デジタルカメラでの実践的なホワイトバランスの取り方

ホワイトバランスの本当の正しい取り方は、様々な先生方が書いた数多くの書籍に載っていると思いますので、非常識かも知れないけれど、実用的な反則技?を書いて見ます。




これは私の自己流なので、同じようにやって、色が出ない!とかのクレームはおやめ下さい(~_~;)
あくまでも、私の非常事態の自己流であることを明記しておきます。
ホワイトバランスの正しい取り方マニュアルではありませんのでお気をつけ下さい。


一応、簡単に正しいホワイトバランスのおさらいをしますが、グレーボードを使って(これも安いものではなく、マクベスのような個体差が無い高級品を使うことが良いとされていますが)被写体の位置にあわせて正しくプリセットをするか、グレーを写しこんで、あとで現像ソフト上にてグレーポイントをチェックして正しい色を出す。

まあ、簡単に書けばこんな感じだと思います。

しかし、実際はどうでしょうか?
私の仕事では、こんなことやってられないことが結構多いです。
そもそも、被写体の場所まで行けないことって無いですか?
スタジオならともかく、会見場だったり、劇場だったり、議会だったり、ホールだったり、室内競技場だったり。

被写体の場所まで行ける場合もあるでしょうが、行けない場合だって多々あります。


ホワイトバランスってデジタルカメラの設定で非常に重要な部分です。
私の場合ですが、基本的にはジャケットの内ポケットにグレーカードを入れてありますが、たまにジャケットを着替えたときなんかには、グレーカードを入れ替え忘れ、グレーカードが撮影現場で無い場合だってあります(笑) 特に夏はジャケット着ませんし・・・。

そんな時に役に立つのが

「白い紙」

それも、何か書いてある書類の紙だって構いません。
書類でも裏が白ければ良いんですが、両面印刷の紙しか無い時だってあります(~_~;)
それだって構いません。
元が白ければ良いんです。

だって、ホワイトバランスを取る時って、ピンとはあわせませんよね。
字が印刷してある紙だって、ピントをウンとずらせば白っぽくなります(笑)

こんなものでも結構ホワイトが取れるものです。(取らないよりはベターです)

ただし、白い紙をオーバーに撮ってしまうとエラーになるか正しいホワイトは取れませんので、若干アンダーで撮影してみてください。
(注意点としては、白い紙であっても、その紙に蛍光加工がしてあったりする場合には正確に取れない場合もあります。)



で、問題は白い紙は手元にあったとしても、被写体の場所まで行くことが必要になります。
しかし、先ほど書いたように被写体の場所まで行けないことも多々あります。


そんな時にどうすれば良いか。



カメラ関係 | 2013.09.02 [EDIT]

NISSINのストロボ用外部電源「パワーパックPS8」が劇的な進化を遂げていた!【CP+2013】

スピードライト(ストロボ)をフル発光させてもチャージ時間が1秒以内という脅威のチャージ速度を誇る外部バッテリーが新型になって登場です!



プロカメラマンならばお世話になっている方も多いかと思います。
マンガン積層電池の外部電源が無くなった今、バッテリー駆動のストロボ外部電源が一番チャージが早いです。

そのバッテリー駆動型の外部電源の筆頭がニッシンのパワーパック!
この外部電源をご存知無い方は以前に書いた以下の記事をご参考にして下さいね。


プロカメラマンの必需品 NISSINの充電式ストロボ用外部電源「パワーパックPS-300」
記者会見取材などに行くと使っているカメラマンが多いです。現在もっともプロカメラマンに信頼されていると思われるストロボのパワーパックがこの「パワーパックPS-300」 コネクタ部分がメタルになっているパ ...
NISSINのパワーパックの使い勝手や凄さなどのレビューです





で、以前のパワーパックps300は機能的には素晴らしいものの、中のバッテリーや配線がちょっと・・・^_^;
つまり外見は良いのですが、皮のケースを外すと見事に配線やバッテリーが剥き出し状態。
コードは無理な圧力が掛かって断線しそうな雰囲気でした。

こんな感じ(下の写真右)


しかし、今回発表された新型パワーパックPS8はマガジンタイプの改良型バッテリー採用です!
素晴らしい進化!ジャ~~~ン!


これで断線の心配がありません。実際に以前のバッテリーは断線の影響か充電できないことがありました。これで一安心です。
なおかつ価格も安くなったようです。


さらにおどろくべき点が、コレ!
   





カメラ関係 | 2013.01.31 [EDIT]

スピードライト・ストロボ関係

 スピードライト・ストロボ関係
スピードライトの個体差はどのぐらい?
クリップオンストロボでのバウンス撮影ノウハウ
SB-900の温度計(過熱防止機能)について
色温度を変化させるためのフィルター
撮影現場でSB-900の加熱防止機能が稼働
SB-900がやはり加熱
SB-900の異常プリ発光現象動画
SB-900の接点を掃除すると・・・
フラッシュヘッドの前面パネルが焼けて気泡が発生
SB-900の前面パネルが溶けた件
屋外でモノブロックが使える!ホンダの新型発電機
プロカメラマンの必需品 NISSINの充電式ストロボ用外部電源

Nikonのホットシューカバーは意外と良いかも!「アクセサリーシューカバー BS-2」

D3sから標準で付いているホットシューカバーがあるんですが、突然の雨や砂などの異物からカメラの接点を守るには結構良いと思うのでご紹介。

「アクセサリーシューカバー BS-2」

カメラボディーのホットシュー部分を覆ってくれるカバーです。

写真はD4の装着例ですが、もちろんD700やD3などにも装着できます。

ボディの形状に合わせて作られていると思いますので一番ピッタリくるのはD4なのかもしれませんが・・・


Nikonのホームページに行くと付属品として紹介されているのですが、ニコンダイレクトで注文しようとして、





カメラ関係 | 2012.07.02 [EDIT]

消しゴムの意外な使い方。 スピードライトとボディーの接点掃除に最適

スピードライトの接触が悪くなったときは皆さんどうされていますか?

接点の掃除を行えば大抵は解決することが多いですよね。
でも、接点の掃除ってどうやってます?


カメラのメンテナンスで意外と役に立つのが「砂消しゴム」というやつ。
特に接点を磨くのには研磨剤が入っているので最適です。
砂消しゴムといっても、あまり大きいものは接点には向きません。
ペン型になっている消しゴムは細い場所にも入り込むのでボディーのシュー部分にも使えます。


砂消しゴム+ペン型で検索すれば似たような商品は沢山出てきます。


で、実際のメンテナンスなんですが実はここでも落とし穴があったりします。
接点と言うと、





プロカメラマンの必需品 NISSINの充電式ストロボ用外部電源「パワーパックPS-300」

記者会見取材などに行くと使っているカメラマンが多いです。現在もっともプロカメラマンに信頼されていると思われるストロボのパワーパックがこの「パワーパックPS-300」
コネクタ部分がメタルになっているパワーパックプロ300 Nや400 Nなどもあります。

なお、メタルになっている300Nはメーカーの部品が無くなり次第生産中止とのことです。まだ先だとは思いますが、今後はPS300がメインになっていくようです。


これはコネクタ部分がプラスチック加工された新型の「パワーパックPS-300」
コネクタ部分がプラスチックでの一体成型になっているので雨にメタルコネクタよりも強いと思います。メタルの場合はコードを取り替えることが出来る仕様になっているのですがその分、隙間があるので接点に水がプラスチックよりも入りやすいかも知れません。

さて、この品をご存知無い方に一言で説明すると、ストロボのチャージがメチャクチャ早くなる充電式の外部電源です。
ニコンのSB-800とかだったらフル発光しても1秒以内でチャージします。


http://www.nissin-japan.com/jp/powerpackpro.html

使用できる主なストロボ:
580EX II、580EX、Di866、SB-900、SB-800、SK-6、AF540FGZ、AF500FTZ、PE-36Sなどなど。   

世界最速クラスのチャージ性能
●強力な昇圧能力を持つトランスを2個使用する独自のツイントランス回路を搭載。GN36(ISO100, 35mm)クラスのストロボを、
フル発光で約0.5~0.7秒で高速チャージ。

☆繰り返し使えるニッケル水素クラスター電池を使用。
●GN36(ISO100, 35mm)クラスのストロボに使用する場合、1回のフル充電で約300回のフル発光(PS-300,300N)が可能です。電池の充放電が約200回行える。

☆充電が手間いらずのニッケル水素クラスター電池

☆安定したチャージスピード
●使用開始後から徐々に電圧が下がる「積層電池」に対し、ニッケル水素電池は使用中は、ほぼ変わらない高電圧をキープする特性がありますので、安定したチャージスピードが得られる。

☆デュアルソケットにより2台のストロボを同時に昇圧可能。


この凄まじいパワーをもったパワーパックの実力を簡易テストしてみました。

私が一番知りたかったのは、説明書きにある、「1回のフル充電で約300回のフル発光」という部分。ニコンのスピードライトSB-800でフル発光を300回した時のチャージスピードはどの程度なのか。

通常使っていると良く分からない部分です。わざわざ回数を数えるわけでもないし・・・。
で、テストしてみたら驚くべき結果が。





クリップオンストロボでのバウンス撮影ノウハウ Nikon SB-800をテストで使用。

スピードライトでバウンス撮影される方は多いかと思います。
バウンスさせたほうが光が回りやすいですし、直接当てるよりも柔らかい光になりますよね。

でも、本当にストロボを使いこなせていますか?ちょっとしたコツでストロボ名人?になれますよ。

たまには手法を変えて問答形式で・・・(~_~;)

ところでバウンス撮影の方法ってご存知ですか?

壁に当てれば良いだけでしょ?

確かに何かに反射させるからバウンスなんだけど・・・
ストロボのヘッドの使い方で随分違ってくるんです。

え~?言っている意味が分からないよ~。

 実際に違いを見た方が早いですね。
 下の写真を見てもらえますか?
 これはストロボを発光させた瞬間を撮影したもの。





上の6枚の写真はどれも同じスピードライトを使っているんですよ。光の強さはどれも1/1のフル発光。
なんでこんなにも違うのだと思いますか?

これ全部同じ設定なの?どんなトリック使ったの?

いや(~_~;)
トリックでは無いのですが・・・。
この下で詳しく説明しますね。





カメラ関係 | 2010.12.26 [EDIT]

ニコンのスピードライトSB-900のフラッシュヘッドの前面パネルが焼けて気泡が発生

【注意】
・以下の故障は私がニコンの説明書に書かれている
注意事項を無視したことによって発生したものであり、ニコンの注意事項を守っていれば発生しない現象です。

よって、ニコンの製品を説明書通りに使わないと、以下のような現象が発生する可能性があるかも。と言う注意でございます。

SB-900の基本性能は素晴らしいものがあり、圧倒的なユーザー支持を得ているものと思いますが、連続発光を多用される方は以下のことに気を付けた方が良いかと思います。

追記:修理出しました。詳しくはこちら


うわ~~~。綺麗な気泡だなぁ!!!!



って、これ何の気泡だかお分かりでしょうか?
タイトルに書いてしまったのでモロバレ(笑)

SB-900のフラッシュヘッド部分の前面パネルです。

でも、こうしてマクロ撮影すると綺麗ですね~~って言ってる場合じゃないか(~_~;)


スピードライトSB-900の加熱 過熱防止機能をOFFにして使用し続けた結果がこの気泡の発生です。

この気泡が出来ても発光はするのですが、ズーム機能は使えなくなりました。





以前から、SB-900は加熱防止機能が付いていて、そのリミッターが邪魔をして仕事の実用面では困ることが多いので、使い始めた当初から加熱防止機能はOFFにして使ってきました。

ニコンの説明書には、加熱 過熱防止機能をOFFにしても、温度警告アイコンが出たら
・発光を止め、発光部を自然冷却してください。

と書かれています。





そして、連続発光時のご注意というページでは次のようにあります。

----------------------------------------------------------------
SB-900の加熱過熱と劣化を防ぐため、連続発光は下の「連続発光の制限回数」でいったん止め、10分以上、発光部を自然冷却してください。」

・マニュアル発光(光量:M1/1、M1/2)・・・15回以下
・マニュアル発光(光量:M1/4~M1/128)・・・40回以下

----------------------------------------------------------------


上記の注意を破ると・・・





カメラ関係 | 2009.12.16 [EDIT]

SB-900の接点とボディーのホットシューを掃除すると・・・

昨日のエントリーに関して、いくつかの解決策をコメントやメール等で頂きましたm(__)mありがとうございます。

昨日のエントリーは↓
【故障】SB-900の異常プリ発光現象動画。 ニコンへ修理に出したいと思います。


頂いたご指摘をまとめると、
・他のボディーやスピードライトでも発生した経験あり。
・接点(サイドの板バネグランド)を掃除することで直る。
・D200では多発した事例がある。
・ボディー側の問題ではないか。
・内部の温度上昇によりスピードライトのコンデンサー部分が故障したのではないか。

上記のような結果でした。
ご指摘頂いた方々、本当にありがとうございます。


さて、自分で行える対処方法としたら、接点のクリーニングぐらい(~_~;)
特に、丸接点は丁寧に掃除しましたが、サイドのバネ部分までは気が回っていませんでしたから、掃除してみる価値はある!!!!


ということで、早速クリーニング(^^♪



上の写真は、サイドのバネ部分をエタノールでクリーニングしたペーパーですが、思った以上に汚れていました(~_~;)

おお!!!これだけ汚れていたなら問題があった可能性は十分。これで直ったか!?

と、ウキウキしながら同じようにボディー(D700)にSB-900を装着して動かしてみると・・・・・Orz


頼むよ~~~~~(~_~;)

同じ結果。全然直っていませんでした。
接点が問題になっている可能性は十分考えられるのですが、汚れが直接の原因では無いようです。ガタつきが原因なのでしょうか???


ガタつきが原因ならばカメラを変えれば大丈夫なのでは?ということで、D3とD300で試してみたところ・・・、おおぉ!!!異常発光しないではないですか!!!

ということで、ボディー側の問題ということで解決??????


う~ん。ボディー共々とりあえずサービスセンター行きは決定です。

ちなみに、





カメラ関係 | 2009.08.27 [EDIT]

【故障】SB-900の異常プリ発光現象動画。 ニコンへ修理に出したいと思います。 

【注】ニコン製品の故障を取り上げたエントリーですが、批判等ではありませんし、私の個体だけの問題の可能性もありますので、下の内容はそんなこともあるんだ~、程度でお読み頂ければ幸いです。また、同じような現象を経験されている方は、是非どのような状況下で同じような現象が起きたか。また原因が分かればお伝え頂けますでしょうか。よろしくお願い致しますm(__)m
------------------------------------------------

過熱防止の文字が「加熱」となっておりました(~_~;)
申し訳ありませんでしたm(__)m
正しくは「過熱防止」です。

先日、「SB-900がやはり加熱(~_~;) Nikonスピードライト」というエントリーでSB-900が故障したかも・・・。と書きましたが、どのように故障したのか動画を撮影しましたので、まずは動画を見てください。


動画を見て頂ければ一目瞭然ですが、まず電源をONにした時に、パッパッっと軽く光ってます。
その後、ボディーを軽く振るとパッパッ・・・・・・・・・・っと連続発光をしています。もちろんシャッターボタンなどのボタン類には一切触れていません。しかし、ボディーを軽く振るだけで勝手にストロボが異常発光します。

静電気が原因でしょうか?それともホットシューの接点異常?
一応、ホットシューの接点とSB-900の接点は掃除(軽く磨いて)して見ましたが結果は同じです。ん~~~。原因が分からず・・・。

ニコンの方々にも、拙ブログはご訪問頂いているようですので、同じような症状の修理依頼があるかもしれません。その際の事前資料としてご参考にして頂ければと思いますm(__)m


誤解の無い様に申し上げておきますが、スピードライトやカメラが故障するのは当たり前という前提で私は機材を扱っています。

今や、以前のように機械仕掛けの箱ではなく、デジタルカメラになってからは小型パソコンが入っているような箱ですから、小さな故障も多くなってきます。

私の場合、現場で機材が突然動かなくなったりする時は、メチャクチャ焦ると同時に怒り狂いますが(笑)、そのことを前提に予備の機材を持ち歩いているわけですから、何かが故障しても最低限の撮影が出来るように準備するのがプロとしての基本だと思います。(準備をしても準備の範囲外の故障だった場合にはヤバイのですが・・・)


ですので、上の動画を公開したのも、このような現象が発生することがあると告知し多くのカメラマンの方々の現場の撮影でのトラブル回避の為です。

ニコンの機材の揚げ足取りなどのために、上記動画を使わないようお願いいたしますm(__)m




さて、なぜこのようにスピードライトが故障したか???

思い当たるのは、やはり加熱過熱防止機能をOFFにして温度計がMAXになったにも関わらずストロボを発光し続けたからというのが、予測としては第1位かも。あとは、やはり接点の問題か?(一応磨いても同様の現象が発生したのですが、それぐらいでは意味がないのかも?)


メーカーとしては加熱過熱防止機能をつけてスピードライトを守ろうとしているわけですから、それを解除して使ったら責任は取れないよ?ということなのかもしれません。(これは勝手な推測)


ただ、以前のエントリーで「Nikonの新型ストロボSB-900の温度計(加熱防止機能)について」というタイトルで書きましたが、その時にどの程度で加熱防止機能が作動するのか簡単ではありますが調べました。

結果、フル発光を62回連続で続けたところで防止機能が働きスピードライトがシャットダウンしました。(測定場所の温度は27度)


これは、簡単な実験ですので現場ではフル発光を60回以上続けることは少なくても1/4程度の発光を続けることは考えられます。

その際の詳しいデータは取っておりませんが、現場で結構な頻度で加熱過熱防止機能が作動してストロボが使えなくなるものですから、機能をOFFにして使っていたわけです。

ただ、上記動画の故障が温度上昇によるものかどうかもハッキリしないものですから、実際のところはなんとも言えないですね(~_~;)

カメラ本体の問題かもしれませんし・・・。

う~ん。とりあえずニコンさま、修理に出しますのでよろしくお願いいたしますm(__)m

何が原因だったのかは、修理が終わって帰ってきた後に書こうと思います。

仙台出張中にも、





カメラ関係 | 2009.08.26 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ