電球や蛍光灯下でストロボを使っても色かぶりしない撮影手法 色温度変換フィルターやCCフィルターの効果的な使い方

今回はストロボ光と環境光の色温度などの色調を合わせる方法について詳しく書いていこうと思います。
でもゴメンナサイ。多分最初から最後まで読む方は多くて数人だと思います。結構長い長いエントリーになってしまいました。
今回の記事は途中で読むのを止めても普通だと思います^^;
本当に知りたい方だけ読んでみてください・・・。


平成生まれのカメラマンに光の色温度や色調に関して理解させるに色々と説明していたのですが、すんなり理解させるのが意外と難しいということが分かりまして・・・^^;
もしかして世の中の若手カメラマンは理解していない人が多いのでは?という観点から書いたものです。趣味で撮影されている多くの方々には興味のない話題かもしれません。あしからず。


そもそもナゼ環境光とストロボなど閃光の色を合わせる必要があるのか。

もう既にこのエントリーを読んでいる方は重要性について理解している人が多いかと思いますが念のため光の色を合わせることの意味を簡単に書いておきます。ご存知の方は読み飛ばし下さい。

光の色を合わせる重要性。それはカメラが複数の光の色に対して正しい処理を出来るほど高性能では無いからです。電球がメイン光となっている部屋でフラッシュを焚けば電球の光とストロボの光が混ざります。

この時、非常に狭い部屋であればストロボの光が部屋の隅々まで届くので問題に感じることは少ないかもしれませんが、大きなホールや結婚式場など広い会場では奥のほうまでストロボ光が届かずに、カメラの手前側はストロボ光の色となり奥のストロボの光が届かない場所は電球の色となります。

カメラのホワイトバランスは画面の部分ごとに設定することは出来ませんので電球光にホワイトバランスを合わせた場合にはフラッシュのあたった手前側は青くなってしまいます。反対にフラッシュ光の色に合わせて撮影すると光が届かない場所は黄色っぽくなります。

こういった現象を無くすためにもストロボ光を電球光や蛍光灯などの環境光に合わせて発光させることが重要です。


ここまでは多くの人が問題なく理解できることと思います。
で、次に重要なのが環境光、アンビエントライトやアベイラブルライトなどとも言いますが、その場所の光の質や色を知ることが大切になってきます。というか、その場所の光の特性が分からなければカメラのスピードライトのヘッド部分にどの色のフィルターを付けてよいかが分かりません。


正確に環境光を計測するにはセコニックのC-500やC-700のようなカラーメーターが必要です。
C-700スペクトロマスターであれば蛍光灯など特徴が異なる光源の分光分布曲線まで表示することが出来て本格的な光の特性を調べることが出来ますが、今回はあくまでカメラ側はプリセット設定やケルビン値設定などを行いフラッシュヘッドに最も適当と思えるフィルターを装着することを目的としているので、カラーメーターが無くとも問題ありません。



そこでもっとも簡単な定常光の測定方法を書いておこうと思います。
ハイアマチュアもしくはプロの方向けに書いているのでLightroomを持っているという大前提で話を進めます。
お持ちで無い方でもトライアル等で試せますのでご了承を。


今回環境光を計測するのに使った方法は次の手順です。

①RAWデータで撮影(現像時に色温度でケルビン表示されるため)
②カメラのホワイトバランス設定は晴天や太陽光などにする
③QPカードのようなグレーカードを被写体として撮影する


なんで、こんな面倒な手順を踏んだのかは後々説明しますが、ざっくり話すと①のRAWデータでの撮影に関してはRAWで撮影しないとLightroomで色温度表示されないから。
②の晴天にホワイトバランスを固定させたのはカメラの背面液晶で表示した時に太陽の基準値から比べてどの程度の違いがあるのか目で見て理解しやすいから。
③はグレーカードを入れておかないとホワイトを取得できないからです。

最初からプリ取って現像すればいいじゃんというのは、もっともな意見ですが今回に関しては理解度を深めるのに役に立たないとの独自の判断でスルーします。

冒頭から長くなってしまいましたが上記の3つを守って撮影した上でAdobeのLightroomを使えば光の色温度や色カブリに関して知ることが出来ます。

Lightroomで表示される色温度とメーカー純正の現像ソフトで表示される色温度には若干の誤差がありますがここではあえて問題視すること無く話を進めます。


下のキャプチャ画像。
白熱電球(アイランプ)の光を使って撮影したグレーカードです。


撮影後にスポイトツールでグレー部分をクリックすることで正しいホワイトバランスを設定してくれます。
ホワイトを設定したらLightroomの色温度表示と色かぶり補正に関して注目してみてください。

今回使用した白熱電球の色温度は3064ケルビンだということが分かります。
色カブリに関しては+2です。この程度は誤差の範囲と考えて良いので色かぶりは無しと考えて良いと思います。

太陽光と比べると異常なほど赤いというかイエローであることが分かります。
この感覚を知っておくことが大事だと思います。


今回のアイランプを使った環境光でストロボ光を使うにはフラッシュの光を3000~3100ケルビン程度にしてあげれば光はミックスしないことが分かります。色かぶりが無いので非常に簡単ですね。


とは言っても、え????
どうやってストロボの光を3100ケルビンにするの?という人もいるでしょうから徹底的に詳しく書いていこうと思います。

その前に、あなたの持っているスピードライトの色温度って何ケルビンか知ってます???
5500ケルビンと答えたアナタ!

それは本を鵜呑みにし過ぎかもしれませんよ。
では実際に計測してみましょう。





カメラ関係 | 2015.02.25 [EDIT]

6台!?ものストロボを体中に背負って撮影してもこれじゃ~シンクロ同調しないんじゃない?



ロケットニュース24で取り上げられていた写真^_^;
これはFacebookの環球膠報さんの写真アルバムに投稿されていた写真です。

なんでもコスプレのイベントで撮影している男性らしいのですが全身ストロボ状態(笑)
ネタとしては良いのかもしれませんが、これってちゃんと同調しているのか疑問。同調システムは無線じゃなくてストロボ本体の機能を使った赤外線でしょ?

狭い室内だったらメインのストロボが光ったのがバウンスして背後にあるストロボも同調して光るかも知れませんが、広いイベント会場では同調しないカットも結構ありそうな・・・^_^;

まあ、そんなことよりネタとしては最高のスタイルですね。真似をしたいとは思いませんが^_^;



バウンス出来ないストロボの場合はストロボの前にハンカチなどを被せると少し光が柔らかくなりますよ

カメラ雑誌を見て、バウンス撮影を覚えたものの実は自分の持っているストロボはヘッドが動かずバウンス出来ない!そんな人も居ると思います。昔の私がそうでした。
そんな時はあきらめずに、バウンスとはちょっと違う方法でストロボの光を柔らかくしてあげましょう。

ストロボの光る部分に、白いハンカチやティッシュなどをフワリと被せてみる方法がお手軽でオススメです。
ピッチリかぶせるのでは無くて、フワリと少し余計な空間が出来る程度に被せるのがコツ。

デジカメの場合は効果がモニタで確認ができるので、ハンカチの厚さを変えて何度かチャレンジしてみて下さい。
私が初めてこの方法を使った時はフィルム時代でしたので、ストロボの光量の調整がうまく行かずに、光が柔らかくなるとか以前に光量不足で真っ暗な写真になった苦い経験があります^_^;

20年近く前の話ですが・・・。

今ではスグに効果が分かるので楽しみながら色々とチャレンジしてみて下さい。
直接ストロボを当てるよりも光が柔らかくなりますよ(^^)



スピードライト・ストロボ関係

 スピードライト・ストロボ関係
スピードライトの個体差はどのぐらい?
クリップオンストロボでのバウンス撮影ノウハウ
SB-900の温度計(過熱防止機能)について
色温度を変化させるためのフィルター
撮影現場でSB-900の加熱防止機能が稼働
SB-900がやはり加熱
SB-900の異常プリ発光現象動画
SB-900の接点を掃除すると・・・
フラッシュヘッドの前面パネルが焼けて気泡が発生
SB-900の前面パネルが溶けた件
屋外でモノブロックが使える!ホンダの新型発電機
プロカメラマンの必需品 NISSINの充電式ストロボ用外部電源

ストロボ(フラッシュ)のディフューザー効果撮影を可視化して解説



ストロボ撮影に慣れてくると、やってみたくなるのがディフューズです。
ストロボの直接の光を拡散させて光を柔らかくする目的が主で使われる技法ですね。

ストロボ光が直接あたっている状態は光がだと、光の質が硬くなります。
そして後ろの影はシャープに出ます。

その光の質を柔らかくするのがディフューズ。
一番分かりやすい例えは「雲」です。

快晴の状態での影はハッキリしていますが、雲がある日の影はボヤけた感じになるか、影が出ませんよね。
それと同じ状態を人工的に作るわけです。


ダイレクト光とディフューズ光の違いの一例

ダイレクト光(ディフューズなし)の特徴
1.影が後ろに強く出る
2.コントラストが強過ぎる
3.周りが暗くなる


ディフューズ光の特徴
1.不自然な影がぼやけて目立たなくなる
2.全体のトーンが柔らかく自然な感じになる
3.周辺部も明るくなる




上の写真はストロボの光をアクリル板でディフューズしている状態です。
アクリル板によって光が拡散していることが分かります。

反対にアクリル版がない状態では、





ストロボのバウンス撮影による光の違い

ストロボ/フラッシュの使い方で難しいのがバウンスでの撮影です。
初心者の方はバウンス???
とハテナマークかも知れませんね。


バウンス撮影とはストボの光を何かにバウンドさせて被写体に当てることを言います。

そのバウンドさせる対象物は天井だったり壁面だったりとバウンド出来るものであれば何でもOKです。


言葉で説明しても分かりにくいでしょうから、今回も写真で解説しようと思います。

下はストロボを被写体に対して直接/ストレートに当てたものです。
カメラは縦位置で撮影しているので、カメラの左側にストロボが来ています。その結果被写体の右後に強い影が出ています。

この強い影が直接ストロボを当てた時の特徴です。






次に左側の壁面にストロボを当ててバウンスさせて見ました。





FC2ブログの拍手数の合計が5000を超えたのですが・・・。合計拍手数の記事別統計を希望!




昨日、FC2ブログの管理画面を見たら拍手の総合計が5000を超えていました。
拙ブログにひとつでも拍手をして頂いた方々に感謝です。

この拍手があったからブログを続けてこれたようなもの。
FC2ブログのサービスにも感謝です。


記事の数は1300程度ですから、平均して1記事につき4拍手程度頂いたことになるようです。
ありがとうございます。


でも、ひとつだけFC2ブログのサービスに要望が・・・。
「今日」「昨日」「過去7日」「過去30日」の4項目に関しては、拍手数の記事別統計が計測されていて、拍手数の多いものから順に表示することが可能なんですが、総合計に関しては拍手数の記事別統計が出ないんですね。

なので、ブログ全体としての拍手ランキングが分からないんです。
まあ、たいした記事を書いている訳ではないので問題ないのですが、個人的な楽しみとして表示されたら嬉しいなぁ~という感想を持っています。


今までのエントリー記事の中で、おそらく拍手数が多いのでは?と思えるものを下に書き出してみました。拍手数は昨日時点です。もっと多いものがあるかもしれないし、他のエントリーが隠れているかも知れませんが・・・。




ニコンの28-300レンズを使って実写画像で比較してみた。ワイド側は弱いか?「AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G」 88拍手

スゲー!!!!! 世界一の超高級車「マイバッハ ランドレー / MAYBACH Landaulet 」 68拍手


iPhoneからFC2ブログへ投稿/更新するのに「BlogWriter Lite」アプリを使ってみました。54拍手


ストロボの色温度を変化させるためのフィルター(自作です) 49拍手


フォトショップの使い方講座(中級) 演算を使った切抜きの方法 47拍手


Adobeはユーザー無視の拝金主義か? 44拍手


フォトショップの使い方講座(基礎) 切り抜きツールの解説 プリセットを作る 36拍手


水道水やホウレンソウを食べたことによる内部被爆について ベクレルとシーベルトの関係性 29拍手


Skypeの戦略に騙されるな!スカイプは禁断のアプリでは無い 27拍手


劇的に写真のノイズを除去する方法。コンポジット合成によるノイズ除去。フォトショップでも可能です 25拍手


プリンターの目詰まり解消!インクジェットプリンターのノズルクリーニング・顔料は結構時間がかかります 24拍手


超速報!ゲリラ豪雨情報!1分更新。「XバンドMPレーダ雨量観測」24拍手


☆激安ステディカム「Hague Mini Motion-Cam」にNikon D5000を装着して動画撮影 23拍手


フォトショップの使い方講座(実践編)車を切り抜いて風景に合成 22拍手


フォトショップの使い方講座 トーンジャンプの修復について 21拍手


ブログの写真から個人情報が筒抜け? 世界一受けたい授業で「プロファイリングの世界」21拍手


クリップオンストロボでのバウンス撮影ノウハウ Nikon SB-800をテストで使用 17拍手


フォトショップの使い方講座(基礎)レイヤーの描画モード・乗算で遊んでみる 17拍手


演色評価数・Ra100が必ずしも良いとは限らない!? 15拍手


インクジェットで出力したプリントの保護について 12拍手



クリップオンストロボでのバウンス撮影ノウハウ Nikon SB-800をテストで使用。

スピードライトでバウンス撮影される方は多いかと思います。
バウンスさせたほうが光が回りやすいですし、直接当てるよりも柔らかい光になりますよね。

でも、本当にストロボを使いこなせていますか?ちょっとしたコツでストロボ名人?になれますよ。

たまには手法を変えて問答形式で・・・(~_~;)

ところでバウンス撮影の方法ってご存知ですか?

壁に当てれば良いだけでしょ?

確かに何かに反射させるからバウンスなんだけど・・・
ストロボのヘッドの使い方で随分違ってくるんです。

え~?言っている意味が分からないよ~。

 実際に違いを見た方が早いですね。
 下の写真を見てもらえますか?
 これはストロボを発光させた瞬間を撮影したもの。





上の6枚の写真はどれも同じスピードライトを使っているんですよ。光の強さはどれも1/1のフル発光。
なんでこんなにも違うのだと思いますか?

これ全部同じ設定なの?どんなトリック使ったの?

いや(~_~;)
トリックでは無いのですが・・・。
この下で詳しく説明しますね。





カメラ関係 | 2010.12.26 [EDIT]

ニコンの噂。今度はD5000ですか(~_~;)

追記
詳細写真がUPされました。画像は下記エントリー。


「スウェーデンのニコンサイトにD5000の全方位からの写真がUP。 プレス用の写真ですかね?」


ニコンD5000は5月1日発売で84800円!? ソフマップにて・・・



上記のエントリーを書きましたが、気になる方はリンクから飛んで見てください。






最近、Nikonの噂には事欠かない日々が続いていますね。

こんどはエントリーモデルとしてD5000が出るとの噂が駆け巡っています。
たしかに、D40はもう作っていませんからね。ありえる噂です。(名称がD5000になるかどうかはあやしいですが・・・)

http://nikonrumors.com/でも噂として上がっています。

この中での話しによれば、D40やD60の後継の機種としてD5000というものが出るのではないかと書かれています。

ただ、性能的にはD90に匹敵するものとして期待が持てそうな内容です。ですが、D40やD60のようにAFの制限があって、昔のAFレンズは使えないだろうということだそうです。


様々な噂をまとめると、発表はPMAの可能性が高いようです。(最新の噂ではPMAでは出ないとか・・・詳細は下のほうで)

またD5000は回転する可動式液晶モニタを採用して1230万画素だとか。(噂)

あと、内蔵ストロボがバウンス可能になるとか。内蔵ストロボでバウンスが出来ても光量が低すぎて意味が無いような気がしますが、いちおう噂としてはあがっているようです。


発表はPMAでも、発売は、私の予想では3月かも。(出るとしたらです)


で、話を戻すようで恐縮ですが、3月3日の時点では、今度はPMAでは何の発表も無いだろうとの噂が出ております(~_~;)

http://www.photographybay.com/のサイトいわく、
----------------------------------------------------------------------------
I just confirmed from Nikon at PMA what we all were beginning to believe.

There will, in fact, be no new DSLRs from Nikon at PMA.

That means the rumors for the Nikon D5000, D65 and D400 were bogus rumors . . . as far as PMA releases are concerned.

We’ll be keeping the ears to the ground though for possible Summer 2009 DSLR releases.

As noted yesterday, Nikon is really pushing the success of the D700, among its other DSLRs.
-----------------------------------------------------------------------------

え~、つまりD5000もD400も、今ある噂はすべでデマであると・・・(笑)

何が本当なのかは分からない状態ですが、、、




3月には何かしらの発表があるという私の聞いた噂です。 噂ですよ(~_~;)



カメラ関係 | 2009.02.21 [EDIT]

ストロボの色温度を変化させるためのフィルター(自作です)

最近のストロボ(スピードライト)には、ホワイトバランスをとるために、ストロボ光の色(温度)変換用のフィルターが付属しているものがあります。

たとえば、ニコンのSB-800やSB-900を購入すると「SJ-1」・「SJ-3」というカラーフィルターが付属してきます。
(下の写真)
スピードライトカラーフィルターセット SJ-1

このフィルターは、

・蛍光灯用-2種類
・電球用-2種類
・青色
・黄色
・赤色
・肌色
の計8枚セットになっています。

蛍光灯と電球用が2種類あるのは、蛍光灯や電球によって色温度の違いがあるため、1種類ではカバーしきれいないために2種類になっています。


このフィルターの使い道をご存知ない方もいるかも知れませんので、簡単に説明しておきます。
----------------------------------------------------------------------------
以下簡略説明
・電球を使っている部屋でストロボを使うと、電球の光とストロボの光が混ざり合うことになります。
 (電球の光は、約3200Kほど。ストロボの光は約5500Kほどです。)
電球の光で灯されている環境光にストロボの光が勝てば、全体の部屋の光の色が均一になりやすいのですが、電球の光が強かったり、広い部屋の場合は、ストロボの光が隅々まで行き渡らなくて、ムラが生じたりする場合があります。
この時、ただ単にムラがおきるだけならまだ良いのですが、カメラのホワイトバランス機能が部屋の光の状態をうまく解析できずに変な色になってしまうことがあります。
また、ホールなどの広い場所では、手前側だけがホワイトバランスがほどよくとれて、奥のほうが強い黄色になることがあります。
これでも良いという方もいるのですが、全体的にホワイトバランスをあわせるためには、環境光にストロボの光をあわせることによって、全体の色温度が均一になりムラがなくなり、ホワイトバランスをあわせやすくなります。
電球の灯ったホールなどで、ニコン純正の電球用フィルターをつけて、カメラ側のホワイトバランスを電球にして撮影すると、その効果が分かると思います。

-----------------------------------------------------------------------------



最初、SB-800を購入したときにフィルターが付いているのを見て、やっとニコンも純正フィルターを出したか!と喜んだのですが、使ってみるとちょっと使いにくい。

SB-800の場合は、SB-900の時に採用されたカラーフィルターホルダーが付いていなかったので、フィルターを折って、前面の隙間に差し込むだけなのですぐに落ちてしまうし、あまり実用的ではありませんでした。

SB-900についているカラーフィルターホルダーについても使いやすいと言えるほどでは無いにしろ、改良の余地はあるかなと。


と、いうことで私は数年前からストロボ用のフィルターは自作しています。

非常に簡単な作りのもので、ロスコのエフェクト・コンバージョンフィルターをパウチしてマジックテープを付けているだけです。

下の写真はロスコのエフェクト・コンバージョンフィルターをパウチしてちょうど良い大きさにカットしたのものです。
nikon-ストロボ用-フィルタ_004.jpg

最初は、ゼラチンフィルター(色温度変換用)を使って作っていたのですが、高いので、ロスコのものに変えました。

ゼラチンフィルターの場合は色温度変換フィルターはLBフィルターで、アンバーの場合はLBA。ブルーの場合はLBBで数値によって濃度が変わってきますよね。

ロスコのエフェクト・コンバージョンフィルターの場合は、アンバーの時には「A」。ブルーの時には「B」で同じく数値によって濃度が変化します。

以下はコンバージョンフィルターの変換値です。

A-1 5500K→5000K
A-2 5500K→4500K
A-3 5500K→4000K
A-4 5500K→3600K
A-5 5500K→3200K

B-1 3200K→3300K
B-2 3200K→3500K
B-3 3200K→3900K
B-4 3200K→4300K
B-5 3200K→5000K
B-6 3200K→5500K

スチールの場合に良く使うのが、A-5だと思います。
ストロボ光を3200Kという一般的な電球色に変化させることが出来るからです。

ムービーの場合は、ライトが電球なので、室内で外光の入る場合にはB-3が通常の場合使われます。

話がそれましたが、上の写真の自作フィルターに100円ショップで買ってきたマジックテープを付けるとこのように変化します。

nikon-ストロボ用-フィルタ_002.jpg

nikon-ストロボ用-フィルタ_003.jpg

これは、電球色用にA-5を付けた自作フィルターですが、蛍光灯用に作ったものもあります。これはロスコのコンバージョンには無い色なので、CCフィルターを使っています。

nikon-ストロボ用-フィルタ_001.jpg


ニコン純正の物と比べて、パウチしてある関係上、非常に硬くコーティングされていますので、かなり荒っぽく使っても破れたりはしません。

また、マジックテープですので、取り付ければカメラを様々な角度に振っても外れることはありません。

ストロボに装着した感じはこんな感じです。

nikon-ストロボ用-フィルタ_005.jpg

で、このマジックテープの良い点は、ストロボのヘッド部分の上下左右の全てにマジックテープをつけておけば、縦にも装着できる点です。

こうすることによって、完全にアンバーに色温度を変化させたくない場合に役に立ちます。もちろんミックスさせる必要がありますので、バウンスさせることを前提にして使用します。

nikon-ストロボ用-フィルタ_006.jpg


同じように、蛍光灯の場合も同じように装着します。

nikon-ストロボ用-フィルタ_007.jpg


蛍光灯の場合は、蛍光灯の色が蛍光灯の種類によって様々違うので、数種類作ることも考えられますが、外光が入ったりする場合や、蛍光灯と電球のミックス光。または外光と蛍光灯と電球光のミックス光など、状況によってかなり変化があります。

電球光の場合は、ホールなど外光が入らない場所で使われる場合が多いのですが、蛍光灯が使われる状況と言うのは、電球光が使われる状況以上に様々な状況が想定されるので、純粋な蛍光灯の色にフィルターを合わせても結局実際にはあまり役に立たないことが多いのが現実です。

なので、私は、電球用と蛍光灯用の、この2種類だけで乗り切ることが多いです。

たとえば、電球用と蛍光灯用のフィルターを下のように使うこともあります。

nikon-ストロボ用-フィルタ_008.jpg

上の写真の場合は、蛍光灯と電球光のミックス光の場合や、蛍光灯の部屋だけれども、壁面が黄色だったりする場合に役に立ちます。

いずれにせよ、環境光にストロボ光をすばやく合わせることが、結構求められることが多いので、このように改良して使っています。

本当であれば、ストロボ光と環境光とのミックス光でもホワイトバランスが綺麗に取れれば問題ないのですが、N社の場合はストロボ(スピードライト)を室内で使用した場合のみ、上手くホワイトバランスが取れない場合が多く、今後の、より良い改良を望んでいます。



カメラ関係 | 2008.12.26 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ