真現像はカメラのキタムラへ
アングルは、バッチリ決まっているのに、暗すぎたり、隅っこに余計なものが写っていたり・・・失敗したとあきらめる前に。 プリント専門店ならではの補正サービス。プロのスタッフが丁寧に早く補正するので、安心し ...
カメラのキタムラさんのフォトレタッチサービス。最低価格は500円(明るさ調整)

Tucia Japan: オンライン写真処理|オンライン ディジタル写真処理|プロの写真処理サービス
数年前に8ドルだった最低価格は600円に値下げ


| ホームへ | 次ページ