TOP > カメラ関係

「Insta360 ONE」VS「RICOH Theta V」や日食の撮影で壊されたカメラ写真集など

来ましたね~。「Insta360 ONE」と「RICOH Theta V」の発売が!
個人的にはずっとRICOH Thetaを使い続けているので他の360度カメラがどうなっているのか気になる所。

スペック的には「Insta360 ONE」が勝っているように感じますよね~。かなり次に購入する360度カメラは「Insta360 ONE」に傾いているのですが、比較動画を見てみるとスペックだけでは決められない気になってきました。

下に貼ったYouTubeの動画は「Insta360 ONE」と「RICOH Theta V」を比べているものなのですが、スペックでは「Insta360 ONE」が勝っているものの実際の静止画などを見るとステッチが荒くて解像度もそれほどでも無いように感じます。

やはり「RICOH Theta V」は改良を加え続けれてきている分だけスペックに現れない素晴らしさが感じられます。
この動画を見てしまうと「Insta360 ONE」へ傾いていた心が少し戻ってきてしまうような・・・。

レンズではTHETAの方が明るいレンズを使っていますが静止画の場合は「Insta360 ONE」はRAWでも撮影できるしスペックも高い。ですがステッチ部分が荒い。ただ同じ条件下で両機を比べたわけではないので比較としては正確ではありません。

THETAもmicroSDカードに対応してくれればなぁ~と。Insta360の6軸手ブレ補正とかは非常に魅力的。2つの良いとこ取りみたいなカメラが欲しい!


あと、アメリカで話題だった日食で撮影していたカメラが沢山壊れてしまったケースが沢山あるのだとか。多くがNDフィルターを使わずに撮影したのが原因のようです。そりゃそうだよなぁ^^;
レンタル業者が公開したレンズやカメラなどが話題になっていました。そんなLINKも貼っておきます。



日食の撮影で壊されたカメラ写真集、レンタル業者が公開。100万円超の大玉も - Engadget Japanese

Google、ストリートビュー・カメラを高解像度にしてデータ収集にも活用 | TechCrunch Japan

4K動画対応になった「RICOH THETA V」ハンズオンレビュー

動画:Insta360 ONEはここが凄い、360撮影できるハイスピード自撮りカメラ徹底レビュー - Engadget Japanese

Sony a9 vs. Canon 1D X II vs. Nikon D5: A Flagship Camera Shootout

Facebook、歪んだ360度写真の修正機能を提供へ | TechCrunch Japan

Fake War Photographer Gets Exposed After Fooling the World



カメラ関係 | 2017.09.06 [EDIT]

激安アクションカメラ!3980円で30M防水に手ぶれ防止!8500円で4K動画にWi-Fi+タイムラプス機能付

8月17日からドン・キホーテで4980円のアクションカメラが発売されるというニュースが出ていました。
それを読んで、最近の中国製アクションカメラってそんなに安いの?と思って検索してみたら・・・・


上の画像はドン・キホーテのプレスリリースから。


Amazonで検索したら4980円どころか3980円のアクションカメラとかもあるんですね^^;
驚きです。

ちなみに、以下に紹介するアクションカメラをオススメしている訳ではありません。こんなに安いアクションカメラがあるんだという驚きです。アクションカメラが5000円以下で買えるなんて当然だとご存知の方はゴメンナサイ。


3980円で手ぶれ補正まで付いてるって。どの程度の手ぶれ補正なのかは謎ですが。ちょっと高めの写ルンですだと思えば数回使えればOKレベル?というか今の若い人たちは写ルンです知らないか^^;

2017/8/16時点で以下のカメラは3980円
APEMAN アクションカメラ スポーツカメラ 30メートル防水 170度広角レンズ フルHD 1080P高画質 1050mAh電池

※「embed.ly」というリンクサービスを使ってサムネイルLINKを貼っていますがアフィリエイトLINKではありません。


このカメラは手ぶれ補正は付いていますが流行りのWi-Fiや4K仕様では無いですね。
でもチョット値段を上げると4KとWi-Fi機能まで付いてくるカメラを探せます。


例えば8500円ぐらいまで出せば4K動画に手ぶれ補正、そしてWi-Fi機能にバッテリー2個付き!タイムラプス動画まで撮れてしまうアクションカメラがありました。

2017/8/16時点で以下のカメラは8480円
APEMAN アクションカメラ 4K WIFI搭載 2000万画素 UHD 2インチLCD 画角調整可170度広角 30m防水 手ブレ補正 HDMI出力 スポーツカメラ バイク/自転車/車に取り付け可能 アクセサリー多数 専用ケース 1050mAhバッテリー×2 ウェアラブル アクションカム (ブラック)


マジかコレ。
商品説明に170度広角レンズ(4段階画角調整可能)って書いてあるんですが光学的なズームなのかデジタルズームなのか書いてないですけど、この価格ですからデジタルズームでしょうね、おそらく。


最初はドンキからメッチャ安いアクションカメラが発売されるのかと思ったら、そうでもないみたい。
ここまで安いなら1個どれかしら買おうかと思っているんですが、どれも詳細なスペックが書かれて無くて選びようが無かったり。公式サイトも存在しないところが中華カメラっぽいですね。


で、1万円だせば360度全天周の30メートル防水仕様のアクションカメラが購入できてしまう。
正確には水平方向360°、垂直方向に220°ですが。アクションカメラ市場は完全に価格崩壊してますね~。


2017/8/16時点で以下のカメラは10299円
【二個電池付き】OVTECH 3D.VR 4k ビデオカメラ 360度カメラ 30メートル防水 フルHD水中撮影 アクション スポーツカメラ Wifi 自転車カメラ 日本語の説明書付き V1(シルバー)

このカメラもバッテリー2個付き。一体どういう計算したらこういう価格でカメラ作れるんですかね。


上記のようなカメラを買うと安物買いの銭失いになるのかどうか。
日本製のカメラの約1/3の価格ですから魅力はありますが・・・。

早めに壊れても画質が思ったりよりも悪くても1年も経てば更に良いものが安く出ると割り切って考えれば・・・。
APEMANのアクションカメラなんかは1万円以下だし広角の動画で撮影したいものがあれば良いかも。

買おうかなぁ~。思案中です。



カメラ関係 | 2017.08.16 [EDIT]

ダークバック不要のイタリア製フィルム現像キット「LAB-BOX」明るい部屋で簡単現像!

ダークバックと言っても今の若い人はそもそも知らないですよね^^;
フィルムチェンジングバックとかも言いますけど、暗室以外の場所でフィルム現像するのに必要な簡易暗室のことです。

手軽な方法でフィルムを現像するにはフィルムをリールに巻く必要があるんですが、リールを巻く時に明るい部屋ではフィルムが感光してしまいますから手元を暗くしておけるダークバックの中でフィルムをリールに巻きます。

このリールを巻く作業がダークバックに手を入れてしまうと全く手元が見えないので結構最初のうちは苦戦したりして現像に失敗したりするわけですが・・・。
慣れてくると1つのリールに乳剤面が薬液に浸かるようにフィルムを2枚あわせて2本のフィルムを一気に現像するなんて離れ業も出来たりします。1本のフィルムは反り返った状態で巻く必要があるので結構難しいですが。最初は失敗しますので何度か練習は必要。

そんな失敗を気にせず明るい部屋で手元を見ながらフィルム現像が可能な「LAB-BOX」なるフィルム現像キットがクラウドファンディングサービスのkikkuksutaで支援者を募集しています。
135フィルム(35mm判)と中判カメラ用の120フィルム(ブローニー判)の両方に対応しているそうです。



デジタル全盛のこの時代に、こんなもの買う人いるのかと思いきや^^;
意外に結構な出資があったようで、目標の70000ユーロに対し3000人を超える出資があり435000ユーロを既に超えています。日本円にすると5000万円以上の出資金が集まっている現状。
期間はあと約1ヶ月ほどありますから、更に増えることは間違い無し。





カメラ関係 | 2017.03.01 [EDIT]

チェキフィルムが堂々の1位 スマホ用レンズが114 円!など。 Amazonのランキング大賞2016が発表

今年のアマゾンランキング大賞が発表になりましたね。
カメラ・ビデオカメラ部門を備忘録的にメモっておきました。

アフィリエイトの為の記事だと思われそうなので最初にAmazonアフィリエイトLINKは貼っていないことを明記しておきます。LINKは直リンクですのでご安心を。


総合ランキングでは、なんとチェキのフィルムが堂々の1位。
消耗品だから数が出ているのは理解できるのですが、こんなに売れているんですね~。凄い。同じ消耗品でもフィルムは一つもランクインしていないのは時代の流れですね。



Amazon ランキング大賞2016  カメラ・ビデオカメラ総合

(集計期間: 2015年11月16日~2016年11月13日)


以下が総合ランキングなんですが、気になったのは10位にランクインしたiPhone・各種スマートフォン対応 魚眼/広角/マクロ 3in1レンズ。 なんと価格が114円!!!
それも関東ならば配送料無料でした。いくら粗悪品でも114円で配送料もタダってのは実質無料みたいなものですね。
レビューを見ると使えない!オモチャだ!という書き込みが多いですが、そりゃ~~そーだろ。まともな製品を配送料無料で114円では売らないよなぁ。100均行くのだって手間かかるし・・・。

  1. FUJIFILM インスタントカメラ チェキ用フィルム 20枚入  ¥ 1,188
  2. Kenko レンズフィルター MC プロテクター NEO 58mm  ¥ 1,584
  3. HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック  ¥ 460
  4. 【Amazon.co.jp限定】 Fotopro 三脚 DIGI-204 GM 4段 小型 3WAY雲台 アルミ製 ¥ 1,752
  5. NASHICA 双眼鏡 SPIRIT 10×21 CR-IR-W ポロプリズム式 10倍 21口径 シルバー  ¥ 2,073
  6. Kenko レンズフィルター MC プロテクター NEO 52mm  ¥ 1,220
  7. Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット  ¥ 49,955
  8. Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター Canon EOS Kiss X7用  ¥ 688
  9. Nikon ニュートラルカラーフィルターNC 52mm  ¥ 1,492
  10. iPhone・各種スマートフォン対応 魚眼/広角/マクロ 3in1レンズ ブラック  ¥ 114
  11. Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7(ホワイト) ダブルレンズキット2  ¥ 52,031
  12. KING レンズクリーニングティッシュ 50枚入り 個装 ノンアルコール&ウェットタイプ  ¥ 486
  13. HAKUBA 自由雲台 BH-1¥ 854
  14. Bluetooth3.1 IOS Androidスマートフォン タブレットPC カメラシャッターリモコンコントロール ¥ 195
  15. RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ ¥ 37,300
  16. Smatree GoPro HERO4用 バッテリー2個+USBバッテリーチャージャー(3チャンネル充電器) ¥ 1,775
  17. Kenko 単眼鏡 7×18 7倍 18口径 対物フォーカスタイプ 軽量・コンパクト  ¥ 913
  18. SLIK 三脚 GX 6400 4段 レバーロック 21mmパイプ径 3ウェイ雲台 クイックシュー式  ¥ 3,136
  19. HAKUBA フィンガーストラップ フィンガーリングストラップ ブラック  ¥ 425
  20. Canon レンズフード EW-63C  ¥ 1,531


14位のBluetooth3.1 IOS Androidスマートフォン タブレットPC カメラシャッターリモコンコントロールってのも安くてネタ購入している人が多いのかも。でもこれは評価が結構まともですね。この価格でリモート撮影できるなら欲しいかも。


以下は部門別のランキングです。


デジタル一眼レフ部門

  1. Canon EOS Kiss X7 ダブルズームキット ¥51,000
  2. Canon EOS Kiss X7(ホワイト) ダブルレンズキット2 ¥52,031
  3. Canon EOS Kiss X7i レンズキット ¥62,394
  4. Canon EOS Kiss X7i トリプルズームキット ¥93,795
  5. Nikon D5500 ダブルズームキット ブラック  ¥83,721
  6. Nikon D5300 ダブルズームキット2 ブラック ¥61,299
  7. Canon EOS Kiss X7i ダブルズームキット ¥61,904
  8. Canon EOS Kiss X7 レンズキット ¥41,032
  9. Nikon D3300 ダブルズームキット2 ブラック  ¥52,890
  10. Nikon D5500 18-55 VRII レンズキット ブラック  ¥65,002

Kiss X7シリーズが圧勝ですね!まさに圧勝。
価格的なコストパフォーマンスが良いから売れている感じですね。ニコンの型落ち5300でも価格的には敵わないほど安くなっています。




ミラーレス一眼部門

  1. Canon EOS M2 ダブルレンズキット(ブラック)  ¥ 47,560
  2. Nikon Nikon1 J5 ダブルレンズキット シルバー  ¥ 53,825
  3. PENTAX Q-S1 ズームレンズキット  ¥ 26,180
  4. Panasonic DMC-GF7ダブルズームレンズキット  ¥ 50,547
  5. OLYMPUS PEN Lite E-PL6 EZレンズキット ホワイト  ¥ 59,800
  6. Canon ミ EOS M2 ダブルレンズキット (ベイブルー) ¥ 48,902
  7. PENTAX Q-S1 ズームレンズキット ピュアホワイト ¥ 26,180
  8. Panasonic GM1S レンズキット ブラウン  ¥ 48,800
  9. Panasonic ミ DMC-GF7ダブルズームレンズキット  ¥ 51,642
  10. PENTAX Q-S1 ズームレンズキット ブラック  ¥ 26,180



以下、コンパクトカメラとビデオカメラ(アクションカメラ含)に続きます。





カメラ関係 | 2016.12.02 [EDIT]

今回の撮影は何mmレンズを持っていけば良い? こんな疑問を簡単に解決できる計算サイト

・100m走のゴール地点からスタートに立つ我が子を写すには何ミリレンズが必要?
・撮影スペースから被写体まで30mある時に持っていく最適なレンズは?
・300mの長さのある豪華客船を24mmレンズで収めるには何メートル離れれば良い?
・35mmレンズでピントを3m位置にしてパンフォーカスにするにはどこまで絞れば良い?
・前列20人(パイプ椅子)の記念撮影を35mmレンズで撮影する場合どのぐらい下がれば全員入る?


こんな疑問を友人が尋ねてきたらスグに答えられますか?
すぐに何となくイメージは湧くと思うのですが人は明確な答えが欲しいもの。そんな時に役に立つ計算サイトがあります。

キヤノン:放送・業務用映像機器|光学カンタン計算
【光学計算】焦点距離を求める - 武蔵オプティカルシステム

 

キヤノンの光学カンタン計算は以下の4種類の計算が可能です。

  • カンタンその1 画角計算
  • カンタンその2 撮影範囲計算
  • カンタンその3 必要焦点距離計算
  • カンタンその4 被写界深度計算

武蔵オプティカルシステムのサイトでは以下の4種類が計算できます。

  • 撮影距離の計算
  • 焦点距離の計算
  • 画角の計算
  • 被写界深度の計算

どちらも基本的には同様のことが出来るのですがキヤノンのサイトだと35mmフィルムでの被写界深度計算が出来なかったりと若干違いますので両方ブックマークしておくと便利だと思います。

 

どうやって計算するかというと例えば最初の疑問
・100m走のゴール地点からスタートに立つ我が子を写すには何ミリレンズが必要?
これは必要焦点距離計算で簡単に算出出来ます。

被写体距離を100mにしてカメラは横位置に構えるとして「横」を選択。子どもの身長約1.5mを打ち込んで計算すると2400mmレンズが必要になります。これは子どもの全身がファインダーの上下ギリギリに写す場合に必要な焦点距離です。

ScreenShot_20161024212409

 

そして他の疑問 ↓





カメラ関係 | 2016.10.24 [EDIT]

街中の自撮り撮影者のセルカ棒を次々と切り落としていく意味不明動画

自撮り棒が目障りだからといってセルフィー撮影をしている人々のセルカ棒を次々と切り倒していく信じられない動画がYouTubeにアップされ物議を醸しています。

カテゴリーはコメディになっていますが、とてもコメディだとは思えないリアルな仕上がりとなっています。
ハサミの柄の部分に取り付けたアクションカメラの映像も一部で使われているのですが、その映像をみると携帯電話のケースだけがセルカ棒に装着してあるように見え、ヤラセ動画だと指摘する人もいるようです。




そうは言っても誰が得をするのか分からない意味不明の動画ですが、ヤラセ動画だとしても気分が良いものではありません。

日本で必要もなくこれだけ大きな枝切り鋏を持っていたら銃刀法違反罪もしくは刃物を必要も無く持ち歩くことを禁じる軽犯罪違反になるでしょうね。
ヤラセでなくリアルな動画だった場合には確実に器物損壊罪になりますね。日本では親告罪ですがアメリカではどうなのでしょう・・・。

投稿者の過去動画を見るとYouTubeで収入を得ているユーチューバーとも思えず更に謎が深まります。

日本ではセルカ棒に対する問題意識はそれほど大きくはなっていないようですが、海外ではこういった動画がUPされるほど嫌悪感を持っている人が多いのでしょうか?


私もTHETAをセルカ棒に付けて撮影することが多いので、ここまでの嫌悪感が世の中にあったのかと思うとゾッとします。



カメラ関係 | 2016.09.05 [EDIT]

Raspberry Piで作る銀塩カメラのデジタルバックパックキットが登場!お手頃価格で夢の工作が可能に。

一昔前であれば35mmフィルムの一眼レフカメラやレンジファインダーのデジバック化は真剣に考えられていました。
ですが現実にはフィルムカメラのバックパック化は皆無。
デジカメ全盛期では無い時代に数百万円する35用のデジバックはありましたが、いまや使う人はいませんからね~。

ですが、自分の使い込んだ銀塩カメラをデジタルカメラ化したいという願いは結構あるようです。
そんな方々に朗報!

なんとラズベリーパイ(Raspberry Pi)を使ったデジタルバックパック製作キットがKickstarterで支援を集めています。
その名も「I'm Back」  画素数は800万画素とのこと。




ラズベリーパイと言えば小型で軽量、そして約4000円という劇的な安さの画期的なボードコンピュータです。
このボードコンピュータを使うと本当に様々なことが可能だそうです。たとえば携帯電話に搭載されるような小型なカメラを使っての微速度撮影を行っている人なども。


今回紹介する「I'm Back」は玄人向けから初心者向けまでのラインナップで支援を集めています。

つまり、
・プログラムやラズベリーパイのケースを作るための3Dプリンター用データ(STLファイル)など全てをデータ渡しの状態で後は自分でラズベリーパイや背面液晶で使うTFTディプレイなどを自分で購入し、ケースは3Dプリンターを使って自作してくれという玄人向け。

・商品が全てそろっていて後は組み立てるだけという比較的初心者向け





カメラ関係 | 2016.08.18 [EDIT]

デジタル一眼レフカメラとコンパクトデジカメを擬人化した面白CM

Sonyのコンデジ「RX100 Ⅳ」のCMなんですが、一眼レフカメラとコンデジの「RX100 Ⅳ」を擬人化して使い勝手を比べる面白動画です。
バンコクにあるサーモンハウスという動画コンテンツ制作会社が作ったものです。

カメラを使い慣れていない初心者が一眼レフを使うのは大変だけど「RX100 Ⅳ」なら簡単に撮影できるよ~という内容をパロディ化しています。
カメラを使用した場合よりも非常にインパクトはあります。よく考えますね~。

でも確かに一理ありますね。一番レフもオートで撮影出来るようになったりエントリーモデルの場合はカメラ内レタッチが出来たりしますが、少しお高い一眼レフカメラだと初心者には持て余してしまう場合もありますね。

その昔にN社の方から聞いた話ですが、高いカメラを買ったのに安いカメラよりも色が悪い!とクレームを付けられたことがあるとか・・・。最初から彩度を上げて見た目重視で現像するエントリーモデルやコンデジと比べるとプロ向けの機種は撮って出しが綺麗に見えないこともありますからね。高い=使いやすい。では無いということですね。

そんな話を思い出した面白CMです。興味があれば是非どうぞ。




カメラ関係 | 2016.05.02 [EDIT]

写真機材販売の「アドプラス」がKickstarter等で1000万円の資金調達後に倒産していた!

カメラアクセサリーの輸入販売やカメラ周辺機器等の開発を行っている有限会社アドプラスが8月3日付で熊本地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産していました。

アドプラスと言えばKickstarterやキャンプファイヤーなどのクラウドファンディングでオリジナル商品の資金調達をしていたことでも有名です。そしてトイカメラ販売サイトで有名なGIZMONの代表をされている清宮さんが取り締まりをされていました。

中でも非常に注目されたのがiPhone用のカメラスタビライザ「Elephant Steady」
iPhone内蔵のジャイロセンサー情報を解析し専用アプリが傾きを検知しながらモーターをコントロールし、iPhoneの傾きをリアルタイムで補正するという驚きのiPhone用ステディカムです。

しかし実際には開発途中で未だ製品は出来上がっていません。Kickstarterやキャンプファイヤーなどで資金調達して投資した人はKickstarterで672人。キャンプファイヤーでは264人。

金額にすると
・Kickstarterが770万円
・キャンプファイヤーが252万円
合計で1022万円を集めていました。


しかしながら今年の8月3日付けで倒産し事実上製品の完成は限りなく難しい状況になっている様子です。
もう少し早く倒産の告知は出来なかったのでしょうか?若干の疑問が残ります。


というのも、8月3日付けで倒産しているのですが倒産の直前に突然キャンプファイヤー内にて以下の様な返金に関してのお知らせが出ました。
http://camp-fire.jp/updates/1199#menu



返金の依頼は8月末までで2015年9月1日から返金処理を行うと発表されています。
しかしながら倒産に関しての情報は一切書かれておらず製品完成までに時間が必要なのでしびれを切らした人は返金処理をしてくださいといった意味合いなのかと思いました。

しかしながら次に発表された告知が以下の文章。





カメラ関係 | 2015.12.20 [EDIT]

ハイライトの白飛び問題が完全解消!ついに無限ハイダイナミックレンジカメラが登場か!

今回紹介するのはMITが開発中という無限のレンジ幅を持った驚きの新センサー技術。

露出(明るさ)の違う複数枚の写真を1枚に合成させてハイライト部分の白飛びやアンダー部分の黒つぶれを無くすハイダイナミックレンジ(HDR)写真というのがありますが、たったのワンシャッターで無限のレンジ幅を持ったハイダイナミックレンジ写真が撮影出来たら凄いと思いませんか?

そんな夢が現実になるかもしれない技術が話題になっています。
【Unbounded High Dynamic Range Photography Using a Modulo Camera】


通常は画像センサー部分で受光する光は、ある一定量しか受け止められないわけで、コップに例えるならばコップ1杯分の光を入れたら、それ以上の光は入らずコップに入りきらなかった部分の光はハイライト部分となり白飛びになります。

しかし今回話題になっている新技術「Modulo Camera」ではコップが満杯になってしまったら一度全部空にして2杯目で1杯目では受け止めきれなかった残りの光を受けるという仕組み。2杯目でも光を受け止めきれなければ3杯目、4杯目と続き、理論的には無限の光を受光出来るという話しらしいです。





カメラ関係 | 2015.08.19 [EDIT]
| ホームへ | 次ページ