Nikonスピードライト SB-5000を使用したレビュー 他のストロボと比較したメリット・デメリット      

ニコンから最新型のフラッグシップ機のD5が発売されたと同時期にスピードライトも新機種が発売になりました。

SB-5000です。D5のレビューは比較的見かけるのですがSB-5000に関してはあまり無いようですので簡単にですが使ってみた感想を書いてみようと思います。

大きさの比較として以下の機種を並べています。

・SB-5000・・・クーリングシステム機能が付いた最新型
・SB-910・・・SB-900の改良版 SB-5000が出るまではフラッグシップ機用ストロボの最新型だった
・SB-800・・・安定感があり過酷な状況にも耐える素晴らしい名ストロボ。すでに生産中止
・SB-700・・・中級機にピッタリのスマートなストロボ
・SB-500・・・エントリー機にベストチョイスな小型ストロボ。LEDの定常光も装備している

スピードライト比較

上の写真はSB-5000とその他の機種を並べて撮影したものです。

こうしてみるとSB-910だけが若干大きいのが分かりますね。SB-910が発売される前にSB-900という機種もありましたが外観は全く同じですので今回はSB-910で比べています。

SB-5000の大きさはSB-800にもっとも近いと思います。全く同じというわけではありませんが・・・。

SB-900や910は初めて使った時にはデカい!という違和感が強かったのですが、SB-5000に関してはSB-910のような違和感は感じませんでしたから明らかに小型化されています。ただヘッド部に関してはご覧頂けば分かりますがSB-800よりも若干大きくなっています。

反対側のサイドから電池ボックスを見ると小型化ために電池が縦4つではなくSB-700のように2×2で入るようになっているのが分かります。

縦一列の方が使いやすいという方もいるかと思いますが、小型化の恩恵の為には慣れるしかありません。

電池ボックス

画面

背面の液晶パネルはSB-900/910の流れを踏襲しています。

背面パネルの画像に関しては見やすさを重視し配置しましたので実際の大きさの比較とは違いますのでご了承ください。

SB-5000の電源部分ですが、1コマ進めると今まではONだったものが1コマ目はリモートモードに変わっています。通常のONにするには2コマ進める必要があります。これは個人的には使いにくいなぁ~と。

リモートで使うことよりも通常モードで使用する時の方が多いのですから今迄通りの配置の方が良かったです。

また、ストロボのモード切替に関して独立したボタンはありません。丸いダイヤルボタン(ロータリーマルチセレクター)の右を押すことでモードが切り替わります。

これは慣れだと思うのですが最初のうちは結構間違って違うボタンを押してしまいます。

SB-5000の新機能としては
・電波方式での電波制御ワイヤレス増灯撮影
・新開発のクーリングシステムが搭載
この2つがあげられると思います。

電波方式での電波制御ワイヤレス増灯撮影はSB-5000本体に無線機能が付いているわけではなく、ワイヤレスリモートコントローラWR-R10が必要になります。スピードライト内部に組み込んで欲しかったなぁ。これは・・・。電波になると国際的な法律のハードルが高いのでしょうか???

電波制御で別のアクセサリが必要ならば、既に発売され日本の技適の認証も受けているCactus(カクタス) ワイヤレスフラッシュトランシーバーV6などを使う手もあります。こちらのカクタスであればWR-R10の3電波到達距離30mよりも遥か遠くまで届きます。私の試した実験では300m届きました。

カクタスのようなサードパーティ製であればSB-5000以外のストロボでも使えますから、使い勝手を考えなければカクタスのようなサードパーティ製の無線機器を使うという手もありかもしれません。

電波方式を使ったカクタス以外のサードパーティ製にはどんなものがあるかは以前のエントリーをご確認下さい。

話はSB-5000に戻りますが電波での増灯撮影外に大きな変化があります。

それはクーリングシステムというヘッド部の過熱防止の為にSB-5000から新たに付いた機能です。
このクーリングシステムにより連続発光できる回数も大幅に向上したとのこと。

SB-900という悪名高い?スピードライトはこの過熱防止対策が中途半端だったためにクレームが多く、改良を加えたSB-910を改良版として発売した経緯がありますからニコンとしては過熱防止に対する研究がしっかり行われて今回の搭載になったのだと思います。

SB-900は過熱防止の為のリミッター機能が付いていて、ある一定の温度に達するとストロボの電源がOFFになる仕様なんです。

ただそのリミッターが邪魔をして仕事の実用面では困ることが多いので、使い始めた当初から加熱防止機能はOFFにしていました。




突如日本橋に現れたクレイジーなモビルスーツ型カメラリグ男!なんと世界中で話題沸騰中

とんでもないカメラリグを自作で作って日本橋ストリートフェスタ2015に登場したカメラマンが世界中で話題になっています。


【写真はYouTube動画からキャプチャー】

フェスタは2015年3月21日に行われ、このカメラマンの姿を撮影した動画がYouTubeにアップされたのが本日。
アップされるやいなやアメリカのサイトを中心に話題になっています。


自作のカメラリグと思われますが、この姿はまさにモビルスーツかと思えるような出で立ちです。
カメラのストロボがキャノン砲に見えてきます^^;

デジタル一眼レフカメラ3台にストロボ3台。コンパクトカメラにスマーフォトンカメラ、ポータブルハードディスクと思われるものまで装着してます。
この動画を撮影した作者も最初はコスプレ?だと思ったそうな。
それにしても、どうなってるんだろう^^;


【写真はYouTube動画からキャプチャー】



【写真はYouTube動画からキャプチャー】


動画は以下からどうぞ!





カメラ関係 | 2015.04.14 [EDIT]

電球や蛍光灯下でフラッシュを使っても色かぶりしない撮影手法 色温度変換フィルターやCCフィルターの効果的な使い方

今回はストロボ光と環境光の色温度などの色調を合わせる方法について詳しく書いていこうと思います。
でもゴメンナサイ。多分最初から最後まで読む方は多くて数人だと思います。結構長い長いエントリーになってしまいました。
今回の記事は途中で読むのを止めても普通だと思います^^;
本当に知りたい方だけ読んでみてください・・・。


平成生まれのカメラマンに光の色温度や色調に関して理解させるに色々と説明していたのですが、すんなり理解させるのが意外と難しいということが分かりまして・・・^^;
もしかして世の中の若手カメラマンは理解していない人が多いのでは?という観点から書いたものです。趣味で撮影されている多くの方々には興味のない話題かもしれません。あしからず。


そもそもナゼ環境光とストロボなど閃光の色を合わせる必要があるのか。

もう既にこのエントリーを読んでいる方は重要性について理解している人が多いかと思いますが念のため光の色を合わせることの意味を簡単に書いておきます。ご存知の方は読み飛ばし下さい。

光の色を合わせる重要性。それはカメラが複数の光の色に対して正しい処理を出来るほど高性能では無いからです。電球がメイン光となっている部屋でフラッシュを焚けば電球の光とストロボの光が混ざります。

この時、非常に狭い部屋であればストロボの光が部屋の隅々まで届くので問題に感じることは少ないかもしれませんが、大きなホールや結婚式場など広い会場では奥のほうまでストロボ光が届かずに、カメラの手前側はストロボ光の色となり奥のストロボの光が届かない場所は電球の色となります。

カメラのホワイトバランスは画面の部分ごとに設定することは出来ませんので電球光にホワイトバランスを合わせた場合にはフラッシュのあたった手前側は青くなってしまいます。反対にフラッシュ光の色に合わせて撮影すると光が届かない場所は黄色っぽくなります。

こういった現象を無くすためにもストロボ光を電球光や蛍光灯などの環境光に合わせて発光させることが重要です。


ここまでは多くの人が問題なく理解できることと思います。
で、次に重要なのが環境光、アンビエントライトやアベイラブルライトなどとも言いますが、その場所の光の質や色を知ることが大切になってきます。というか、その場所の光の特性が分からなければカメラのスピードライトのヘッド部分にどの色のフィルターを付けてよいかが分かりません。


正確に環境光を計測するにはセコニックのC-500やC-700のようなカラーメーターが必要です。
C-700スペクトロマスターであれば蛍光灯など特徴が異なる光源の分光分布曲線まで表示することが出来て本格的な光の特性を調べることが出来ますが、今回はあくまでカメラ側はプリセット設定やケルビン値設定などを行いフラッシュヘッドに最も適当と思えるフィルターを装着することを目的としているので、カラーメーターが無くとも問題ありません。



そこでもっとも簡単な定常光の測定方法を書いておこうと思います。
ハイアマチュアもしくはプロの方向けに書いているのでLightroomを持っているという大前提で話を進めます。
お持ちで無い方でもトライアル等で試せますのでご了承を。


今回環境光を計測するのに使った方法は次の手順です。

①RAWデータで撮影(現像時に色温度でケルビン表示されるため)
②カメラのホワイトバランス設定は晴天や太陽光などにする
③QPカードのようなグレーカードを被写体として撮影する


なんで、こんな面倒な手順を踏んだのかは後々説明しますが、ざっくり話すと①のRAWデータでの撮影に関してはRAWで撮影しないとLightroomで色温度表示されないから。
②の晴天にホワイトバランスを固定させたのはカメラの背面液晶で表示した時に太陽の基準値から比べてどの程度の違いがあるのか目で見て理解しやすいから。
③はグレーカードを入れておかないとホワイトを取得できないからです。

最初からプリ取って現像すればいいじゃんというのは、もっともな意見ですが今回に関しては理解度を深めるのに役に立たないとの独自の判断でスルーします。

冒頭から長くなってしまいましたが上記の3つを守って撮影した上でAdobeのLightroomを使えば光の色温度や色カブリに関して知ることが出来ます。

Lightroomで表示される色温度とメーカー純正の現像ソフトで表示される色温度には若干の誤差がありますがここではあえて問題視すること無く話を進めます。


下のキャプチャ画像。
白熱電球(アイランプ)の光を使って撮影したグレーカードです。


撮影後にスポイトツールでグレー部分をクリックすることで正しいホワイトバランスを設定してくれます。
ホワイトを設定したらLightroomの色温度表示と色かぶり補正に関して注目してみてください。

今回使用した白熱電球の色温度は3064ケルビンだということが分かります。
色カブリに関しては+2です。この程度は誤差の範囲と考えて良いので色かぶりは無しと考えて良いと思います。

太陽光と比べると異常なほど赤いというかイエローであることが分かります。
この感覚を知っておくことが大事だと思います。


今回のアイランプを使った環境光でストロボ光を使うにはフラッシュの光を3000~3100ケルビン程度にしてあげれば光はミックスしないことが分かります。色かぶりが無いので非常に簡単ですね。


とは言っても、え????
どうやってストロボの光を3100ケルビンにするの?という人もいるでしょうから徹底的に詳しく書いていこうと思います。

その前に、あなたの持っているスピードライトの色温度って何ケルビンか知ってます???
5500ケルビンと答えたアナタ!

それは本を鵜呑みにし過ぎかもしれませんよ。
では実際に計測してみましょう。





カメラ関係 | 2015.02.25 [EDIT]

次期iPhoneはデュアルレンズ採用で光学ズームや位相差AF導入か?

次期iPhoneは2つの背面カメラが搭載されたデュアルレンズ仕様との噂があります。
iPhone 7 may have TWO camera lenses to boost picture quality Daily Mail Online

次のカメラの進化は今までも進歩の中でも最も大きなバージョンアップになるという予測だそうです。今までも驚くような進化を遂げてきたiPhoneのカメラだけにその内容が気になります。
次期iPhoneってことはiPhone7?それともiPhone6s???
上の記事の中では来年のという言葉が出てきますからiPhone7ではなくiPhone6sか・・・。



デュアルレンズを搭載したスマートフォンといえば、真っ先に頭に浮かぶのが「HTC One M8」だと思います。Duo Cameraと呼ばれる2つのカメラを使って後からピント合わせを行えたり被写界深度の調整が行えたりする画期的なスマートフォンですよね。




実際に使ったことは無いのでどの程度の画質なのかまでは知りませんが、大きなレンズ(約410万画素)と小さなレンズ(210万画素)の2つのカメラを使った新しいカメラであることは確か。
「HTC One M8」のカメラ機能に関してはここの記事が詳しいです。


ただ今回の次期iPhoneの噂を読む限りでは「HTC One M8」とは違い2つのレンズを使うデュアルレンズ仕様にする理由は写真画質の向上の為らしい。
詳しい情報に関しては2つのレンズを搭載する可能性があるということ以外は何も無いので勝手ながら予測してみました。
2つのカメラを使って何かを向上させるとなると思い浮かぶのは





iPhone/iPod touch | 2014.11.20 [EDIT]

驚きの電波到達距離! CactusワイヤレスフラッシュトランシーバーV6の実力がハンパじゃなかった! 

Cactus(カクタス) ワイヤレスフラッシュトランシーバーV6の通信飛距離をテストしてみました。
少しだけCactus V6の説明を。


この手の製品はワイヤレスラジオスレーブなどと呼ばれたりしていますが、ワイヤレスフラッシュトランシーバーと呼ばれる今回紹介するCactus V6もラジオスレーブと同じく2.4GHz帯の電波を使ったトランシーバー的なレリーズです。
遠くに離れていてもカメラのシャッターを切ることやストロボを光らせることが可能な機器。

今まで安価で使い勝手が良いRF-603などの機器が使われていましたが、日本の基準に適合していると認証されていないのでおおっぴらに使えませんでした。もちろん日本製のラジオスレーブもあるのですが価格の割に使い勝手が悪く合法で使える安価で使い勝手の良いラジオスレーブの登場を皆が待っていたところへ登場したのがCactusワイヤレスフラッシュトランシーバーV6です。

ただ単に同調させるだけのラジオスレーブではなくて16チャンネル仕様の4グループ分けでの調光が可能。遅延タイマーまで付いた驚きの(価格的にも)製品です。


で、早速待望のワイヤレスフラッシュトランシーバーV6の性能の一部をテスト。
今回のテストは到達距離。つまり2台の機器がどの程度離れていても使えるのかというテスト。電波の飛距離テストってことですね。電波って飛距離とは言わないのかも(笑)

メーカーの公表している最大実効距離は100メートル。実際に100m離れても使えるのか。はたまた100m以上離れても使えるのか!そのテストを行いました。


最初には訪れたのは絵画館前広場。
かなり開けた場所で直線距離も問題なく取れるのでチョイス。
直線距離を計測できる地図サービスを使い、まずは最大実行距離100m以内の74mからチャレンジ。

        

地図サービスでポイントを打った場所を目安に立ち位置を決めテスト。下の写真がテスト結果です。
70m強ということもあり、問題なくクリア。これは当然の結果です。
都内ということのあり、電波が入り乱れているので、もしかしたら届かない???という心配もしたのですが杞憂に終わりました。

        



次に少し距離を伸ばして100m超え。122mでテストしてみます。
最大実行距離100mを超える距離ですので反応しないかな???

        


テスト結果が下の写真。
バッチリ同調しています。若干の誤差はあるかと思いますが100mを超えていることは確実。都内の電波過密地帯で問題なくクリアする実力に驚きです。ちなみにストロボ同調だけでなくスポードライトの調光設定などの機能も有効でした。

         


ここまで来ると、あとは性能の限界を知りたいところ。
一気に距離を伸ばして次はこの距離に挑戦↓





カメラ関係 | 2014.10.04 [EDIT]

Cactus V6のファームウェアを最新版にアップする更新方法  



1万円以内でありながら16チャンネル、4グループの出力調整を持った 2.4GHz帯の電波を利用したワイヤレスフラッシュトランシーバーCactus(カクタス)。1つでは意味が無いので最低2個からの使用が前提になります。

CactusワイヤレスフラッシュトランシーバーV6は技適マークが貼られているということで結構盛り上がっていますね。
とりあえず今日も時間があるときにテストしてみました。

少し使ってみると???となる部分が・・・
例えばニコンのSB-910をカクタス側で1/1のフル発光にしても実際のマニュアル操作で行うフル発光よりも若干弱いなど。これは他のSB-800などでは発生しませんでした。SB-910は3つほど試しましたがどれも同じ。
ズームは固定にして一定距離で露出計を使って数値で見てみましたがやはり少し弱い。

これってもしかたらバグ?

フォームウェアを更新したら直るかも。ということで本体のフォームウェアバージョンを確認しようと思ったんですが本体側では表示する機能が無いんですね。

V6のフォームウェアバージョンの確認は本体で出来ました。
「A」と「D」ボタンを同時に押しながら電源をTXもしくはRXに入れるとLED表示画面にフォームウェアバージョンが表示されます。
お試し下さい。


本体のフォームウェアバージョンが古ければ最新版にアップしておいたほうが良さそうです。
cactus-image.comへ行くとダウンロードタグのページにユーザーマニュアルと共にフォームウェアアップデート用のソフトもダウンロード出来るようになっています。
リリースノートも同時にチェックしておくと最近何が修正されたのか確認できます。



残念がらCactus Firmware Updaterは (Windows 8/7/Vista/XP) のみ。
Mac用は今後を期待しましょう。

ソフトをダウンロードし解凍。そしてインストールします。
インストール後、ソフトを立ち上げると下のような画面が現れます。





カメラ関係 | 2014.10.02 [EDIT]

日本の電波法に違反しないスピードライトのワイヤレス同調システム

今までも日本の電波法に適している日本電波法技術適合品のワイヤレスシステムはあったんですが、結構高い割に安い中国製の製品よりも使い勝手が悪いという難点がありましたが、今回の製品は救世主となるのでしょうか?

気になる一品。

クリップオンストロボ用の2.4GHz帯ワイヤレス発光システム - デジカメ Watch
イメージビジョンは、クリップオンストロボ用のワイヤレスライティングトランシーバー「Cactus V6」を9月18日に発売する。メーカーの異なる複数のクリップオンストロボをひとつのV6で遠隔操作が可能。 ...
日本の電波法に適している点が素晴らしい




CactusワイヤレスフラッシュトランシーバーV6
ワイヤレスライティングトランシーバーV6 ライティングコントロールが大幅に向上! 日本電波法技術適合(認証番号:017-140002) 標準価格:¥8,200.-( 税別 ) JAN コード: (45 ...
公式サイト






スタジオ撮影にドローンが欠かせない日が来る!? アシスタント真っ青の自動ライティングシステム

マルチコプターとも呼ばれるドローン(無人航空機)ですが、最近はGopro等を載せて撮影するのが世界中で流行っています。
しかし、そんなドローン撮影なんかよりもず~~~~っと先の未来のドローンの使い道を研究しているMITの研究者がいました・・・。

ドローンにライティング機材を搭載してスタジオライティングを自動で行ってしまうという驚きの技術。
何を言っているのか意味が分からないかも知れませんが、書いている私も完全に意味が分かっている訳ではありませんのでご了承下さい。



具体的な動きを収録した動画もYoutubeにアップされているので最後にご覧頂きたいのですが、基本的な内容をざっくり書くと、ドローンにモデリングランプとなるハロゲンランプと本番撮影用のストロボ(小型フラッシュ)を搭載させて、プログラミングにそったライティングを自動で行うというもの。



実際に動画で行われいるのは人の縁部分を強調させる半逆光ライティングです。
このライティングになるようにどうやってドローンが動いているのかというと、





ドローン | 2014.07.14 [EDIT]

YONGNUO製の新発表スタジオ用TTLモノブロックライトYN300Wが凄い気になるんですけど~。

中国からやってきたYONGNUO製のラジオスレーブと言えば既にお世話になっている方も多いとは思いますが、あの安価で高性能な製品を作るYONGNUOから新しいモノブロックが発表されています。


YN300Wなるストロボなんですが300Wで1/128まで絞れる仕様。
そして色温度調整まで付いていて5500K~8000Kまで幅が効くようです。

Parameter of Studio Flash YN300W

  • Flash power: 300WS
  • Flash color temperature: 5500K~8000K
  • Supply voltage: AC182~AC265V 50Hz
  • Power regulation: 1/1-1/128
  • Guide No.: ISO-100 56M
  • Recycling time: 0.1~1.1sec.
  • Flash duration: 1/50000s~1/800s
  • Modeling lamp bulb: E27 220V 150W


AC100Vでは動かない?対応していない場合は変圧器対応なんでしょうか?壊れちゃうかな?



チャージスピードもフル発光時で1.1秒っぽいですし、閃光時間調整が付いているのかまでは詳細が書いてありませんが、1/50000秒での発光も可能かも。

さらに凄いのが、詳細は良く分かんないんですけど「B1 500 Air TTL」みたいにTTLが使えそうなこと書いてません???
USB接続まで可能らしいですから、どんなモノブロックなのか興味津々だったりします。

  • Flash mode: ETTL, M, Canon optical transmission wireless triggering, S1, S2
  • Trigger mode: testing flash, optical triggering, PC sync triggering, flash trigger
  • External interface: hot-shoe, PC terminal, USB terminal


あと、既に発売されているトランスミッターYN-622C-TX for Canonと組み合わせて使えるそうです。
これは結構なモノブロックな感じじゃないですか?


このストロボに関しての詳細は分かっていませんがメーカーの公式ページは以下からどうぞ。





Nikon D4sにも搭載されたスポットホワイトバランスは非常に使い勝手の良い機能

D4sネタの連投ですいません。
メインで語られているAF向上や高感度ノイズ軽減などの機能以外にも色々と嬉しい機能が搭載されているのでご紹介。


ニコンのデジタルカメラでホワイトバランスのプリセットを取得する時には、画面全体に白もしくはグレーの被写体を写す必要がありました。

もちろん今でも基本は同じなのですが、D7100からプリセットの取得方法にスポットホワイトバランスという方法が追加になっています。これはご存知の無い方も多いのでは?
最近発売されたDfも同じくスポットホワイトバランス機能が付いています。


このスポットホワイトバランスは一体どういう機能かと言うと、プリセットマニュアルで基準となる白を設定する際に、液晶モニターに表示中の被写体の一部分を選んでプリセットマニュアルデータを取得できるんです。

言葉で書いてもピンと来ない方は以下のDfのマニュアルのキャプチャ画面を見て下さい。





どうでしょうか?
何が素晴らしいか気づかれましたか。

そう・・・





| ホームへ | 次ページ