Nikon D850でのフィルムデジタイズアダプター ES-2の使い方レビュー 

先月発売されたフィルムデジタイズアダプター「ES-2」が手に入ったので使い方をざっと書いていきたいと思います。
ES-2はネガフィルムやポジフィルムをデジタルデータに手軽に変換できる製品。特にニコンのデジタル一眼レフカメラD850を使用することで本領発揮します。ネガフィルムもカメラ内でポジ変換してくれます!


このES-2は発売されてから非常に話題になって使っている人が既に多いのかな?と思ったのですがネット上ではまだあまり使い方含めて情報が出ていなかったので簡単にレビュー書いておきます。

というのも話題性はあるものの、D850での使い方の詳細がちょっと分かりにくい。ES-2本体の取扱説明書にもD850のフィルムデジタイズ機能の説明は一切書いてありません。D850の取説P51~P52に少し書かれているのですがES-2がまだ発売される前なので若干説明が足りない部分があるように感じます。

非常に素晴らしい製品だけにもったいない。
ES-2キットに入っているものは白い拡散板の付いたES-2本体とレンズアダプター2つ。そしてストリップフィルムホルダーとスライドマウントホルダーの5つになります。


上の写真はキット5点に加えD850本体とマクロ60mm f/2.8G EDレンズの7点になります。

キットそれぞれは以下の説明になります。
ES-2の説明書にレンズ名や説明文字を付加させたものになります。



ES-2で使用推奨しているレンズは以下の三本になります。

  • AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED (62mm用アダプターAを使用して装着)
  • AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D (62mm用アダプターBを使用して装着)
  • AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G (本体に直接装着)


もちろん上記レンズ以外でもマクロレンズであればシグマやタムロンのレンズでも最短撮影距離をクリアしていれば使用可能だと思いますがフィルターサイズが違うと装着できません。もしもお持ちのマクロレンズのフィルターサイズが62mmもしくは52mmでない場合、ステップアップリングやステップダウンリングを使って使用することになりますね。


実際に装着すると以下のような感じになります。





「Insta360 ONE」VS「RICOH Theta V」や日食の撮影で壊されたカメラ写真集など

来ましたね~。「Insta360 ONE」と「RICOH Theta V」の発売が!
個人的にはずっとRICOH Thetaを使い続けているので他の360度カメラがどうなっているのか気になる所。

スペック的には「Insta360 ONE」が勝っているように感じますよね~。かなり次に購入する360度カメラは「Insta360 ONE」に傾いているのですが、比較動画を見てみるとスペックだけでは決められない気になってきました。

下に貼ったYouTubeの動画は「Insta360 ONE」と「RICOH Theta V」を比べているものなのですが、スペックでは「Insta360 ONE」が勝っているものの実際の静止画などを見るとステッチが荒くて解像度もそれほどでも無いように感じます。

やはり「RICOH Theta V」は改良を加え続けれてきている分だけスペックに現れない素晴らしさが感じられます。
この動画を見てしまうと「Insta360 ONE」へ傾いていた心が少し戻ってきてしまうような・・・。

レンズではTHETAの方が明るいレンズを使っていますが静止画の場合は「Insta360 ONE」はRAWでも撮影できるしスペックも高い。ですがステッチ部分が荒い。ただ同じ条件下で両機を比べたわけではないので比較としては正確ではありません。

THETAもmicroSDカードに対応してくれればなぁ~と。Insta360の6軸手ブレ補正とかは非常に魅力的。2つの良いとこ取りみたいなカメラが欲しい!


あと、アメリカで話題だった日食で撮影していたカメラが沢山壊れてしまったケースが沢山あるのだとか。多くがNDフィルターを使わずに撮影したのが原因のようです。そりゃそうだよなぁ^^;
レンタル業者が公開したレンズやカメラなどが話題になっていました。そんなLINKも貼っておきます。



日食の撮影で壊されたカメラ写真集、レンタル業者が公開。100万円超の大玉も - Engadget Japanese

Google、ストリートビュー・カメラを高解像度にしてデータ収集にも活用 | TechCrunch Japan

4K動画対応になった「RICOH THETA V」ハンズオンレビュー

動画:Insta360 ONEはここが凄い、360撮影できるハイスピード自撮りカメラ徹底レビュー - Engadget Japanese

Sony a9 vs. Canon 1D X II vs. Nikon D5: A Flagship Camera Shootout

Facebook、歪んだ360度写真の修正機能を提供へ | TechCrunch Japan

Fake War Photographer Gets Exposed After Fooling the World



カメラ関係 | 2017.09.06 [EDIT]

iPhoneで花火を撮影してみた!ピントとISO感度に気をつければ結構綺麗に撮れる

   

上の写真は江東区の花火大会をデジタル一眼レフで撮影したもの^^;
それも比較明合成してます。

iPhoneなどのスマートフォンでここまで撮影するのは無理でも2回ほどチャレンジしたら何となく花火っぽく撮影できるようになりました。

下の写真がiPhoneでの撮影です。





iPhone/iPod touch | 2017.08.07 [EDIT]

アナログ感覚のカメラが続々登場! ネガフィルムやインスタントフィルムなどの人気が再来

アナログ的なカメラが人気ですね~。
1つはFUJIFILMが出した新型チェキ。ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」です。ハイブリッドとの名前通りインスタントフィルムで写真をカメラからプリントすることも可能だしデジタル保存も可能。まさにハイブリッド仕様です。
チェキの強みである「その場」でのプリントをデジタルデータを加工することによって自分好みにレタッチすることが可能とのこと。


デジタルだけどインスタントフィルムということでアナログ。


そしてアナログと言えばロモフラフィーから新しく発表された Simple Use Film Camera (レンズ付フィルム)も斬新というか何というか。


その昔流行った写ルンですの再来?
フィルム愛好者に人気と言われている Lomography Color Negative ISO 400(カラーネガフィルム)が装填してあるレンズ付きカメラです。


この Lomography Color Negative ISO 400(カラーネガ)が昔ながらのレトロ感が出るということで一部で大人気だそうです。ロモグラフィーがフィルムから作っているわけでなく、一部の噂ではKodak KodaColor VR 400 Plusと同じだとか。それをベースにしているとか言われています。


いずれにせよ、デジタルカメラがかなり進んで解像度競争などが一段落した今では、今度は原点回帰というか、低解像度で低画質のカメラに人気が集まるというのは面白いですね。


私は昔からピンホールカメラが好きで今でもたま~に撮影したりしますが、デジタルでは感じられない感動を得られます。


なのでロモのカメラやチェキ、そして擬似的なアナログ写真を作り出すInstagramのフィルターに多くの人が興味を持つ気持ちは良くわかります。
デジタルカメラしか使ったことがない世代の方には是非フィルムカメラやインスタントフィルムを一度経験してみたらいかがでしょうか?


"チェキ"史上初!多彩な画像の編集・加工機能を搭載 ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10(インスタックス スクエア エスキューテン)」新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

Lomography - 【新登場!】 ロモグラフィーの Simple Use Film Camera (レンズ付フィルム)

国内外の火山を撮影 写真家・宮武健仁さんにインタビュー

フェイスブック、カメラ機能拡充、「拡張現実」手軽に、スナップチャットに対抗





Adobeが公開した自撮り写真の加工動画やAppleの新しい動画作成アプリ「Clips(クリップス)」など

先週末に公開された写真関連ネタですが、AdobeがYouTubeに公開した自撮り撮影加工動画が話題になっています。
Adobeが将来行われるであろう自撮り風景を動画にしたものですが、これが凄い。もちろん現在まったく同じことが行えるアプリが公開されている訳ではありませんが、こういったアプリの登場は時間の問題かもしれません。

何が凄いかは動画を見てのお楽しみ。

他にはAppleの新しい動画作成アプリ「Clips」(クリップス)が話題になっています。1つの動画の中で別々のフィルターが使用可能だったりテロップの入力や吹き出しの入力も簡単に行えたりと慣れれば色々と面白い動画が作れるのかもしれません。写真から動画を作ったり動画編集をiPhoneで行ったりしている方は試してみると良いかもしれません。

個人的に一番驚いたのはスカイプのリアルタイム音声翻訳機能です。後半に動画を載せておきました。使えば使うほど賢くなるらしくあと10年もすれば商談や会談など公式な場面以外では通訳が必要なくなる???まあそれは無いか・・・。

写真の一部だけのカラーを残してモノクロ化するアプリが無料とのこと。先ほど見てみたら4/9時点ではまだ無料でした。一応リンク貼っておきます。





写真はますます頭脳的になる!電通デザイントーク【前編】 | AdverTimes(アドタイ)

フィルムへの回帰が起きている 菅付:2010年代の写真はデジタルの浸透によって、2つの領域で大きな変化が起きています。まず1つ目は「写す道具のデジタル化」、そして2つ目は「見せるメディアのデジタル化」です。写す道具のデジタル化は、なんといってもスマートフォンが象徴的です。iPhoneだけを見ても、半年前の統計では世界で約10億台が売れています。スマートフォンにはカメラが付いており、ほとんどの人が常時、カメラを持って生活しているわけです。



360度カメラ全方位チェック--VR時代のカメラ選び【動画画質比較編】



最速レビュー:iPhoneでの動画作成を"作業"ではなく"楽しい"にする「Clips」は一刻も早く使うべき




Clips App Store

Clipsは、愉快で面白いビデオクリップを手軽に作成して世界中の友人や家族と共有するための新しいAppです。数回タップするだけで、ビデオメッセージを簡単に作成・送信ができ、アニメーションテキストやグラフィックや絵文字やミュージックなどを入れたストーリーも作れます。




240円→無料!自由にアクセントカラーだけ残して全体をモノクロにするカラースプラッシュ写真が作れるアプリ「Depello」ほか




VR映像の撮影現場レポートや写真で見る東京の桜の開花状況など

東京は桜の開花宣言が早く満開になるのもスグかと思いきや開花宣言が出てから寒い日が続いてますね。
開花の進みは止まらないかと思いますがスピードは明らかに遅いです。
今週の土日に花見を予定している人達も多いはず。ウェザーニュースが写真を使って開花状況をまとめてくれていましたのでご紹介。

私は今週の土日は忙しくて花見どころでは無いので来週にかけて暇な時間を使って花見をしたいところ。駅から離れていて尚且つ車で行けない場所が若干穴場だったりするので今年はそういう場所を攻めてみようかと。

あとVRが段々と盛り上がってきています。VRに関しては一時期流行った3Dの立体映像関係とは違って医療現場や観光業そしてネット通販業界までもが注目している分野ですので着実に浸透してきそうな予感。 なによりアダルト関係との親和性もあってその点が普及に関してはキモなんじゃないかと。

結局はアダルト関係との親和性って結構需要が大きいですからね。
で、その分野のVR撮影現場のレポートが出ていましのでリンク貼っておきました。

その他カメラとは関係ないのですが、マスターディスティラー/マスターブレンダー・オブ・ザ・イヤーを受賞した世界一のウイスキーブレンダーの田中城太氏をフォトグラファーの湯浅さんが
交じり合うプロフェッショナルのこだわり _ For M にて撮影されていたのをFacebookで聞いていたので嬉しく思って関連リンクを貼っておきました。

 
田中城太さんはキリンビールのマスターブレンダーですが、キリンのウイスキーと言えば富士山麓!私もよく飲んでいます。美味しいですよね。コスパはとっても良いです。



【レポート】VR映像ってどうやって撮影されるの?グラドル星名美津紀の撮影現場に潜入 | インサイド 東京のお花見どう?写真で見る桜の開花状況 サムスンGalaxy S8の強みはカメラ性能 レンズの明るさはPixel以上

国際フィルターフォトコンテスト 2017-2018 開催のお知らせ

[株式会社ケンコー・トキナー]「フィルターを効果的に使用した写真」をテーマとするフォトコンテスト株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山中徹)はケンコー・トキナー創業60周年を記念し、「国際フィルターフォトコンテスト2017-2018

女優の太もも修正? カンヌ映画祭ポスターに批判の声 続きは以下へ



チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表

今年のアマゾンランキング大賞が発表になりましたね。
カメラ・ビデオカメラ部門を備忘録的にメモっておきました。

アフィリエイトの為の記事だと思われそうなので最初にAmazonアフィリエイトLINKは貼っていないことを明記しておきます。LINKは直リンクですのでご安心を。


総合ランキングでは、なんとチェキのフィルムが堂々の1位。
消耗品だから数が出ているのは理解できるのですが、こんなに売れているんですね~。凄い。同じ消耗品でもフィルムは一つもランクインしていないのは時代の流れですね。



Amazon ランキング大賞2016  カメラ・ビデオカメラ総合

(集計期間: 2015年11月16日~2016年11月13日)


以下が総合ランキングなんですが、気になったのは10位にランクインしたiPhone・各種スマートフォン対応 魚眼/広角/マクロ 3in1レンズ。 なんと価格が114円!!!
それも関東ならば配送料無料でした。いくら粗悪品でも114円で配送料もタダってのは実質無料みたいなものですね。
レビューを見ると使えない!オモチャだ!という書き込みが多いですが、そりゃ~~そーだろ。まともな製品を配送料無料で114円では売らないよなぁ。100均行くのだって手間かかるし・・・。

  1. FUJIFILM インスタントカメラ チェキ用フィルム 20枚入  ¥ 1,188
  2. Kenko レンズフィルター MC プロテクター NEO 58mm  ¥ 1,584
  3. HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック  ¥ 460
  4. 【Amazon.co.jp限定】 Fotopro 三脚 DIGI-204 GM 4段 小型 3WAY雲台 アルミ製 ¥ 1,752
  5. NASHICA 双眼鏡 SPIRIT 10×21 CR-IR-W ポロプリズム式 10倍 21口径 シルバー  ¥ 2,073
  6. Kenko レンズフィルター MC プロテクター NEO 52mm  ¥ 1,220
  7. Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット  ¥ 49,955
  8. Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター Canon EOS Kiss X7用  ¥ 688
  9. Nikon ニュートラルカラーフィルターNC 52mm  ¥ 1,492
  10. iPhone・各種スマートフォン対応 魚眼/広角/マクロ 3in1レンズ ブラック  ¥ 114
  11. Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7(ホワイト) ダブルレンズキット2  ¥ 52,031
  12. KING レンズクリーニングティッシュ 50枚入り 個装 ノンアルコール&ウェットタイプ  ¥ 486
  13. HAKUBA 自由雲台 BH-1¥ 854
  14. Bluetooth3.1 IOS Androidスマートフォン タブレットPC カメラシャッターリモコンコントロール ¥ 195
  15. RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ ¥ 37,300
  16. Smatree GoPro HERO4用 バッテリー2個+USBバッテリーチャージャー(3チャンネル充電器) ¥ 1,775
  17. Kenko 単眼鏡 7×18 7倍 18口径 対物フォーカスタイプ 軽量・コンパクト  ¥ 913
  18. SLIK 三脚 GX 6400 4段 レバーロック 21mmパイプ径 3ウェイ雲台 クイックシュー式  ¥ 3,136
  19. HAKUBA フィンガーストラップ フィンガーリングストラップ ブラック  ¥ 425
  20. Canon レンズフード EW-63C  ¥ 1,531


14位のBluetooth3.1 IOS Androidスマートフォン タブレットPC カメラシャッターリモコンコントロールってのも安くてネタ購入している人が多いのかも。でもこれは評価が結構まともですね。この価格でリモート撮影できるなら欲しいかも。


以下は部門別のランキングです。


デジタル一眼レフ部門

  1. Canon EOS Kiss X7 ダブルズームキット ¥51,000
  2. Canon EOS Kiss X7(ホワイト) ダブルレンズキット2 ¥52,031
  3. Canon EOS Kiss X7i レンズキット ¥62,394
  4. Canon EOS Kiss X7i トリプルズームキット ¥93,795
  5. Nikon D5500 ダブルズームキット ブラック  ¥83,721
  6. Nikon D5300 ダブルズームキット2 ブラック ¥61,299
  7. Canon EOS Kiss X7i ダブルズームキット ¥61,904
  8. Canon EOS Kiss X7 レンズキット ¥41,032
  9. Nikon D3300 ダブルズームキット2 ブラック  ¥52,890
  10. Nikon D5500 18-55 VRII レンズキット ブラック  ¥65,002

Kiss X7シリーズが圧勝ですね!まさに圧勝。
価格的なコストパフォーマンスが良いから売れている感じですね。ニコンの型落ち5300でも価格的には敵わないほど安くなっています。




ミラーレス一眼部門

  1. Canon EOS M2 ダブルレンズキット(ブラック)  ¥ 47,560
  2. Nikon Nikon1 J5 ダブルレンズキット シルバー  ¥ 53,825
  3. PENTAX Q-S1 ズームレンズキット  ¥ 26,180
  4. Panasonic DMC-GF7ダブルズームレンズキット  ¥ 50,547
  5. OLYMPUS PEN Lite E-PL6 EZレンズキット ホワイト  ¥ 59,800
  6. Canon ミ EOS M2 ダブルレンズキット (ベイブルー) ¥ 48,902
  7. PENTAX Q-S1 ズームレンズキット ピュアホワイト ¥ 26,180
  8. Panasonic GM1S レンズキット ブラウン  ¥ 48,800
  9. Panasonic ミ DMC-GF7ダブルズームレンズキット  ¥ 51,642
  10. PENTAX Q-S1 ズームレンズキット ブラック  ¥ 26,180



以下、コンパクトカメラとビデオカメラ(アクションカメラ含)に続きます。





カメラ関係 | 2016.12.02 [EDIT]

え?暗室を新たに建設した大学があるらしい。デジタル時代だからこそ生徒には大人気!

日本の大学では無いのですが、オーストラリアのビクトリア州のメルボルン近郊の都市のジーロングにあるディーキン大学のウォーターフロント・キャンパスに今年新しく暗室が建設されたそうです。

デジタル化がここまで進んでフィルムは廃れるばかり。フィルムの値段は上がり現像代を考えるとフィルム世代の方々もデジタルにほぼ移行したというのに、暗室を新建設とは!

暗室建設にも携わり暗室作業の講師も行っているダニエル・アームストロング氏によれば「90%はデジタルの内容だが暗室作業を通して写真の歴史を学ぶことは非常に重要だ」とのこと。

今のデジタル全盛期に暗室を建設とは大胆なことですが、暗室作業を行ってきた世代から考えるとデジタルカメラしか知らない世代にもフィルムの現像や暗室のプリント作業の楽しさや今のInstagramのフィルターなどはクロス現像や光線漏れ、使用期限の切れたフィルム使用の失敗などを参考に作られていることを知る良いきっかけかも知れません。


フィルム時代を経験している私もピンホール撮影は非常に大きな経験として残っています。あのピンホールで作品を撮り続けた期間は無駄では無かったと思います。

暗室が残っている大学はあるのでしょうが、新しくキャンパスを作る時に暗室を改めて建設する大学は少ないでしょうね。
写真を学ぶ上でコストはかかりますが非常に重要な経験をさせてくれる学生思いの大学があることに感動。
人気の講座はセレン調色だというですから本当に驚き!私はやったことないです^^;


写真が上手くなるかどうかは別としてもフィルムやピンホール、カメラもオートフォーカスではなくマニュアル機や大判などのカメラなども経験するとグッと世界が広がりますよね。

フィルムの持っている階調表現やプリント手法を学ぶことでPhotoshopやLightroomなどの作業も変わってくるはず。なんせ自然な処理が自然と出来てくるわけですから。

久しぶりにほっこりする話題でした。
海外の複数のサイトで詳細が書かれています。
LINKを貼っておきますので気になる方は流し読みしてみて下さい。



写真関係全般 | 2016.10.13 [EDIT]

【プレゼント企画】フォトグラファーに挑戦状 これが解けたらプロカメラマンレベルだ!

いつもとは少し違ったお遊び企画を作ってみました。もともとクロスワードパズルが好きなのもあって自作していたのですが、今回はスペシャルバージョンを用意しました。

回答のための"鍵"や"答え"に写真用語を沢山使ったフォトグラファーや写真好きの方々が楽しめる自作のクロスワードパズルです。
おそらくブログでは日本初?


フォトグラファー向けに作ったので一般の方には馴染みの無い言葉や鍵になっているかと思います。
ネットで検索すれば写真に興味の無い方でも解けるかも知れませんが拙blogに訪れて頂いている方々ならば検索しなくても解けるはず!?ですよね。

週末の暇な時にでもネットに頼らず自力で解けるか力試しに遊んでみてください。

ささやかなプレゼント企画も用意しています。
フォトグラファー向けのクロスワードパズルである上に比較的難しい問題です。応募者もそれほどの人数では無いと思いますので応募頂ければ当たる確率は結構高いかなぁ~と。

応募期間が終わっても珍しい分野のクロスワードパズルだと思いますので写真好きの方には是非楽しんで頂ければ幸いです。

詳細は最後に。






印刷用データ(JPG)
・A4サイズの紙に印刷できるように作成しています。(実際にクイズを解く際にお使い下さい)


ヨコの鍵 

  • 1、R=255 . G=0 . B=0
  • 2、ISO400のフィルムをISO100に設定して撮影したフィルムを現像する時にはこうします
  • 4、ASAとも言います
  • 6、可視光の吸収あるいは放出により物体に色を与える物質の総称
  • 7、CCフィルターなどはコレで作られているものが昔は主流でした
  • 9、外で撮影する場合はカメラにもレインカバーが必要
  • 11、アイランプとトレペを近づけて使う時にはコレに注意
  • 12、良いものを見ると構図などの勉強にもなります
  • 14、秋や春に綺麗な花を咲かせ多くの人が撮影します
  • 15、雑誌や新聞の総称
  • 17、ドライリハーサルはカメラ◯◯で行います
  • 18、カメラを固定して動体を連続撮影し動きが分かるように合成した写真のこと
  • 21、写真プリントやフィルムをデジタル化するのに便利な機器

タテの鍵

  • 1、引き伸ばし機を使ってプリントする場所
  • 2、刑事犯罪の現場で警察の鑑識は必ずコレの痕を撮影しておきます
  • 3、これが無いとフォトグラファーは成り立ちません
  • 4、コントラストAFよりも、このAFの方がピント合わせが速いです
  • 5、彼は写真界での○○だ
  • 7、上下左右の360度パノラマ写真が撮れる撮影装置を○天球カメラといいます
  • 8、ドローンで有名なDJIはこの国の製品です
  • 10、酢酸を薄めたもの
  • 11、天然色と言っていた時代も
  • 13、ISO感度を上げるほどコレが悪くなります
  • 14、湿板写真だった時代は撮影が大変でアメリカ南北戦争時代の従軍カメラマンたちはコレに感材などを積んでいたそうです
  • 16、昼近くから始めたレタッチ作業も没頭しているとテッペン近くのこの時間帯になっていることも
  • 19、フィルム時代のミニカメラの代表格はミノッ○○
  • 20、撮影機材のブームなどに使う重り袋にはコレを入れます




NikonのED非球面レンズ採用の新型24-70mmは逆光でのナノクリスタルコート効果が抜群だった。

当初であれば既に発売されている新型レンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRですが、某所でテスト撮影させて頂く機会があったので個人的な感想を。(既に銀座ニコンでも触れるそうです)
まだ未発売ですので作例画像は載せていません。



見た目は一回り大きくなっていて特に長くなっている印象を受けますが持った感じはしっくり来ますので大きさ的な違和感はありませんでした。
フードの大きさが現行品よりも小さくなっています。フードを装着すると新旧の長さの違いは相殺される感じです。


レンズ自体が大きくなっているのと同時にフィルター径が77mmから82mmに大きくなっています。これは少し驚き。
今まで主要なF2.8レンズは77mmで径が統一されてきたニコンです。

望遠系の主力レンズである70-200や80-400も77mm。
広角側の17-35や17-55などの主力レンズもフィルター系は77mmです。

ということは、いままで77mmだったレンズも新型になって登場する時には82mmになってくるのかな?と将来の予想をしてしまう変化です。


さて描写に関しての個人的な感想。





| ホームへ | 次ページ