TOPカメラ関係

クリップオンストロボでのバウンス撮影ノウハウ Nikon SB-800をテストで使用。

スピードライトでバウンス撮影される方は多いかと思います。
バウンスさせたほうが光が回りやすいですし、直接当てるよりも柔らかい光になりますよね。

でも、本当にストロボを使いこなせていますか?ちょっとしたコツでストロボ名人?になれますよ。

たまには手法を変えて問答形式で・・・(~_~;)

ところでバウンス撮影の方法ってご存知ですか?

壁に当てれば良いだけでしょ?

確かに何かに反射させるからバウンスなんだけど・・・
ストロボのヘッドの使い方で随分違ってくるんです。

え~?言っている意味が分からないよ~。

 実際に違いを見た方が早いですね。
 下の写真を見てもらえますか?
 これはストロボを発光させた瞬間を撮影したもの。





上の6枚の写真はどれも同じスピードライトを使っているんですよ。光の強さはどれも1/1のフル発光。
なんでこんなにも違うのだと思いますか?

これ全部同じ設定なの?どんなトリック使ったの?

いや(~_~;)
トリックでは無いのですが・・・。
この下で詳しく説明しますね。



ヘッドのズームを24mmに設定





ヘッドのズームを105mmに設定
上の光よりも上に強く伸びていることが分かります。





こちらは「キャッチライト反射板」を出して発光させたものです。前方に光が拡散しているのが分かります。





「ワイドパネル」を引き出して装着したもの。
光全体が丸くなって前方と後方に伸びる光が強くなっていますね。





「ワイドパネル+キャッチライト反射板」
ワイドパネルだけよりも前方へ伸びる光が強くなっているのがわかりますよね。





「バウンスアダプター」を装着。
ワイドパネルを使ったときと似ていますが、こちらの方がより光が丸くなって前方と後方に均等に光が拡散しているのが分かります。





「ワイドパネル+バウンスアダプター」
ワイドパネルを引き出した状態でバウンスアダプターを装着した場合です。バウンスアダプターよりも前方への光が強くなっています。






ちなみにこれがバウンスアダプター。

光の広がり方は分かったけど実践ではどういう風に使い分ければ良いの?

例えば天井が凄く高い場所で普通にバウンスしても前には届かないですよね。でも直接ストロボを当てるのも・・・。という場合なんかは「ワイドパネル+キャッチライト反射板」の組み合わせでバウンスをさせれば、天井が高くても前方に拡散した光が届くんです。

じゃ~、天井が黒い場合なんかでも使えるね!

その通り!
で、反対になるべくバウンスした光以外は拡散させたくない場合はズームを最大値にしておけば、よりピンポイントにバウンスさせたい対象物へ光が当たりますよ。

実際に自分で試してみくなったよ。

それが一番大事。いくら読んだり聞いたりして分かったつもりになっても試してみないと分からないもの。
バウンスするときに今度はワイドパネルを出してみたりキャッチライト反射板を使ってみたりするとバウンス効果の違いにビックリするはず。




今回は手法を変えて対話形式で・・・。
反対に読みにくかったですかね?(~_~;)

でも、バウンスする時のヘッドのちょっとした向きや角度の違いで大きく違ってくるのは楽しいですよね。
同じように、ワイドパネルを使ったりすると光の指向性が大きく変化するので、それぞれの特徴を知っていれば撮影の幅が広がります。

照射角度のズームの使い分けは、実際にはあまり効果が無かったりします。天井が高いからと言って、ズームを100ミリにしたところで、24ミリの照射角度の設定とバウンスしてくる光の強さが大きく違ったりすることはありません。

反対にワイドパネルやキャッチライト反射板は効果がハッキリと分かります。
キャッチライト反射板はバウンス撮影で多用されているのを見かけますが、意外とワイドパネルを効果的に使っている人は少ないかも。

ワイドパネルは超広角レンズの時に使うものだとの固定概念があるのかも・・・。
バウンスでの使用は非常に効果がありますから一度効果を実感してみてください。

10年ほど前まではバウンスアダプターを使っている方を良く見かけましたが、デジカメが普及すると同時にバウンスアダプターを使っている人がデジカメの普及と比例して減っているような気が・・・。
私も最近はほとんど使っていないかも。

う~~ん。何でだろう(~_~;)







このエントリーをはてなブックマークに追加





カメラ関係 | 2010.12.26 [EDIT]

【関連するタグ】

【最新記事一覧】

11/13   膨大なアナログ写真(フィルムや紙焼き)をデータ化しAIで解析することにより価値を増大させる取り組み
11/12   撮り鉄問題。私が20年前に写真コンテスト審査会場で言われた一言を思い出した。
11/09   Sony a7 III vs Canon EOS R vs Nikon Z7 vs Fuji X-T3を比較したISO高感度ノイズ対決動画など
11/07   写真関連ニュース 約550種類のカメラやレンズが定額制で借り放題のサービスGooPass(グーパス)が登場!など
11/06   写真関連ニュース 新聞社写真部の仕事の舞台裏や送信方法の変遷/フィルムカメラ展など 2018年11月6日
11/05   写真関連ニュース アイドルと学ぶ『カメラ基礎講座』や電源ケーブルも無い完全ワイヤレス屋外用wifi監視カメラなど 2018
11/03   写真関連ニュース オバマ大統領を追いかける朝日新聞社カメラマンの舞台裏/Nikon Z6がついに全国のカメラ店で先行展示など 2018年11月3日
11/02   写真関連ニュース Flickr無料版の保存容量が1TBから1000点に/スタジオ撮影講座の「Profoto Academy」の日本語字幕が開始 2018年11月2日
11/01   写真関連ニュース Adobe Lightroomが直感的に使える「Loupedeck+」のレビューなど 2018年11月1日
10/31   写真関連ニュース  宅撮りやスタジオ撮影、おひとりさまから合わせまで解説している「コスジェニック レッスン」など 2018年10月31日
10/30   今日の写真関連ニュース 人物撮影のコツをプロカメラマンが伝授!/「EOS R」を実際に使ってみた記事など 2018年10月30日
10/29   今日の写真関連ニュース 掛け軸ならぬ「フォト軸」で有名なデイモン・ベイ氏の写真展が開催中など 2018年10月29日

【ポストカード写真】 Photo by 管理人(Orca)

<<あけましておめでとうございます! | ホームへ | 佐藤ポン氏が書いているコラム「ストックフォト長者への道」がメッチャ笑える>>
どうも、ヤフーブログにコメント頂きありがとうございました。

クリップオンのわかりやすい説明ですね。ちなみに、バウンスアダプターは使ってらっしゃる方はたまに見ます。

が、ほとんど見ないと言ってもいいぐらいです^^;
2010/12/27 03:39 | Photographer Σ #z.Jczy7U | [edit]
今日SB800をはじめてのスピードライトとして買いましたが多機能すぎてどう使えばいいのか…と思ってたところでこの記事に出会えました!!
すごくわかりやすくて勉強になりました、ありがとうございます!!
2016/08/14 19:11 | #- | [edit]
秀逸な記事です。

(ワイドパネル +バウンスアダプター+反射板)x前方斜め45度

上記をぜひ試していただきたい…!!見てみたい!!
2018/03/29 21:36 | 研究中 #- | [edit]
  • 【】
【// :】
| ホームへ |