デジタルカメラでの実践的なホワイトバランスの取り方

ホワイトバランスの本当の正しい取り方は、様々な先生方が書いた数多くの書籍に載っていると思いますので、非常識かも知れないけれど、実用的な反則技?を書いて見ます。




これは私の自己流なので、同じようにやって、色が出ない!とかのクレームはおやめ下さい(~_~;)
あくまでも、私の非常事態の自己流であることを明記しておきます。
ホワイトバランスの正しい取り方マニュアルではありませんのでお気をつけ下さい。


一応、簡単に正しいホワイトバランスのおさらいをしますが、グレーボードを使って(これも安いものではなく、マクベスのような個体差が無い高級品を使うことが良いとされていますが)被写体の位置にあわせて正しくプリセットをするか、グレーを写しこんで、あとで現像ソフト上にてグレーポイントをチェックして正しい色を出す。

まあ、簡単に書けばこんな感じだと思います。

しかし、実際はどうでしょうか?
私の仕事では、こんなことやってられないことが結構多いです。
そもそも、被写体の場所まで行けないことって無いですか?
スタジオならともかく、会見場だったり、劇場だったり、議会だったり、ホールだったり、室内競技場だったり。

被写体の場所まで行ける場合もあるでしょうが、行けない場合だって多々あります。


ホワイトバランスってデジタルカメラの設定で非常に重要な部分です。
私の場合ですが、基本的にはジャケットの内ポケットにグレーカードを入れてありますが、たまにジャケットを着替えたときなんかには、グレーカードを入れ替え忘れ、グレーカードが撮影現場で無い場合だってあります(笑) 特に夏はジャケット着ませんし・・・。

そんな時に役に立つのが

「白い紙」

それも、何か書いてある書類の紙だって構いません。
書類でも裏が白ければ良いんですが、両面印刷の紙しか無い時だってあります(~_~;)
それだって構いません。
元が白ければ良いんです。

だって、ホワイトバランスを取る時って、ピンとはあわせませんよね。
字が印刷してある紙だって、ピントをウンとずらせば白っぽくなります(笑)

こんなものでも結構ホワイトが取れるものです。(取らないよりはベターです)

ただし、白い紙をオーバーに撮ってしまうとエラーになるか正しいホワイトは取れませんので、若干アンダーで撮影してみてください。
(注意点としては、白い紙であっても、その紙に蛍光加工がしてあったりする場合には正確に取れない場合もあります。)



で、問題は白い紙は手元にあったとしても、被写体の場所まで行くことが必要になります。
しかし、先ほど書いたように被写体の場所まで行けないことも多々あります。


そんな時にどうすれば良いか。



カメラ関係 | 2013.09.02 [EDIT]

蛍光灯かぶり

あまり自然光の入らない部屋で、蛍光灯の定常光も使いながらストロボも使う。
こんな撮影が結構あります。

もちろんデジカメでの撮影です。

蛍光灯ってのは結構種類があって、蛍光灯の色味にストロボをあわせるのは面倒です。

昼光色(6500K)
昼白色(5000K)
白色(4200K)
温白色(3500K)
電球色(2800K)

通常使われる蛍光灯ってこんなにあるんですね。
今日の現場の蛍光灯は「ネオルミスーパー」という蛍光灯で白色蛍光灯。

製品名は終わってから確認したんですが、普通は確認なんてしません。


ストロボは場所によってはクリップオンストロボしか使えない場合もありますから、そんな場合は部屋全体にストロボ光をまわすことは出来ません。

クリップオンで撮影出来る程度、と割り切ってしまえば問題ないんですが、部屋の光とストロボとあわせたい時は、私の場合は二枚のフィルタを使うことが多いです。

上記の蛍光灯の色温度だけ見れば、色温度変換フィルタだけで良いと思う方もいるかも知れませんが、光の波長が太陽光とは違いますので色温度変換フィルタ以外にも、色味も変換させないといけません。

しかし、蛍光灯ではなく、タングステン光であれば、色温度変換フィルタをストロボにかぶせるだけでOKです。


今日は、ストロボヘッドに「LBA8」と「CCフィルタのGreen20」を二枚あわせて使いました。


これって、瞬間に蛍光灯の種類を見分けないと、どのフィルタを使ってよいか分からないので、結構しんどいです。

大体クリップオンで撮影する仕事なんてのは一瞬で撮影しなくちゃいけない場合が多いですから、いちいち蛍光灯の種類を調べたり出来ないですし。
私にとっては、勝手知ってる場所だけに適用するパターンです。


蛍光灯の定常光も使おうとすると、ポートレートの場合は鼻筋や肩の部分がグリーンカブリするんですよね。

全体的にカブル場合もありますが・・・。

なので、こんな感じでフィルタ使うこともたまにあります。


----------------------------
追記
・上記作業時には、カメラ側のホワイトバランスを、対象と同じ蛍光灯にしておくか、マニュアルプリセットをとっておきます。
カメラ側の蛍光灯の設定には、昼光色や白色など各種蛍光灯用に数種類ありますので、設定は間違えないようにしてください。
----------------------------



カメラ関係 | 2007.03.07 [EDIT]
| ホームへ |